J's craft junのブログ

楽器制作がメインです 制作に関するご質問はお気軽にどうぞ!

ドラム自作 第1弾 メイプル

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

水曜日は、東京の友人宅で宅飲みでした
いや〜 久しぶりに 辛い二日酔いでした
 
友人達は、元バンドメンバー
みんな、良い奴 
大事だね、酒の席ってさ
 
さて、やっとこメイプル君が完成しました! 
作り始めたのが、2009年の8月ぐらい?だったかな
ブロックから12角形にするまでは、早く終わったんだけど
そのままほったらかしに・・・
んで2010年7月に無塗装で完成・・・
塗装が半年・・・
 
昨日完成    
2年近くやってたってことか・・・
あきれるね〜 
 
ではでは、塗装の研磨を
水研ぎ♯2000まで終わらせました。
室内に保管していたためか、以外と早く固まってくれていました。
イメージ 1
 
 
 
  ♯2000までやっても曇ってますね
 
 
 
 
 
 
 
  
 
イメージ 2    で、コンパウンドを掛けると
  急にガラスのように輝きはじめ 
 
  ああ、あとちょっとで終わるんだな〜と 
  寂しさがこみ上げてきます 
 
  これは、目の細かいコンパウンドが
  終わった所
 
 僕は何時もコンパウンドはトイレットペーパーで
 やります。 
 
 適当な布がないもので・・・
 
イメージ 3
 
 
 ラグ穴に塗装がぎっしり詰まってしまったので
 ドリルで落とし、ラグとストレイナーを 装着
 
 ラグ穴の塗装が犠牲になってしまいました
 
 まぁ 隠れるからいいか・・・
 
 ラグ穴は1mm大きい穴でも良さそうです 
 
 
 
 
イメージ 4  
  で、コピー機で印刷しクリアーを掛けた
  ラベルを両面テープで貼り付け
 
  ラベルには製造年が書いてありますが
 
  2010/9  となってます・・・
 
  笑うしかないねこりゃ 
 
  
 
 
イメージ 5 
  ではヘッドを貼って!
 
  いいですね〜 
 
 シェルが厚い! 
 
 じゃ、つぎはいよいよ完成です! 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
  長かった〜 
 
 ほんとに長かった。
 
 
 
 愛着が消え失せるほど 長かった 
 
 
 
 
 
イメージ 7
  本当は、クリアー塗装にしたかったのですが
  トラブルで潰しになりました。 
 
  でも、結果 白でも正解だな♪ 
  ドラムセットは白だけど 
  スネアの白は持ってなかったのでね 
 
  う〜ん満足 
 
  音は、すごい音! 
  アタックは太く、丸く 
  コロコロした音
  そしてズコーンと抜けて
  優しい音
                                        って、いつかアップしますね。 
このブログにアップし始めたのが8月
長い間お付き合いいただき有り難う御座いました。
 
そして何よりスマイリーさんのブログを見なかったら
このスネアは誕生してはいなかった事でしょう。 
本当に有り難う御座います。
 
僕が何故ドラム作成をブログで公開するか?
それは・・・
アメリカでは、ドラムも自作が結構多く、パーツもシェルも安く販売されてます。
日本では、超マイナーなこの自作ドラム
STAVE構造のドラムのすばらしさを伝えると共に
皆さんで試行錯誤をし、もっとドラムを作るための良いヒントを交換しあえればと思ったからです。
確かにメーカー物を買えば早いです。
しかし、薄プライのスネア しかも高い 
皆さん、疑問じゃ無いですか?
木に水蒸気を当てて、熱で丸め 
接着剤で木をバームクーヘンにしたドラム・・・ 
ストレスだらけのシェルに、さらにヘッドを貼ってストレスをかける
ドラムだけじゃ無いですか、曲がった木だけで構成されている楽器って
胴鳴りしてる とか 良く聞きますよね?  僕は疑問です
みなさん、カタログの言葉に騙されてはいけませんよ〜 
では、なぜメーカーはSTAVEを避けてきたか?
それは、制作に人件費が掛かりすぎる って言うこと
んで、値段も高くなる 
でも、最近はDWや国産等の大手メーカーも販売し始めました
STAVEが理にかなった工法だと言うことが、認識し始めたって事でしょうか?
是非、一度STAVEの良さをおためし下さい。
 
