ここから本文です

書庫入荷情報

(有)シューズサロン・なとりやに入荷した商品の情報。
記事検索
検索

全525ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ムカヴァ

ムカヴァの伝統的作品MU900をベースに新しいデザインとして起こされた新作MU961のご紹介です。革で作ったリボンをちょこんと爪先に乗せただけのシンプルテイストのパンプスでス。アッパーレザーをヒール部分まで被せたインヒールデザインは、ムカヴァが得意とするジャンルです。しっとりとした高級感のあるブラックカーフが優しく全体を包んでいます。


ムカヴァのMU900リボンパンプスをベースにウェッジ型インヒールを採用したMU961のブラックです。カーフの肌理が整った美しい牛革を採用しています。履き味もコンフォータブル。
イメージ 1




リボンは革で形作っています。
イメージ 2



ヒールは、革で完全に覆われた贅沢なインヒール仕様のウェッジシェイプ。安定感抜群です。お手入れはヒール部分までしたいですね。ピンヒールのようにグレーチングの溝などに落ちる心配は勿論皆無です。
イメージ 3




ビブラムのソールを貼ってありますので、滑りにくいです。雨でもOKですね。
アッパーレザー部分は、防水性のあるクリームでケアするかスプレーしておくて良いでしょう。
イメージ 4



インソールは、交換パーツもご用意しております。汚くなったら交換することも可能です。




この記事に

パラブーツ

パラブーツから定番CHAMBORDが入荷しています。色は、NOIR(ブラック)とCAFE(ダークブラウン)です。ゆったりとした足入れ感が特徴のCHAMBORD。Lisカーフレザーを使ったパラフィンがたっぷり含有された革は、高い耐水性が魅力です。また、Paratexソールも実にコンフォータブルな履き心地を楽しめます。一度味わえば病みつき間違いなしでしょう。昔はジャーナリスト御用達シューズと言われた靴だけあってタフに履きたいオーナーさんへお薦めします。



今回入荷したNOIR(ノアール)です。昔はさほど人気もない色でしたが、ダーク色復権に伴い現在のところ一番人気があります。使い勝手がよい黒は、仕事履きにも最適ですね。
イメージ 1




こちらも本日入荷のCafe(カフェ)です。ダークブラウン系になります。写真は、パラフィンを残した状態で撮影しました。白く曇っているのがそれです。ドライヤーを当てると綺麗にされます。拭き取らないように注意してください。折角の耐水能力がスポイルされる場合があります。
イメージ 2



こちらも定番のMARRON(マロン)です。栗色茶です。ガッツリ履きたい人にお薦めで、エイジングが楽しめる色目の一つです。
イメージ 3



こちらは近年追加されたNUIT(ヌイ)です。紺色です。オンオフともに大活躍する色として大人気色の一つとなりました。他のモデルでも製造されています。
イメージ 4



限定カラーのBORDEUAX(ボルドー)です。レンガ色に素上げウエルトとホワイトソールという構成が大胆です。お洒落好きな人御用達のカラーです。あと一足で完売です。追加入手可能。
イメージ 5



本当に丈夫で長持ちするパラブーツですが、壊れても修理が効くので古くからの愛用者が多いことで知られます。パラブーツも100年超えするブランド。やっぱり1世紀続くのには理由があるんですね。

こちらの靴は、15年履いて頂いた靴をリペアしたときのものです。詳しくは、こちらに記事を書いています。(記事も古いんです)
イメージ 6




まさにリアルナチュラルエイジングですね! こうやって履き続ける靴もあっていいと思いますし、ワックスで輝かせてここぞという日にしか履かない靴だって持っていてもいいと思います。靴好きっていうのはそういうものではないでしょうかねぇ。

『履いて楽な靴も欲しいけれど、たまには辛くても格好いい靴も履きたい。

『定番も欲しいけれど、トレンド追っかけた流行靴も欲しい。』

相反することを正当化できる、これこそ人間の物欲でしょ? 物欲結構じゃないですか。1度きりの人生なんです。あなたの人生、楽しんでください。靴が趣味だったら最高じゃないですか! 履いて磨いて飾ってと色々楽しめます。コレクションもできます。 

でも、選ぶときだけ真剣で、買ってからほったらかしというのは靴が可愛そう。たまにはメンテナンスする習慣をつけましょう。たまにでいいですから。

忙しかったり難しい時は、我々のような業者にお任せください。



今日も楽しい靴日和でありますことを!







