ここから本文です
フジっ子ジョウの天気予報と共に供坩美半島》

書庫釣り行

記事検索
検索

全260ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨晩の話


宇津江外向き防波堤 PM4:30

イメージ 1

夕方は風が止む予報だったので、久々に宇津江に来てみた。
渥美半島の天気の予報は余り当たらないが、この風予報だけは良く当たる。
出かける頃は風は吹いていたが、着いた時はほぼそよ風状態。
メバル釣りには時間的にまだ早いので、まずはエリアマスターで前打ちをやって見る事にした。

エリアマスター

イメージ 2

この宇津江で釣りを始めた頃はノベ竿でこのミャク釣りだった。
初めは6mでやり始めたが6mでは根掛かりをする。
理由はテトラ前に5m近い石積みが有るからだ。
根掛かりが嫌なので、その後は7mのメバル竿でやる事にした。
すると余り根掛かりはしなくなった。
しかし、本来は根掛かりする所に魚はいるんだよねえ。
それで、その後はウキ釣りで石積みの前を流す釣りに変えた次第。
エリアマスターは結局最後は根掛かりしただけで魚は掛からなかった。
ガイドを付けたおかげで根掛かりも仕掛けは簡単に切れた。
まあ、試し釣りとしては上出来だったかもね。

夕日が落ちる前に何時ものウキ釣りに変更。

イメージ 35時半から7時半までの2時間。
持ち帰りはタケノコメバル3匹。
サイズは23・21・19センチ。
リリースはクジメ2、タケノコ2.
退屈しない程度の釣りでした。

今日も昼間は少し風が強いねえ。
伊良湖のコウナゴを見に行きたいけどねえ・・・
さてさて・・・・





この記事に

早くも根掛かり

伊良湖赤灯台 AM10:10

イメージ 1

今の時期釣れる魚は、根魚かコウナゴくらいしか居ない。
風は風速5m前後で竿は出せそうなんで、今日も伊良湖のコウナゴ調査にやって来たのだが・・・・

また置き竿

イメージ 2

今日もコウナゴは居なかった。
やはり全滅したのかも知れないねえ・・・・
で、置き竿にしてエリアマスターの試し投げをして見る事に。

エリアマスター根掛かり

イメージ 3

秋のカワハギ釣りをイメージして、メバルの胴突き仕掛けにアミ籠を付けて試し釣りをしたのだが、軽くてやはりいい。
先端も石積みの上は7m、遠投すると8mくらいに落ち込む感じ。
やはりかなり砂で埋まって来てるんだね。
底の調査も終わったので、アミ籠から錘を5号に替えて、アオイソメの準備をしていたら、次に上げようとしたら、一発で根掛かりをしていた。(@д@)/?.うッそ〜ッ!
何とか外そうとあれこれやって見るがビクともしない。
どうも錘が何処かに掛かった気配。
根掛かりするとノベ竿は弱い。
ラインまで手は届かないので、強引に抜くしかないのだが、これをやると竿が折れたり、節が元に戻らなくなる。
仕方が無いので、車まで帰って投げサビキの仕掛けと7mのタモの柄を持って帰って来た。
上の写真はその時写した物。
竿が7−8mの2WEYなんで、幹糸の先端1mの所に幹糸が継ぎ足せる様にスナップサルカンを付けていたので、簡単にサビキが引っかかってくれて直ぐに回収出来ました。
以前エイが掛かった時に、タモの柄にカマの様な物を取り付けて仕掛けを切っている人を見たけど、あの部品はジョウも持っておきたいね。
この後上州屋に行ってガイドを注文して来ましたが、上州屋には海藻を切るノコギリ状のカマが有っただけでした。
取り敢えず見た物とは違ったので、保留にして帰って来ました。

エリアマスターのガイド付けが終わったら、爺さんに貰った峰風は返そうかと思っています。
350gくらいあるかと思うけど、置き竿で使えば十分使えるからねえ。
30cm近いアイゴも抜き上げれる優れ物。
秋にはノベ竿よりガイド付きの方がいいからねえ。






この記事に

伊良湖赤灯台 PM  3:50

イメージ 4

夜は風が止む予報なので、メインは夜釣り。
夜釣りの前に今日もコウナゴ調査だったのだが・・・・

置き竿

イメージ 5

今日も置き竿のまま終了。
コウナゴは北方系の魚で、暑い夏は砂に潜って夏眠を行うのだと言う。
去年だったか、一昨年だったかコウナゴが全く取れず「水温が高く全滅したかも知れない」と言うニュースが流れていた。
全滅は無いだろうと思って確認に来るが、最近は余り釣れてないね。
温暖化の弊害なのかねえ・・・・