でもさ〜高いよ〜って方、ブログのメッセージにてご相談下さいね。
 
それでは 
 
 
 
STAVE(樽状)工法 スネアドラム NO、1
ハードメイプル 12ブロック
14”×5”
2009年8月〜2011年2月18日 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
  
 
 

この記事に

開く コメント(14)

フ〜〜 
 
旅行で魂が抜けちまったぜ〜 
心、ここにあらずと言った感じでしょうか? 
ワンモアタイム ワンモアチャンス♪
i will come back next year.     may be・・・・  
 
って、何のことかさっぱり解らんでしょうね!?
 
多くは語らず、 それがジャパニーズ侍なのじゃ がはは  
 
ワタシハキムチジンデハナイニダ  ナノニアニョンハセヨトイワレルムニダ
 
 
 
ちゅうことで     なんのこっちゃ・・・ 
 
本題! 
 
最終クリアーから1週間経ちましたので
塗装の磨きを開始いたします。
でも1週間じゃまだまだ、柔らかいかな? 
まぁいっか でとりあえず♯240で塗装の垂れをならし
少しずつ番手を上げていってスポンジの♯600までにしておきました。
 
だって、やっぱし固まりきってないんだも〜ん 
イメージ 1
  もう1週間まつぜ〜
    うりゃ〜 どんなもんじゃ〜 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  画像じゃ解らんよな
 
イメージ 2  
 
  ロゴの段差も綺麗に消えましたね 
 
  でも完全乾燥は半年! 
  
  これで、終わらせてあげよう。
  早く、形にしてあげようね
    
  LOVE IS OVER ♪
  悲しいけれど〜 ♪
  終わりにしよお〜  きりがないから
                      by ひ〜ひ〜
 
イメージ 3 ではでは エッジをOIL塗装じゃ〜 
 
 OILといっても、敷居は高くないぞ! 
 
 ただ塗るだけだ〜 イエ〜イ 
 
 メイプルはあんまり浸透しないので
 じゃぶじゃぶ塗ってあげてね 
 
 んで、耐水ペーパーでOIL研磨 ♪
 
 ね、簡単でしょ? 
 
 
イメージ 4
 すっかり、エッジがオイリ〜でしょ? 
 火が付くぜ
 んで、しばらく 10ぷんぐらいかな? 
 置いておいて、布とかで余分なOILを拭く 
 
 あと、3回ぐらい繰り返して・・・
 
 追いOIL
 乾燥→から拭き
 を1週間繰り返すのみ! 
 
 んでラッカーはちょうど硬化してるって言う
 算段なのです! 
 
イメージ 5 
  やっとこ完成が見えてきたな・・・ 
 
 ふ〜 
 
 お付き合い頂き 
 ありがっつ!! 
 
 
 次はSG いくぞ〜 
 
 
 雪降るなよ〜 
 
 
 
 
アイライク スシニダ・・・
 

この記事に

開く コメント(2)

第2弾のチェリー君にすっかり追いつかれてしまった、メイプル君♪
 
最後の更新が昨年の8月ぐらいでしたかね? 
間にチェリー君やら何やらと入れるからね・・・ 
ほんと、自分の物だから誰にも文句を言われないんですが
気がつくと、このブログで完成までたどり着いた物が・・・  あれ?
ほとんど無い? 
こりゃいかん!
メイプルなんて2年目に突入してるぞ〜 
全く何時までかかるんだか・・・  
 
では気を取り直して 
 
前回ロゴを貼り付け、クリアー塗装を掛けて居たのですが
デカールロゴと塗装の段差を削って居るときに、うっかりロゴマークまで削ってしまい
やり直しを余儀なくされて居たのでした。
 