この記事に

クライス

お待たせしました! ドイツ・フランクフルトの名ファクトリーKREIS社にて作られた船員バッグKSL003です。素材はアメリカ・ホーウィン社製最高級シェルコードバンレザーを採用。馬のお尻の一部からのみ採れる超希少革ですが、なんとバッグ一つにつき馬3頭以上を使って作られるという贅沢の極みです!!。

デザインソースは、ドイツの船乗り達が愛用した船員バッグからアイデアを得られました。現代タウンユースにリデザインされています。通常時は箱型ボストンバッグ形態ですが、左右のストラップを持ち上げて形を変型させることで天ファスナー付きトートバッグへと変型します。

内装には、これまた上質なカンガルレザーをでかでかと採用するこだわり過ぎの逸品!。今回ブラックとオックスブロッドの2色だけ入手することができました。これまでに世界で20数個しか製造されていない超レアもの。その内の5個を当店で手掛けることが出来たのは幸せの極みです。

これぞお宝として子孫代々受け継いで頂きたい逸品!! ちなみに、この2色は今回をもってラスト入荷です。マジかぁ!。
デカい! この存在感。馬3頭は伊達じゃないです! 究極の箱型ボストン。ハンドルも何もかもホーウィン社製シェルコードバンで作られた超逸品!。圧倒的な存在感に涎が滴り落ちるのを堪えるのに必死です。色はOXBLOOD(オックスブロッド)。色の濃淡と艶感が素晴らしいですね。エイジングされていけば更なる風合を見せてくれるでしょう。魂が宿る瞬間をお楽しみください。
イメージ 1




サイドから見るとタップリ入る形状だというのがお分かり頂けるでしょう。こんな素敵なバッグを持ち歩ける身分になりたいという夢が膨らみます。夢で終わらせてはダメですね、到達してこそのドリーム。
イメージ 2




こちらは、ブラック。黒も硬派なスタイルで楽しめて堪りませんね! もちろん馬のお尻3頭分という贅沢なつくり。パーツは手裁断にこだわっているフルハンドメイド。既製品であって、既製品とは呼べない作品です。格好良過ぎて触手が伸びそうでヤバイなぁもう・・・。
イメージ 3




天井ファスナー付きです。上からの見た目もふっくらとしていて味がありますね。センター部分の摘まんだキャラクターラインも素敵! シェルコードバンをこうも自在に変化させられる技術は、世界広しといえどクライス職人の成せる究極の技あってこそだと思います。
イメージ 4




こちらの内装は、OXBLOODのもの。内装はなんと上質なカンガルーレザーを採用。靴の内装などにも使われるように丈夫でしなやかな革は、内装にうってつけ。触り心地がまたいいんだなぁこれが。
イメージ 5



内装には、大きなファスナー付きポケットもついていて、そこもシェルコードバンを使っています。ファスナーの取っ手もコードバン! ここだけ一体幾らするんだっていう(笑)
イメージ 13




5つ足つきなので、地面においても不安はありません。ボトムもしっかりしていますので、非常に安心感のあるつくりに好感を持てます。普段目にしない部分へもきっちりと仕事しているのは流石です。やっぱり足は要りますよ! 偉い人には分からんのです(笑)
イメージ 6




サイドのストラップは、飾りではありません。こうしてDリングから取り外して・・・横に方向に引っ張り上げて、正面と背面からポンポン、トントンと形を整えてやると・・・
イメージ 7




このようなトートバッグに変形します。つまり2WAYで楽しませてくれるのです。贅沢なうえに遊び心まで付加せるなんて、神か!
イメージ 8
イメージ 9



ハンドル部分もコードバンで、ライニング側はカーフ。クライスのウエストベルトが数万円代ですから・・・おっと計算するのは野暮でした。
イメージ 12




通常形態の箱型ボストンもやっぱりいいですね。部屋にトンッと置いてあるだけでも絵になります。高級車の後部座席やトランクルームにあってもサマになります! 想像しただけで堪らんなぁ。
イメージ 10



専用のフェルトケース付き。この辺のパッケーシングは、他のクライス製品に共通させているのですが、このケースもセンターエンブレムにバッグに使ったであろうコードバンの端革を使って作られていたりと満足度の高いソフトケースなのです。
イメージ 11


