ここから本文です

書庫プログラマニュース

すべて表示


Visual Studio Community 2015がリリースされたので、早速使ってみました。
これ、無料っていいね。
イメージ 1
2012,2013と雰囲気は変化ありませんが、内部は相当改良されています。
Androidのアプリを開発できたり、Linuxバイナリも吐き出せちゃったりします。
今のトレンドとなる言語はC#。LinuxでもC#が使えるように主要な部分はマイクロソフトがオープンソース化してくれました。


なかなかナイスっす。
プログラマやアーキテクトなら、おらLinuxだけだもんねと言わず、今や必須なツールっすね。

イメージ 2

AndroidアプリもC#言語で作成できたりする。

今回、Linux向けにソースエディタまで公開していただいちゃいました。やるね。

まずはWindows環境でベンチマーク…
namespace ConsoleApplication1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //Stopwatchオブジェクトを作成する
            System.Diagnostics.Stopwatch sw = new System.Diagnostics.Stopwatch();
            //ストップウォッチを開始する
            sw.Start();
            int rep = 1000000; // 足し算の回数
            int n = 10000;   // 変数の数(配列の要素数)
            double[] x = new double[n];  // 一万個の変数(配列)の初期化
            for (int i = 0; i < n; ++i)
            {
                x[i] = 0;
            }
            for (int j = 0; j < rep; ++j)
            {     // rep 回の繰り返し
                for (int i = 0; i < n; ++i)
                {   // 一万個の変数それぞれに値を加える
                    x[i] += 1; // 数値計算ライブラリのテストでは、x[i] += log(i + 1)
                }
            }
            // 変数のメモリを解放
            x = null;             
            //ストップウォッチを止める
            sw.Stop();
            //結果を表示する
            Console.WriteLine(sw.Elapsed);
            string stWork = Console.ReadLine();
        }
    }
}

で、僕のマシンでは処理時間は12.5秒でした。
00:00:12.5037912

実行するとメモリ量やCPU使用率が判断できるようになりました。
これも便利じゃない?
イメージ 3

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事