当然、シールを完全に剥がさなくてはならず
剥がす最中に 白塗装まで部分的に剥がれてしまい、
部分塗装をしてました
んで 何とか、ロゴを貼れる状態に。
 
この部分的にへこんだ塗装って時間が掛かるんですね
もう、最初から塗装し治した方がはやかったような・・・
 
イメージ 1     ではやっと この状態に戻し
     もう一度、ロゴを貼り付けていきます。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2  今回は、位置決めをしっかりしたかったので
 マスキングテープで、位置をだしました。
 
 まぁ、乾燥が長かったので、テープを貼っても
 糊が残らず、大丈夫そうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3 こんな感じで、片方をテープで止めて見ました。
 
 
 
 
 これなら、失敗はないぞ
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4   上下有ってるか確認してます
 
  慎重ですね・・・
 
 
  もう失敗したく有りませんから〜
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5  で、ぺたり♪ 
 
 このあと、圧着して
 水気を含ませて  っと 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6  これは クリアーを掛けたところですね。 
 
  しばらく放置し、間にサンディングを
 
  さらにスプレー缶1本分使い切った所で
  
  現在、静養中です。 
  
  この丸いシェルを塗装するのって以外と
  難しいです。 
 
  すぐ塗装がだれるし、でもデカールとの段差は
  埋めたいし、常に垂れとのたたかいです。 
 
今も、クリアーは垂れた状態で乾燥待ちになっております。
 
本当に塗装って、せっかちな僕には向かないと、改めて痛感。
次回は、チェリー君の続きが更新できるかな?
 
この間、サンディングシーラーを切らしてしまって近所のホームセンターへ
買いに行ったのですが、最近水性が流行なのか?
シーラー系が何処にも置いてないんですね・・・
取り寄せをお願いしたら、1週間ぐらい掛かると!! 
なので、大きな缶で注文!
こりゃしばらく作業が中断だな〜と諦めておりましたが 
 
なんと!、その2日後にとどいたよ〜って!! 
ホムセンから連絡が有り
早速チェリー君とSG君にドバドバ  シーラーを塗布しておきました。
SG君も順調に凸凹が埋まり始めました。
 
実は、来週月〜金まで自宅におりませぬ ・・・
 
なのでしばらく作業も更新も出来そうにありません。
まぁ、乾燥期間にはもってこいですね。
 
では、次回までしばしお待ち下さいませ 〜 
 

この記事に

開く コメント(0)

あれから、毎日 白スプレーでひたすら塗装を繰り返し。
スプレー缶1本ちょっと使い切った所で、2,3日放置しておりました。
 
そろそろ、次にいきたいですね。
 イメージ 1
 
  とりあえずマスキングをすべて剥がし
  スプレーのツブツブをペーパーで落とします。
 
  その後、ぬれタオルでシェルをキレイキレイし
 
  ロゴを 貼って行きましょう。
 
  ドラムらしく、プレートをと思いましたが、
  何となくぱっと見オリジナル感を出したかったの
   でデカールを貼ることにしてみました。
 
  
 
 
で、いきなりぺたり♪
 
イメージ 2  これは一発勝負ですので、潔く貼りましょう
 
  失敗は許されません。
 
  ・・・ 失敗しました。
 
  ちょっと左に寄ってます。
   僅か数㎜寄ってます
 
  マスキングでラインを正確に出そうかと
    思いましたが、塗装してすぐにマスキングを
    すると、僕の場合ろくな事がないので、
    も〜 勘です!
 
  
この後、出来るだけ密着してほしいので、色んなものでスリスリし
びっちょりぬれたタオルで、水分を補給してあげると・・・・  ペロリと剥がれます。
 
いつもこのときが一番ドキドキしますよ  失敗してないかな? 大丈夫かな? 
 
