BESSHO blog *

三重県津市「宝石・時計のBESSHO」です。休みの日以外は(ほぼ)毎日更新中!

メンズフェア2016

イメージ 1
一部の方にはDMでご案内しておりますが、

明日より2日間、恒例の「オンワード・メンズスーツ パーソナルオーダー会」を本店2Fにて開催します!




イメージ 2
お仕立て上りで¥39,800+税〜。

サイズはもちろん、ボタンやステッチなど細かいオプションも思いのまま。(一部有料)

既成のスーツでは得られない着心地、満足感を大手メーカーならではのスケールメリットでお値打ちに提供します。

もちろんイタリア製など、ハイグレードな生地もありますよ。

両日とも採寸のプロが常駐しますので初めての方でも安心!

スーツだけでなく、ジャケットや礼服なども作れます。

DMが届いてない方も大歓迎!是非お気軽にご来店下さいね〜





【BESSHO −別所時計店グループ− 】

■web site → http://www.jwo-bessho.com
■フェイスブック→ http://www.facebook.com/bessho1942
■ツイッター → http://twitter.com/jwo_bessho
■インスタグラム → https://www.instagram.com/bessho1942/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

偏流修正角。

イメージ 1
本日入荷!ハミルトン【HAMILTON】カーキ X−Wind ご注文分

飛行機乗りには欠かせない(?)偏流修正角計算機能を備えたインナーベゼル。何層にも重なるようなデザインの文字盤が印象的なメカクロノです。これぞパイロットウォッチって感じですね。

実は世界限定1999本のレアモデル。国内には残り数本とのことで、間に合ってよかった〜

気になる方はお早めに!

 

イメージ 2
この立体感がたまらんですね〜。男ゴコロをくすぐります。

ムーヴメントはETAとの共同開発による60時間パワーリザーブのH−21。

ハミルトンらしくコスパも高い1本!



イメージ 3
今回レイルロードの新色と共に、ご夫婦ペアでご注文いただきました。

I様、いつもありがとうございます!

>ハミルトン





イメージ 4
立体感といえばこちら。ディートリッヒ。

ようやくきちんとしたカタログが出来上がってきましたよ。

現行モデルのほか、交換用のストラップもしっかり掲載されてます。




イメージ 5
この世界観。。。

時計なのか、アートなのか、、

唯一無二ですね。




イメージ 6
全国的にも取扱店が少ないブランドです。

人とは違った時計をお探しの方、いかがですか??


>ディートリッヒ



イメージ 7
今日のランチ。久々の出前は中津軒さん。

バター香るオムライスは迷った時の鉄板メニュー。

インスタグラムに上げようと写真撮ったんですが、来客等でバタバタしてUP忘れてたのでブログでリベンジ(笑)

ごちそうさまでした〜






【BESSHO −別所時計店グループ− 】

■web site → http://www.jwo-bessho.com
■フェイスブック→ http://www.facebook.com/bessho1942
■ツイッター → http://twitter.com/jwo_bessho
■インスタグラム → https://www.instagram.com/bessho1942/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
本日入荷!ノモス【NOMOS】ミニマティック シャンペイナー フリー分

当初の予定より遅れてますが、ノモスの新シリーズ「ネオマティック」が少しづつ入荷しています。


イメージ 2
ネオマティックは2015年に発表された新たな自社開発ムーヴメント「DUW3001」を搭載した一連のシリーズ。

中でもこの「ミニマティック」はネオマティックシリーズの発売に合わせ新たに登場したニューデザインです。

タンジェントを少しカジュアルにしたようなフェイスに丸みのあるケース。ただ角度によっては結構エッジが効いており、方向によって結構印象が変わる面白いデザインですね。

ガラスはドーム型サファイアガラス。ノモスでドームガラスというとオリオンが思い浮かびますが、オリオンよりもより丸みが強い感じです。全体としてはタンジェントとオリオンとクラブを融合したような雰囲気。

新たな人気モデルになりそうです。




イメージ 3
で、肝心のDUW3001ですが、一言で言うと超薄型の自動巻キャリバー。

これまでもタンゴマットなど自動巻はありましたが、搭載されるムーヴメントυ(イプシロン)は手巻ムーヴα(アルファ)に比べサイズが大きかったため、ケースも一回り大きくなっていました。

