ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全928ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

■マルモラーダ

 マルモラーダブランドが作った6アイレットチャッカブーツの決定版。イルチアのBETISカーフをコロラート仕上げした贅沢な作品です。テスタ・デ・モーロとMACCIATOでの2色使いで独特な濃淡と仕上げのアニローな美しさが最大の物欲刺激ポイントです。St.MORITZラグソールを組み合わせ、チェーンステッチが活きるノルヴェジェーゼ製法のタフなチャッカブーツです。


このボリューム感は素敵です! こんなチャッカブーツを待っていた人もいるのでは?
手染め仕上げのコロラート技法。色の混合具合は、イタリア人ならではのセンス。
イメージ 1



サイドビューから見る美しさ。そしてこの迫力。
イメージ 2




登山で鍛え抜かれた抜群の耐久性とグリップ力を味わえます。
イメージ 3




トゥノーズの部分には、ハイシャインポリッシュされていて反射が素晴らしい。
イメージ 4




周りが写り込んでしまって恥ずかしいくらいピカピカです。それでいて、塗りまくったぜぇという嫌らしい感がゼロなのは、さすが職人技ですねぇ。
イメージ 5




期待していた以上の出来栄えに感激のチャッカブーツです。フラテリジャコメッティは、展示会サンプル品以上の仕上げで来ることが多いので、毎度のことながら感心させられます。
昔ながらの職人気質を持っている職人さん達が在籍している証拠とも言えそうですね。
持っていて価値ある逸品です!





この記事に

今週のMonday ride club.

毎週のように月曜日は晴れて嬉しいっ!

気温は、午前中8度と寒かったですが、防寒対策しっかりして出かけたら気持ちよくポタリングができました。

今日は、昔からあるけど歩いたことすらない裏道細道を走ろう!という目的と
美しい上越市の秋晴れ風景を写真に収めに行きました。



川沿いをゆっくりといけるところまで行ってその帰りにパシャ。
イメージ 4





寒いのに頑張って咲いていました。青空に黄色い花が気持ちよい。
イメージ 5





本日のお供は、マルモラーダ。フラットペダルでも心地よく踏めます。
イメージ 1





知らないおじさんにご協力頂いて。
イメージ 2






こんな気持ちよい月曜日が毎週続きますように!
イメージ 3





とまぁ、こんな感じで月曜日は自転車でいろんなところを走っています。







この記事に

■マルモラーダ

 もともと冷凍庫業者用ブーツとして展開されていたフリーザーブーツスタイルをラグジュアリー方向へと大きく振って、作品としての存在価値を存分に高めた逸品。大量のエレファントレザー(象革)を贅沢に使用したマローネカラーの物欲刺激ブーツです。ムートンボアを内装する超暖かで柔らかな空間もお見事。しかし、この存在感は・・・またまた罪なものを作ってくれますねぇ。


FG210-004 エレファントレザー マローネ フリーザーマンブーツ!
イメージ 1




エレファントレザーを究極的に魅力を引き出した名作。
イメージ 2





ノルベジェーゼ製法のチェーンステッチ部分も堪らない魅力。
イメージ 3





ムートンボアを内装した暖かい空間。そして、柔らかな質感。
イメージ 4




2バックルベルトで脹脛の太さに関わらず履くことが可能で、調整範囲も広い。
イメージ 5




クタクタッとしたシャフト部分の雰囲気と象革特有の毛穴や皺の入り方まで造形的で美しい。
イメージ 6






ソールは、ビブラムのラグソールなのでこちらも堅牢。基本的な作りはFG105のようですからタフなブーツ。また、水にも強いのが象革の特徴。(防水という意味ではない)。
10年20年と所有するなかで、その魅力と価値はググッと右肩上がりに高まることでしょう!!







この記事に

■フラテッリジャコメッティ

 フラテッリジャコメッティから新たなブーツ星団が発見されました。超新星爆発によって放たれたガンマ線によって細胞が打ち震えるような錯角を覚えてください。さすがは、ガリレオを生んだイタリアのセンス。そして、いつ見てもジャコメッティ職人の腕前は銀河系一ですね。マテリアルは、イグアナ、シャトーブリアン、イルチアカーフとそれぞれ趣きが異なる地球生れの素材です。色や仕上げ方もそれぞれ。足入れ感は、極上の包み込まれ感+開放感をもってあなたの心は他の銀河へと連れ去られるかもしれません!