イメージ 3
  
 
 
  後はエッジにマスキングして、クリアー塗装を
  慎重にかけ、 本格的なクリアー塗装に入って
  行きましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
  今回は中もクリアー塗装していきます
 
 
  んで、なんか寂しいので・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
  中のラベルを作っておきました
 
  ただのコピー用紙に、普通に印刷しただけ
 
  まぁ普通に貼っただけじゃ面白くないし、
    タイトボンドで貼って行きますので、
    紙のままで大丈夫か?
 
  そこで、強度確保?
  こいつにもクリアーを掛けちゃいました 
  
  意味があるかどうかは、後のお楽しみ。
 
 
 
 
さー 塗装も今週いっぱいで終わらせるぞー
 
 
も? 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

すっかり、同時進行中の12インチと同じ工程になってましたので
こちらはほったらかし状態になってましたね
 
過程と言うことで更新しておきましょう。
 
前回、シェルの内側を1㎜ほど削り、最終サンディングを終わらせておりました。
と一言で言うのは簡単ですが、なんせ石のように硬いハードメイプルですから、
サンディングの傷やら、何やらを消すのが大変でした。
 
それに、いろいろとやっていると、あちこちぶつけてしまっているようで、
エッジも指で触ると、凹凸が有る箇所がありました。
 
ガラスにはったペーパーで平らにして→ エッジを戻して・・・・
で、何とか塗装に入れる状態に。
 
今回はシェルの内側にもクリアーを塗装しますので、エッジ部分だけマスキング。
 
プライマー2回→サンディングシーラー1回→ あとは12インチの工程と同じですね。
 
で、いきなり捨て吹き中!
 
イメージ 1
  青空サンディングと 青空塗装
 
  やっぱり夏は気持ち良いですね。
 
  作業台代わりに使っている、緑の一升瓶ケース
 
  これが僕のお気に入りです。
 
  軽いし、イスにもなるし、万能で好きなんです。
  僕の作業場には専用テーブルが無いんです
 
  あっ 向こうにペーパーが散らかってますな・・・
 
 
イメージ 2
  中は贅沢に、マスキングテープオンリーで
  マスキングしました。
 
  特に意味はないのですが、エッジをマスキング中
  にこのままグルグルと中まで貼ってみたい衝動が
  こみ上げてきて、ついついやってしまいました。
 
  もったいないなぁ。
  
  そうそう、ラグなどの穴はきちんとマスキングを
  施さないと、塗装が漏れちゃいますので
  そこは紙でマスキングする場合は注意です。
  12インチでやっちゃた・・・
 
今回は、12インチタムと同時に塗装しましたので、ちょうど400のスプレー缶1本が終わりました。
こういった白とか黒は、塗装のムラが気になりますので、晴れた日の青空塗装が向いているかもしれません。
僕の作業場は、暗いし換気扇もないので、塗装にはむいてませんしね。
一発で具合悪くなっちゃう。
塗装後の酒は酔い方違う!! 
 
 
 
さあさあ 虫とホコリが付かないうちに、さっさと作業場に移しましょう♪
 
仲良く2人で並んで、次回の塗装までお休みですよ〜
 
イメージ 3
  
 
 
  なんか、ドラム工場みたいですね
                                    僕は白が好きなんです。
  初めて買った MRスネアも白・・・
  所有のパールMRセットも白です・・・
    
  最近知ったのですが、僕は国産ギリギリで
  ドラムを買えたみたいです。
  良き時代だった。 
  
  
今のは、買う気がしない。  てか買えないのってのも有るが
お金が有っても、もう日本メーカーのはオーダー しないかもな・・・  スリンガーか DWなら欲しいかも
 
それか 自作セットつくりたいな
  
 
おっと!!!   このまま行くと、すべて白で決まりそうな予感
 
色は完全に好みですが、真っ白なドラムセットって 美しいんですよ 飽きが来ない
シンプルですが色気を感じてしまうんですよ 僕は
いつもセットする度に、うっとりして、惚れ直しちゃいます。
 
し・白で行くか 
 
と、気持ち悪い親父 全開なのでした! 
 
 
 
    
 
 
 

この記事に

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事