ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全396ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

テストラン 2017.02.21(2)

テストランで気がかりだったのはブレーキ

自分でブレーキレバーを延長したり、レバー比を変えたり。

以前に載せた同じ写真ではありますが...。

イメージ 1



で、そのブレーキはどうなのよ、

思い倒れぢゃないの、何んて方もいるような...。





しかし、
ブ、ブレーキが...効くっ!!!

軽く踏み込むだけで、すっと。


まだ中速度程度でしか試してませんが

簡単にフルロックへ。



埋め立て地の彼方で、タイヤからの白煙がモウモウと。

警察に見つかればアウトかな。



ノーマルの重々しい感覚、

象か牛を押し退けるような踏み応えから

軽いタッチでぎゅっと効くようになりました。




サーボ付きの普通乗用車のフニャっとは違い

踏めば節度ある硬い感じで

初期制動がとてもいい感じに激変しました。


おまけにアクセルペダルも大幅に延長した甲斐があり、

かかとでエンジン回転を調整できるように。


爺さまでも、攻めれるペダルに変身です。



あぁ、やって良かった感が半端ないです。


多くのセブンユーザーが頑なにノーマルで乗っているとは

実に...。

この記事に

テストラン 2017.02.21

ブレーキの焼き入れと慣らしに埋立地へテストランを

イメージ 1




走りながらブレーキを掛けて焼き入れ、

パッドとローターのあたり出しを終えて

一路テスター屋へと向かいました。



午前中は雪がちらつきましたが

厚手のダウンを着込み、フリースの帽子をかぶっていたので

寒いと感じるより、むしろ爽快でありました。


テスターでは

サイドスリップがインに振り切っていて
その場で修正。

ヘッドライトは付けたぱかりで合っている筈もなく
これも調整。


気にしていた排ガスは
意外と基準値を大きく下回る値で安心しました。

WEBERキャブの設定は初めてでしたが
上手くいって良かったです。



あとは天気を見て車検の本番へ。



つづく。





( 編集後記 )

テストランを終えてテスター屋へ向かったのが3時くらいだったかな、

田舎っぽい街中ではちょうど中学生が下校の最中でした。


道の両脇には集団下校の列があったり。

そこに自分がセブンで近づき、通り過ぎようとすると

『わぁ〜、カッコいい〜〜!』なる声が...。

何人もの学生さんが...。


おじさんは照れました。(^^;



家族を愛し、夢を叶えられるような大人になりな...。
って呟いたり。。。(照々)

この記事に

車検準備完了 2017.02.20

この一ヶ月と少し、車検に向けて作業を進めてようやく。


残る部分の作業などです。



まず、ノーズコーンを付けました。

イメージ 1




続いてヘッドライトの反射板の腐食を塗り補修しましたが

光量が足りないかもしれないので明るいバルブを手配

イメージ 2



丸くて可愛いのが気に入りました。





普通のハロゲンH4との比較

イメージ 3





取り付けてみて、随分と明るくなりました。

マーシャルのネコがぴかりと...。




さて、今日の本題はキャブ調整です。

エアフロメータで同調と車検に通るようにガスを絞る予定です。

イメージ 4






しかし、WEBER ウェーバーキャブの分解は初めてです。。

イメージ 5



油面の確認とついでに装着されているジェットの確認とか。




油面は左右とも28mmで同じ、

メインジェットには#120が...

イメージ 6




ローバーミニ用ではあるまいし、120とは小さ過ぎですね。

道理で上でガス欠状態の筈です。


と、言う事は伸びしろはかなりで今後のセッティングが楽しみです。




エアージェットは...125かな。

イメージ 7



これも駄目駄目ですね。


左右のエアーの同調はまずまず同じでしたが

微妙に違う部分は

アイドルスクリュウを絞り込んでいくうちにぴったり

5あたりで同調が取れました。

イメージ 8



かなり絞り込んだので

冷間時の始動はチョークを引かないと回転が持続しないように。


排ガス検査が通りますように...と祈る想いです。





あと、シフトパターンを書いて貼り付け

イメージ 9




これも無いと車検には受からず。





久しぶりにボンネットが閉まりました。

イメージ 10





車検に向けてやれる事、考えられる事はやりきりました。

検査の前にブレーキにあたりを付けたりとテスト走行を

残すのみに。



つづく。

この記事に

マフラーの取り付けも終わり、一息。


あとはヘッドライトかな、と考えていたら...

車を正面から見て、ライトを点灯...


あれ、何かが足りない???


スモールライト(車幅灯)、、、


あ、これが無いと車検に通らない。。。


現状にそんなものが無く、よくこんな状態で、って思いますね。


幸い、ライトのシェルが気に入らず用意してて良かったです。


と、言う事でヘッドライトとポジションライトの用意を。



ヘッドライトは...

イメージ 1




昔、フェアレディーZに付けていた往年のマーシャルを。

イメージ 2



30年ぶりくらいの復活かな。



しかし、反射板の所々に腐食の跡が...





光量が落ちて車検に通るかどうか、

試しに塗装をしてみたくなったり。

別の用途で買っておいたメッキ調のペイントであります。

イメージ 3




奥の方へ届くように脱脂綿を針金につけて

イメージ 4




う〜ん、どうですかね。。。

イメージ 5





さて、ヘッドライトのシェルは

電源ケーブルの取り出し口を開ける必要があったり

イメージ 6






8ミリの穴を開けて

イメージ 7





ゴムの塞ぎをセット

イメージ 8





ケーブルを通していい感じ

イメージ 9






やっと車体に取り付けであります。

イメージ 10





イメージ 11





イメージ 12





イメージ 13





ポジションライトも付き、ようやく。

イメージ 14




点灯も

イメージ 15





まだまだ色々とありそうですね。


つづく。




( 番外編 )


スナップを撮っていて、気に入るものを数点

あ〜、痺れるな...。



イメージ 16




イメージ 17




イメージ 18

この記事に

作業は切断と寸法合わせが終わり溶接へ


半自動溶接機へは薄板用の0.8mmのワイヤーをセットします。

イメージ 1





マフラーと触媒を確りと固定し、溶接する位置出しを。

イメージ 2





4in1パイプ側にステンパイプを溶接

イメージ 3






点付けで固定してから一旦外し

イメージ 4





外してから本付けです。

イメージ 5






ビードは素人丸出し...

イメージ 6



でも、しっかり付いたようです。




次は抜け留めの設置

イメージ 7






いい感じであります。

イメージ 8





最後は触媒とのスプリング掛けを設置

イメージ 9






何んとか形になったかな。。

イメージ 10






エンジンに火を入れて確認です。

イメージ 11




とても静かな排気音です。

排ガスの漏れも振動も無く、大丈夫そうであります。



遮熱板を取り付けて完了です。

イメージ 12




これで大きな作業は山を越しました。


あと、もう少し。。



つづく。




( 作業後記 )

半自動溶接機は本当に便利です。

マフラーの薄板の溶接もそんなに神経も使わず

そこそこ綺麗に、しっかり出来て

何せ作業が楽ですね。


昔はガス溶接とか装備や準備が大変だったかな。。

いい時代です。

この記事に

全396ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事