FG373-007 コロラート・ライ【NAVY/T.MORO】
展示会で一目ぼれして入手した逸品! まぁ履いてみてください。
イメージ 1




この革の質感。最高だと思いません? 素晴らしい。ため息でます。
イメージ 2




この部分も。イグアナちゃんの第二のトカゲ生はこうして永遠のものとなりました。
イメージ 3




シルエットも抜群の一足です。一生もののお宝に相応しいサイドゴアですね!
イメージ 4




FG337-003 シャトーブリアン【ナチュラーレ】

コイツは、伝説のFG337シリーズの最新作。イメージ 5



色がヤバイ! ナチュラーレは上品なライトブラウン。マローネのコバ色とも合うね。
イメージ 6




佇まいも素晴らしいし、履き心地はもっと素晴らしい。
だって、シャトーブリアンですから!
イメージ 7





FG434-002 TEJUS サイドゴア【T.MORO】

イタリアのセンスを存分に感じたい人には、コロラートもお薦め!イメージ 8




RIGHE(ライ)というランダムで自然な縞模様は、全て手染色。
イメージ 9




踵部分もしっかりと手が入っています。
イメージ 10




前回入荷したジョッパーの染め職人さんによる作品。
同時期に作られたものなので、色も仕上がりはバッチリ!
イメージ 11





どうです物欲を刺激されましたか!? えっ、すでに買ったって。さすが!、臭覚が鋭いお客様もいるわけで、あっという間に動いてしまうのが、今のフラテッリジャコメッティ製品の勢いを感じますね。日本では、10年ほど前にマルモラーダから始まったフラテッリジャコメッティ製品ですが、いまや本家ジャコメッティと二枚看板状態で靴が大好きな人々の物欲魂を刺激しまくりです! 




この記事に

■パラブーツ

 しばらく完売が続いていたPHOTON/TEXサイドゴアスリッポンが入荷しました。ほぼフルサイズ揃ったのは何ヶ月振りでしょうか。使い勝手が良く脱ぎ履きの多い設計事務所務めのオーナーさまには特に愛される靴です。タフな作りと履き心地の良さも一つの要因でしょう。同時にCHAMBORDのカフェとブラックが入荷しました。こちらも永遠の定番ジャーナリストシューズとして超お薦めのクラシックです。




サイドゴアスリッポンのPHOYON。PARATEXソールを装着しているので、履き味は、CHMBORFそっくり。でも脱ぎ履きは超便利なので、仕事履きに使うオーナーさんが後を絶ちません。天候に左右されることのない作品としてフルシーズン愛用して頂けると思います。
イメージ 2
イメージ 3




こちらは、710710 CHMBORD CAFEです。Lisカーフ×PARATEXソール。
イメージ 4




710709 CHAMBORD NOIR。仕様は全く一緒です。
イメージ 5

パラブーツは、ジャーナリスト御用達シューズとして昔から知られるフランス靴です。今でも全パーツを自社生産するこだわりの100年ブランドです。私も複数愛用しています! だって履き心地は良いし、雨でも雪でも履けるし、日本海側で一年中楽しめる靴だと思います。
これからの季節は、寒さでLisカーフ表面が真っ白くなるのですが、パラフィンが白化するために起きるのです。ドライヤーで温めてあげれば靴に溶けて戻っていきますよ!









■マルモラーダ

 フラテッリジャコメッティ社製の登山靴マルモラーダFG105純正シューレースです。ベージュとブラウンの石目コンビネーションシューレースです。コットン丸紐タイプで、全長約170cmです。長さが合うブーツなどへの流用も可能です。(製品の長さには若干の個体差があります)。消耗品ですので、マルモラーダオーナーであれば常にストックを心掛けたいですね。
イメージ 1

この記事に

全928ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事