整形外科

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

OT訓練#15手指拘縮

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 久々のブログ更新です。
 2月に入ってはじめての・・・。
 本業のほうがかなり忙しくなかなか更新できませんでした。

 さて、今日の患者様は外傷後の手指拘縮の患者様です。
 外傷後によく見られる手指拘縮。作業療法においても
 拘縮を改善するのはなかなか難しいですよね。

 まず、拘縮の原因が何によるものかをよく考えたうえで
 治療をすすめていくのが大切です。
 そこで治療の一手段として簡単なスプリントを作成。
 
 作成方法
 1 オス、メス2種類のマジックテープを用意する。
 2 2種類のマジックテープを真ん中で縫い合わせる。
   2種類のマジックテープは張り合わさず、同じ向きに。
 3 指に巻き完成。

 写真はバディスプリントといって動きの良好な指と
 患指をマジックテープで巻き動きの良好な指の力を利用して
 患指の他動もしくは自動介助運動をさせるスプリントの一種です。
 写真はマジックテープですが臨床にては絆創膏や紙テープなどを
 用いることが多いかも・・・。
 このスプリントの短所は隣接指の長さの違いによりテープの
 力がうまく伝わりにくい事があげられます。
 あくまでも補助的なスプリントと考えた方がいいかも。
 

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

OT訓練 #13中手骨骨折

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 
 今日の患者様は中手骨骨折の患者様です。
 受傷機転はバイクによる交通外傷。バイクや自転車でハンドルを握ったままの
 姿勢で正面からぶつかった時、外力はMP関節から中手骨の長軸に向かうことが多く、
 骨折を起こしやすい部位であります。

 中手骨骨折に特に合併しやすいのは回旋変形。
 握り動作をしたときに(MP関節から回旋しているため)指が重なりあうクロスフィンガーが
 認められることがあります。こうなれば作業療法やスプリント療法の適応ではなく、
 手術しかありません。
 幸い、本患者様は変形治癒することなく順調に骨癒合が得られてきました。
  
 受傷から2ヶ月が経過。手指拘縮(特にPIP関節)が残存。
 骨折部の骨癒合も安定してきたためスプリント療法を併用することになりました。
 
 ちなみに・・・何による拘縮かを鑑別することが大事で、スプリントも患者様任せに
 するのではなく装着の頻度、禁忌事項をセラピストはきちんと説明し、装具不要まで
 確認する義務があります。(作りっぱなしにしない!)
  
 写真はオペロン布による矯正装具です。(少し細めですが・・・)
 ストラップ&バックルスプリント 参考していただければ幸いです。





 
 

 


 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

OT訓練 #6 屈筋腱損傷

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 今日の患者様は屈筋腱損傷の患者様です。
  (ゲストコメントにリクエストがあったため)
 
 受傷機転としてはやはり多いのがリストカット(Wrist Cut)。
 屈筋腱Zoneは垢亮蟯慇疉瑤飽銘屬靴泙后
 
 OT訓練としては早期運動療法を提唱するとKlinert法(変法)
  作業療法訓練としては
   ー蟒儻紕押腺各後より術後リハ開始。同日、クライナート作成。
  ◆ROM訓練
     自動ROMはストップ&ホールドモーション(屈筋腱の場合は軽く屈曲肢位を5秒ほどとる)
      癒着を最小限とするため。
     他動ROMは各指に硬縮ができない様に手関節で屈筋腱のテンションを緩め(手関節屈曲位)
      MP,PIP,DIP各関節を1関節づつ0°伸展位とする。
     クライナートにて日中1時間毎に最低20回の自動伸展他動屈曲運動。
     文献的に手術後5日から10日後より縫合した腱の張力が一時低下するためこの時期は
     注意して訓練をする。
   術後3週間まで上述の訓練を施行。4週より作業療法士監視下にてクライナートをはずし
     軽度の作業開始。負荷の少ないパチンコ玉、ペグピンチ訓練など・・・。
  ぁ〜瓩韻譴丕棺鬼屬發靴は5週間で装具除去。
     日常生活動作(軽度の)に参加。
  ァ。供腺現気砲特翕度の日常生活動作に参加
     洗体動作など・・・
     訓練にてはセラプラスト握りなど・・・
  Α。隠化気砲篤常生活動作制限解除

      あくまでもこの患者様の訓練です。参考程度にお願いします。
    創部やZoneまた手術方法(縫合法)によって訓練内容は変わります。
    さらに場所が場所だけに神経損傷もあるため今後は正中、尺骨神経麻痺に対する
    スプリントも必要になってくるでしょう。
    
  注意点としては
   リストカット患者様の場合はスプリントが適応でない場合もある。(精神症状も加味して)
   
  独り言・・・ 
   Zone垢離譽戰襪任魯ライナートは本当は適応でないかも?
  

この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

祝 ブログ開設 OT訓練 #1 屈筋腱損傷

   はじめまして
 とある病院で作業療法士として働いています。
 このブログでは作業療法の仕事を中心にはなしていきたいと思います。

  今日の患者様 
  診断名:屈筋腱損傷(FDS,FDP,FCR,PL,FCU)
      正中、尺骨神経損傷
  病歴: 喧嘩にてガラスに手を突っ込み受傷
      
  作業療法
      関節可動域訓練
      感覚再教育訓練 
      神経筋再教育訓練
      スプリント作成 
      

  ガラスに手を突っ込んでもホントは大怪我をしないのです。しかし、大抵の人は驚いて
  慌てて手を引いてしまうのです。そのときの残っているガラスによって手関節部が損傷
  してしまうのです。

  損傷部位は手関節部にあるためZone兇犯罎挂着は少ないと考えます。
  よって今後の正中、尺骨神経麻痺による鷲手、猿手変形に対するスプリントも
  必要。
  
  とまぁかなり難しい話になってきましたが、このブログでは誰かのために、また自分の
  勉強のまとめのために開設したというのがホンネです。
  
  今日の手の外傷の患者様でした。
  
  次回は・・・・難病疾患?
  
 


  

    
  

      
  
  

 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事