今回のDUW3001はかなり小型化&薄型化が図られていますので、なんと手巻きシリーズと同じ35mmケースにしっかりと収まっています。厚みもほぼ同等。

手巻ノモスの小ぶりなケースが好きな方には、ついに来た!という感じでしょうか。




イメージ 4
薄くなっても強度や安定性を維持するためでしょうか。ひときわ目を引く両持ちのバランスブリッジ。ローターの形も独特ですね。他にもいろいろな工夫が詰め込まれています。

あとサイズだけではありません。DUW系のムーヴメントでは念願であったヒゲゼンマイまでを自社生産化。名実共にドイツを代表するマニュファクチュールとなったNOMOSです。



イメージ 6
併せてカタログも届きました。

ネオマティックシリーズの取り扱いは、国内の正規販売店の中でも一部の店舗に限られます。そのためカタログも別冊で。



イメージ 7
カタログというよりはちょっとした読み物風。デザインにはとにかくこだわり尽くすノモス。こういうのもしっかりと時間をかけて作るんでしょうね。

ちなみに全編英語です(笑)

ネオマティックは扱い店が少なく、なかなか現物を見られるお店はないと思います。今後他のデザインも順次入荷予定。気になる方はぜひ店頭でご覧くださいね!

>ネオマティック(その他のモデルはこちらでチェック!)





イメージ 5
今日電池交換でお預かりしたちょっと珍しい時計。

セイコー「エルニクス」。

この写真見て「???」となった方はなかなかの時計好き。

わかりますかね? 機械式の象徴であるテンプとクォーツの象徴である電池が共存しています。

こちら電磁テンプ式などと呼ばれる機械で、テンプをゼンマイではなく電気的に振動させるというというもの。機械式からクォーツへと切り替わる過渡期に各メーカーが生産していたもので、時期的には短かったためか今見ることはあまりないですね。

クォーツ含めこういう初期の電池式は、電池交換してすんなり動くかいつもドキドキですが、今回は電池を替えたらしっかりテンプが動き出してくれました。

ホッと一安心し、裏蓋を元通り締めて時間を合わせるため時計を見ると。。

あれ??止まってる。。

おかしいな〜と思って再度裏返して蓋を開けると、、、あれ??ちゃんと動いてる。。

で、また蓋閉めて文字盤を見ると、、、止まってる。。なんで??

何度やっても同じことの繰り返しで、どうやら蓋を閉めると止まるらしい。。



接触なのか何なのか、、どうにも理由がわからなかったので、セイコー修理センターのI師匠に電話。

機械番号と症状を伝えるとすぐに「あ〜、それね〜(笑)」と。

「蓋閉めるとじゃなくて、裏返すと止まるんだわ〜」。

「???」

言われるままに再度裏蓋を締めて、時計を裏返すことなく持ち上げて下から覗くように文字盤を見てみると、、

「ほんとだ!動いてます!!」

なんでも電磁テンプという構造上、エルニクスのテンプは普通の機械式よりも重量があるため軸の磨耗が特に激しく、ガタつきが大きくなりすぎると時計の向き(姿勢差)だけで止まったり動いたりしてしまうことがよくあったんだとか。

なるほどね〜

当然もうパーツもなく、お客様自体もそこまで修理を望んでいなかったため事情を説明してそのままお返ししました。ご年配の方でおそらく長らく使ってこられた時計。ちょっと寂しそうでしたね。

しかし機械番号と簡単な説明だけで即答してくれたI師匠。流石です。。



ちなみにこのエル二クスという時計。父と少し話したら、発売当時のCMのことを覚えていて、「週末飲みに行ったバーに腕時計(エルニクス)を置き忘れて、翌週末に取りに寄ったらまだ動いてた。」といったような内容だったとか。

まだ機械式がほとんどで、腕時計は2日も置いとけば止まってしまうのが当たり前だった時代、長いこと止まらない時計ってのは、それだけで画期的なことだったんでしょうね。

今は電池どころかソーラーが当たり前。時間も電波やGPSで勝手に修正。

時代はどんどん進んでいます。。




【BESSHO −別所時計店グループ− 】

■web site → http://www.jwo-bessho.com
■フェイスブック→ http://www.facebook.com/bessho1942
■ツイッター → http://twitter.com/jwo_bessho
■インスタグラム → https://www.instagram.com/bessho1942/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
昨日は寝落ちてしまって更新できませでしたが、、、

