Drifters High

イメージライディングと言う一つの提案
5月13日に奈良県の名阪スポーツランドで行われたレアル1近畿シリーズ第1戦に参戦してきました。

天気はさわやかな晴れですごしやすくタイヤのグリップにもベストな気温でした。


イメージ 1



今年はいつもと違いIRCのサポートを頂いているので何とかいい結果を残せるように頑張ろうとおもい朝一から気合いが入っていました。






タイムアタックは何とか45秒台でAクラスに入り9番グリッドゲットでまずますの展開ですがライバル車両の21インチのTT250のkazu-c選手ともう一人のライバルのWR250Rのヒロさんもすぐ後ろのグリッドにいまして全く油断の出来ない位置です。

イメージ 2


3台とタイヤはIRCのGP−210装着です。


私とヒロさんはこの日のために新品タイヤを下ろしましたがkazu−cさんは何年も使っているズルズルに減ったGPー210なのにこのタイムは恐ろしい!!!

さすがMOTO1オープントップグループを走るオールスターライダーです!



第一ヒートはスタートは上手くいったつもりでしたが2台ほど先行されました。

イグリップタイヤ勢がペースをすぐに上げれないスタート直後が温度依存性の低いGP−210の一番チャンスなのですが何とか前に行きたいものの焦ってもたもたしているとすぐ後ろで激しいタイヤスキール音を鳴らしkazu-cさんがドリフトして煽ってきましたがなんとかしのいで2台抜いて結局9位でフィニッシュしました。



シフトペダルに違和感を感じて第二ヒートまでペダルの位置調整などを済まして決勝グリッドまで並びましたがウォームアップランでクランクケースにシフトペダルが当たりシフトアップ出来なくなりシフトシャフトが金属疲労でポロリと折れて脱落してしまいました。


今までモタードレースの決勝ヒートで一度もリタイヤしたことが無くて残念無念でしたがどうしようも出来なくマシントラブルリタイヤしました。


イメージ 3


kazu−cさんの速さを考えるといくらライダーの技量が違っていてもあの磨り減ったタイヤであれだけのペースで走れるのにまだまだ自分はタイヤの性能を使い切っていないな〜と実感しました。



次回6月17日のレアル1近畿シリーズ第2戦琵琶湖スポーツランドでは何とかリベンジに燃えたいですね〜。

この記事に

開く コメント(4)

2012年レアル1近畿シリーズ参戦に向けてIRCタイヤ様からタイヤサポートを頂きました。




「オフロードバイクでオンロードを極めたい」と言うコンセプトのGP−210を使用しノーマルホイールオフロード車のオンロードの限界に今年も挑戦したいと思います。



今年から新導入プランで新しくベスト21インチ賞が設定され21インチ車両参戦の楽しみが増えました。



ノーマルトレール車やノーマルオフロードバイクがオンロードでこんなに走れるんだ、遊べるんだなどいろいろと今年は発信していきたいです。


21インチ仲間が増えるとさらに楽しいかなと思います。



またレースレポートなどもIRCタイヤ様のHPからも報告予定です。



コストパフォーマンス抜群のGP-210を装着しハイグリップSPタイヤやスリックタイヤ相手にどこまで食い込めるか挑戦しますので宜しくお願いします!

この記事に

開く コメント(2)

8月23日に名阪スポーツランドで行われたレアル1近畿シリーズ第2戦に参戦して来ました。


マシンは今回もこのボロバイクですがフェンダーをモタード風にして少し速そうになりました。

イメージ 1

レアル1は21インチでも唯一出れるレースでビギナーからでも気軽に参戦出来るレースフォーマットでかなりの数のエントリーがあります。

今回は80台を越すエントリーでパドックは大賑わいでした。

私は250エキサイトクラスにエントリーしました。

イメージ 2


レースの流れは午前中に各クラスごとに15分ずつ練習走行とタイムアタックが有ってタイムアタックで上位から四分割でA、B、C、Dとクラス分けされます。


何とかAクラスに入りたいので気合を入れてタイムアタックに臨んだら15分のうちに二回もコケました(汗


二回ともFタイヤのスリップダウンでスコーンっといっちゃいましたw

タイヤはたっぷり溝が有るのですが2年も使っていると流石にそろそろ無理も利かない感じで何とかごまかしながら気持ちを切らさないように走りました。


タイムアタック結果は44秒707で全体の中で14番でした。


まずまずの順位でヒート1を走りましたが何とかそのままの順位をキープ出来ました。



イメージ 3



次にファイナルのヒート2ですがBクラスより下のクラスの上位三位までが上のクラスに上がれますのでAクラスも合計23台のフルグリッドです。僕の後ろにも9台ほど速そうなマシン達が居ます。

スタートして直ぐに速いマシンに数台抜かれましたがスタート直後の混乱を何とか外からかぶしてもとの順位ぐらいまで戻してそこからはひたすら後ろを気にしてガマンのレースでしたが14位で終わりました。


もう少しいい順位で終わりたかったですがこのマシンとこのタイヤではこのあたりの順位が限界に近い感じですかね。

次回11月に行われる猪名川サーキットでの第三戦では目いっぱい力を出し切れる準備をしてもう少しポジションアップしたいですね〜!