ざっとご紹介して参りましたが如何でしたでしょうか。もっと詳しいインプレッションは、カタログページでお楽しみ下さい。写真も豊富に掲載しております。尚、店頭未展示で且つ暗室保管しておりますので、店舗にてご購入を希望のお客様は、ひと声お掛け下さい。


この黒とオックスブロッドは、これで最終入荷です。物が物だけに旅立つまでに長い間掛かると思いますが、ナトリヤのお宝アイテムとして大切に保管して参りたいと思います。


旅立つときは泣きそうだなぁ。






この記事に

http://www.natoriya.jp/htmls/Chausser.html

お薦めのC740コードバンコンビサドルもレザーソールバージョンを復活投入です。ベストシーズンに向けて少しずつエイジングを楽しんで下さい。C711クロムエクセルペコスブーツもブラックを久しぶりに入手しました。ガッツリ履けるペコスは、永遠の人気者です。レディースからは新作PC5021-BRプレーントゥをご紹介します。カーフレザーのシンプルな作品で、クラシカルな雰囲気にお楽しみ頂けます。


C740です。約10年ですか、時の経つのは早いですね。未だに現役で楽しませてもらっています。
イメージ 1



デカイアイレットと革紐、そしてコットンキャンバスのサドルがアイコン。
イメージ 2


ヒールカップのステッチワークなどディテールも凝ったデザインです。
イメージ 3


私のテスト靴C740です。めちゃめちゃいい感じに焼けて来ています。最近は、ディフェンダーを塗布するようになたので、一層濃くなってきて、多少の雨でも気にせず履くようになりました。傷や染みもありますが、いつ頃のものだったか思い出せるので、そういうのもいい思い出になるんですよ。
イメージ 4


C711ペコスです。クロムエクセルを採用したガッツリ履けるブーツ。♂型です。
イメージ 5


直接関係ないですが、この写真上下2枚を合成して作りました。長いブーツ作品なので、履き口部分にピントを合わせると爪先部分がボケてしまいます。爪先にあわせれば履き口が・・・。じゃぁということで、合成しました。結構うまいでしょ?
イメージ 6


靴底は、ビブラムの半貼りソールを出し縫いで装着してあります。
イメージ 7


レディース新作PC5021-BRです。プレーントゥダービーというスタイル。
イメージ 8


ソールは、レザーで出し縫いグッドイヤー製法。レディースでは珍しい堅牢なつくり。
イメージ 9


コロンとしたトゥノーズが可愛いです。足入れ感も楽な一足かと思います。アンティークな色に仕上がっていく過程も楽しんで欲しいですね。丁寧に、でも大胆に楽しんでください。革靴とはそういうものです。
イメージ 10

この記事に


K.T.ルイストンからKTB156ギャリソンベルトが入荷しました。ホーウィン製クロムエクセルレザーのナチュラルを採用した味のある40mm幅ベルトです。普段使いに最高ですし、同色の靴やブーツを持ちの場合は、コーディネートにバッチリです。水染めコードバンウイスキー色のIDケースKTW235も入荷しました。こちらは、革の種類が今後変更になる予定で、今後入手できなくなる可能性があります。印鑑ケースも全色入荷です。新年度から新調されては如何でしょうか。



40mm幅のギャリソンベルト/クロムエクセルレザーを採用しています。イメージ 1
イメージ 2



ゴツイけど滑らかな質感のギャリソンバックル。
イメージ 3


ナチュラルクロムエクセルは、使うたびに色変化が楽しめます。
イメージ 4




将来的に消滅する方向の水染めコードバン仕様IDケースです。次期モデルは、ラフコードバンにシフトする方向で検討されています。
イメージ 5



バックポケット付きなので、カード類などを入れられます。
イメージ 6


コバもバカ丁寧に磨いてあって好印象です。K.Tルイストンのクオリティの高さがうかがい知れる部分です。イメージ 7


ストラップは、革の編み込み型。結構質感が高くてびっくりさせられます。
イメージ 8




お求め安い印鑑ケース。3色展開です。こちらはブラック。
イメージ 9


バーガンディーです。
イメージ 10



インディゴです。
イメージ 11



新社会人へのプレゼントにも喜ばれています。私はブラックを使っています。




この記事に

全525ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事