先日入荷のビクトリノックス【VICTORINOX】イノックス レザー。

撮影&UP完了しました。

完全防水や耐衝撃など、堅牢性を徹底的に高めた「イノックス」。総重量64トンの重機に何度も踏まれたり、10メートルの高さからコンクリートの床に落とされたりと、、130もの過酷な強度耐久テストをクリアした、まさにスーパータフウォッチです。

そんなイノックスに初めて追加されたレザーバンドモデル。



イメージ 2
もちろんただの革ではありません。

消防士のブーツなどでも使用されたという強靭なレザー製。イノックスのコンセプトはレザーバンドモデルでも変わりませんね。

ちなみにこちらはレザーバンドモデルで初めて追加されたグレー文字盤。他のカラーと違いデコボコした質感がかっこいいですよ。




イメージ 3
ワンタッチで着脱できる樹脂製のプロテクター付き。

ラバーバンドモデルのプロテクターとは異なり半透明。リューズまで全体を覆うタイプです。

デザイン的にはオンオフ両方いけちゃうイノックスですので、激しく使うときはこれつけると安心ですね。

レザーバンドタイプは2カラー展開。現在共に在庫ありますよ〜

>イノックス レザー





イメージ 4
あとこちらは従来のラバーバンドタイプの追加カラー。

ビクトリノックスのブランドカラー「レッド」です。

実はデビューは結構前でしたが、撮影するのすっかり忘れてました(笑)




イメージ 5
ちなみにラバーベルトモデルのプロテクターはこんな感じです。

こちらも現在在庫あり!

>イノックス ラバーベルト





イメージ 6
こちらも新入荷!シャリオール【CHARRIOL】サントロペ ピンクシェル

人気のバングルウォッチ「サントロペ」の新作が入荷しました!

PGとSSのコンビカラーに、これまでより濃いめのピンクシェル文字盤。

シャリオールのピンクシェルは淡い感じが多かったですが、今回ははっきり「ピンク」と分かる感じです。

さらにポイントは淡水パールをあしらったかわいいチェーン!






イメージ 7
手首に巻くと自然と重ねづけスタイルになるチェーンもサントロペの特徴。

通常この25mmサイズのサントロペにはもう少し細いチェーンが付きますが、あえて30mmサイズ用の太いチェーンを使い、間には大きめの淡水パールをあしらった可愛いデザインです。

ちなみにチェーンはワンタッチで取り外しでき、TPOに合わせて使い分けもOK。

チェーン可愛いけど仕事にはちょっとな〜・・って方でも大丈夫ですよ!


気になる方はお気軽にお問い合わせを!近くの方はぜひ店頭でご覧ください!


>サントロペ ピンクシェル パールブレス




【BESSHO −別所時計店グループ− 】

■web site → http://www.jwo-bessho.com
■フェイスブック→ http://www.facebook.com/bessho1942
■ツイッター → http://twitter.com/jwo_bessho
■インスタグラム → https://www.instagram.com/bessho1942/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2.98mm。

イメージ 9
※画像はCITIZEN公式サイトより※

昨日は定休日でしたが、出張で大阪へ。

SEIKO & CITIZEN & ORIENT合同の秋冬新作展示会でした。写真NGでしたのでメーカー画像で失礼しますが、3社合わせても今回一番の注目モデルはこちらだったかと思います。

CITIZEN Eco-Drive One(エコ・ドライブ ワン)

世界最薄の光発電時計。

厚みわずか2.98mmという超極薄の腕時計。しかも光発電。中に収まるムーヴメントの厚みもわずか1mmという驚異の時計です。

数値だけではイメージしづらいかもしれませんが、一般的な”革ベルトが”厚み3、4mmという事考えると、この時計がいかに薄いかがわかるかと。

その2.98mm間に少なくとも裏蓋とムーブメントと文字盤と短針と長針とガラスが重なっている訳で、そりゃまぁすんごい事です。

現物はほんと冗談みたいな薄さでした。これ絵じゃないの??みたいな(笑)