白灯台沈みテトラのカイツグリ PM4:15

イメージ 1

赤灯台に居る時から沈みテトラの上でカモメが何かを捕食していた。
で、覗いて見たら、この時はカイツグリが盛んに潜りながら何かを捕食をしていた。
これを見て今日はここでメバル釣りをやって見ようかと思ったのだが結構風は強い。
予報では6時から風は収まる事になっているが、どうも先端の方が風が強い傾向に有る気がするので、宇津江に移動する事にした。

宇津江漁港 PM4:55

イメージ 2

宇津江に着いた頃には風は収まっていた。
仕掛けを準備していたら、今年もウナギの幼魚獲りのお母さんも来ていた。
夫婦連れに声を掛けられたので暫し釣り談義。
その後竿出し。
大潮の満潮で、ウキ下調整が不十分なのを承知で始めたら、反応が悪かった。

イメージ 3しかし、やり始めて1時間ちょっとした頃バタバタと20センチのタケノコメバルが2匹掛かった。
潮が引いてウキ下が合った感じだった。
ウキ下はキチッと調整して始めた方がいいね。(笑
赤羽根のアジは例外なんで、今年初めの魚と言ってもいいね。
早く風が変わって欲しいね。







この記事に

赤羽根漁港の工事 AM7:25

イメージ 1

潮周りは最悪と知りつつ、風がない予報なんで赤羽根漁港を覗いて見た。
何時ものポイントで反応がないので、先端に移動したら、日曜日にもかかわらず工事が始まってしまった。
機械が動き始めると金属がぶつかるとてつもない音。
これでは魚は逃げてしまうよねえ。
この後再び奥に戻ってやってみたが反応は無し。
サビキも投げてみたがこれも反応が無かった。
強風続きで、釣り人も寄り付けなかったので、アジも散って行ったんだろうね。
この後は伊良湖のコウナゴ調査に行く事に。

伊良湖赤灯台 AM9:30

イメージ 2

流石にまだ早くコウナゴ釣りをしている人は居ない。
それでも風は無いので竿出し。
が、しかあし・・・・・

無反応

イメージ 3

30分は真面目に立ってやっていたのだが反応がない。
で、最後は置き竿で30分程待ったが、やはり反応無し。
他の釣り人にも何の反応も無かった。
結局1時間で撤収でした。
厳しい季節だね。

コウナゴも来週辺りからかねえ・・・・・






この記事に

赤羽根漁港 AM7:35

イメージ 1

風予報を見るとかなりきつい。
おまけに小雨模様。
それでも大潮で潮周りはいいので、アジが居るかどうか確認に出撃してみた。
しかし、現場に着くとかなりの強風。
釣り人も殆ど居ない。
それでも竿を出そうとしたのだが、前回使ったアユ竿の峰風80・90・95の3WAYが好調だったので、これを持って来たのが失敗だった。
風が強くて仕掛けがなかなかセット出来ない。
もたもたしている内に幹糸がこんがらがってしまった。
幹糸の絡みを解いて、再びリリアンに幹糸をセットしたのだが、何だか様子が変。
良く見ると何と穂先が折れていたのでありました。( _ _ )...ガックリ!
風に竿を煽られながら、柔らかい穂先を触っていたんで折れたんだね。
この時点で帰ろうかと思ったのだが、アジが居るかどうかを確認せずに帰るのも納得が行かない。
で、720の夢月を取りに帰って仕掛けはセットしたのだが、クーラーのアミエビを出すとクーラーが飛んで行きそう。
取り敢えずアミを入れずに仕掛けは投入してみたのだが、流石にアミ無しでは反応が無い。
そうしている内に隣のお父さんにアジが掛かった。

イメージ 2

アジが掛かっても立って作業が出来ない。
これを見て流石にジョウは心が折れてしまった。
ここで撤収を決意。
その後お父さんは苦労しながら仕掛けを投入していたが、仕掛けを投入すればアジは掛かっていた。
帰りに声をかけると「大潮なんで魚は居ると思って来てみたが、魚は居るんだよなあ。ただ風が強すぎるけどねえ」との話だった。

ジョウは帰って釣り具屋周り。
折れた穂先は予備で新しいのを買って、古い物もリリアンを取り付け、2本使える様にしておこうと思っています。
今から修理です。

明日の天気はどうなんだろうねえ・・・・



この記事に

全260ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事