イメージ 10
ケースは薄くても強度を出すために、サーメットやバインダレス超硬合金など、これまで時計ではあまり使われなかった素材も採用されています。

サーメットってのはセラミックと金属の複合素材。バインダレス超硬合金ってのはタングステンが主成分で、金属加工の超精密金型なんかに使う素材らしいです。

なるほど。。


そういえば以前に超薄型の掛時計があって、それは文字盤と針が完全に接触していました(不良品ではなく)。ちょうど開発の方?がみえたので、このエコ・ドライブ ワンも針は文字盤に当たってるんですか?と聞いたら、そんな事はなく、ちゃんと文字盤と短針と長針とガラスの間には全てクリアランスが取られているとの事。掛時計は運針に結構トルクがあるので接触前提でもOKだけど、トルクの弱い腕時計の場合はちょっとでも当たると遅れや止まりの原因になってしまうそうです。もちろんこのレベルになると組み立ては手作業。ひゃ〜、こりゃ組み立てる人も大変だ。。

こういう国産ならではの技術にはいつも驚かされますね。すごい。。

発売は11月ですが、画像の革バンドモデル(限定品)に加え、SSブレスタイプが3色リリース予定。そこそこ値段も高いので当店での取り扱いは未定ですが、ちょっと悩んでます。。

誰か予約してください(笑)





イメージ 1
で、展示会終わりは難波の高島屋へ。

現在時計売り場をリニューアル中で、この日はセイコーのプレミアムサロンが先行オープンとの事だったのでちょっと覗いてきました。

セイコーのプレミアムサロンってのは同社の3大高級ブランド「クレドール」「グランドセイコー」「ガランテ」のみを扱う直営サロン。さすがに各ブランドフルラインナップで揃っていて、見応え十分でした。

クレドールは今年のバーゼルで発表された初のトゥールビヨンモデルもありましたよ。ちょっと買おうかと思いましたが、消費税だけでも¥4,000,000かかるようなのでやめときました(笑)

その他のブランドもなかなか。全てのブランドが部屋として区切られており、売り場というよりは高級時計店街という雰囲気。これからのデパート売り場はこういう方向なんでしょうね。いやーすごいわ。

全てのブランドが出来上がるのはもう少し先になるようですが、みなさんも大阪に行かれた際は是非行ってみてくださいね。でも財布に500万くらいは用意していったほうが良いかと思います(笑)





イメージ 2
てなことしてたらすっかりランチ難民になってしまい、結局駅の売店で買ったちくわパンで小腹を満たしながら帰路へ。

ちなみにちくわパンの消費税は¥9です。



イメージ 3
さて現実に帰ってきました(笑)

本日の入荷。セイコー【アルピニスト】アルプスの少女ハイジ 限定コラボカラー

登山やトレッキングに最適な各種計測機能を備えたソーラーデジタルウォッチ「アルピニスト」。

今年はレディスユースを意識した一回り小さいモデルがデビューしましたが、その限定カラーです。

高い機能はそのままに、ハイジやユキちゃんをイメージしたカラフルなカラーを採用。




イメージ 4
12時と1時位置にはアルムの山小屋とユキちゃんをさりげなくデザイン。


イメージ 5
ユキちゃんのスズをイメージしたゴールドのプッシュボタン。

他にもアラーム音にハイジのテーマ曲が選べるなど、細かい演出が嬉しいですね。


イメージ 6
裏蓋にはハイジのシルエット。

アルプスの少女ハイジって「HEIDI a Girl of the Alps」なんですね。

ま、そうなんですけど、なんかいかつくなる(笑)



イメージ 7
バックライトもこの通り。




イメージ 8
おしゃれな専用ケースにて。

もちろんトレッキングウォチとしての機能もしっかりしてますので、山ガールへのプレゼントにもオススメですね。

早速UPしておりますが、限定モデルですので気になる方はお早めに〜



>アルピニスト ハイジモデル(レッド)

>アルピニスト ユキちゃんモデル(ホワイト)




【BESSHO −別所時計店グループ− 】

■web site → http://www.jwo-bessho.com
■フェイスブック→ http://www.facebook.com/bessho1942
■ツイッター → http://twitter.com/jwo_bessho
■インスタグラム → https://www.instagram.com/bessho1942/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事