イメージ 4

イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

時代はデジタル

我が愛機XR250R(ME06)はもともとレーサーに保安部品を付けた仕様になっていましてニュートラルランプもウインカーインジケーターも標準装備されていません。

ボロボロの状態でXRを2台もらってきてニコイチしたもんだから欠品しているパーツもいっぱい有りました。

公道仕様にする時にネックになったのがスピードメーターが無いこと、ヤフオクなどで調べてみると20年近く前のモデルだけに玉数が非常に少ないのと結構お値段も高いんですよね(汗


それで候補に上がったのはサイクルコンピューターです。

ほんとはモタードカスタム車の定番トレイルテックのメーターが欲しかったんですがなんせお値段がけっこうしますんで僕のXRには贅沢かな〜とか思いサイクルコンピューターになったわけです。

ここで注意しないといけないのは自転車用だと言う事でまずはスピード表示の対応が99km/hのタイプが結構ありまして(まあ当たり前かもしれませんが・・・)いくら250トレールでも100km/hは十分出ますので199km/hまでの対応モデルを選ばないといけません。

その次に注意しないといけないのがセンサーワイヤーの長さ、これは結局僕も長さが足りず別の線を継ぎ足しました。

僕は試していないのでわからないですがワイヤレスタイプもバイクのイグニッションのノイズで誤動作が起きるかもしれないので気を付けた方がいいかもしれませんね。



いろいろと候補は上がりましたがコストパフォーマンスが一番良さそうなトピークコンプ130にしました。



取り付けで一番悩んだのはセンサーマグネットの取り付けでした。

標準のセンサーマグネットはスポークに取り付けなんですがバイクの場合はスポークとFフォークまでの隙間が自転車と違いけっこう広いので全く使えません。マグネット部分だけを使おうとしてもかなり大きい物なのでこれもまた使えません。


Fブレーキディスクのあたりにマグネットを取り付けたいので出来るだけ小さい物が必要になってきます。

それでえらんだのがちょっともったいなかったのですが自動車整備の工具でマグネットピックアップツールと言う工具でアンテナの先に小さくて強力なマグネットが付いているものです。

それのマグネットだけを取り出して使いました。

Fディスクの取り付けボルトのヘキサゴンの穴をマグネットが入るまでリュ−ターで削ります。
(ボルトを緩める時はまた何か考えましょう(^_^;

イメージ 1





このマグネットを接着剤を塗って入れます。

イメージ 2




センサーをFフォークにタイラップで固定。

イメージ 3




そのままブレーキホースに沿ってスパイラルチューブでカバーしながらハンドル付近まで配線を持って行きます。

イメージ 4




ハンドル付近まで持って来たらFフォークのストローク分の余裕を配線にもたせます。


完成です。

イメージ 5



ホイール径設定は2パイRで計算して入力するだけでOKです!

小さいボディながらいろいろな機能が付いています。

主にオイル管理のために走行距離をチェックしていますが時計も付いていたりして便利です。

肝心のスピード表示は小さすぎて走行中は注視しないと見えづらいですが危ないので注意しましょうwww


以外と使えそうなのは最高速度表示機能が付いていてサーキットなどでストレートの最高速を計測出来ますのでラップタイムを縮めるための便利な機能だと思います。




付けた後で発見したのですがマグネットはホームセンターで探してみるといろいろな大きさや形状の商品がありますのでわざわざ工具を潰さなくてもいけそうですねwww



自転車用なので小さくて見えづらいですがヤフオクなどで送料込みで3000円以内で買えました。

大変コストパフォーマンスに優れていてこれからモタード化する方や軽量化する方にお勧めします。

この記事に

開く コメント(2)

「オフロードバイクでオンロードを極めたい」
そんな言葉がぴったりなタイヤIRCのGP210のインプレです。


Fタイヤ 
イメージ 1

Rタイヤ
イメージ 2


前回のレアル1参戦の時に使ったタイヤなんですが表題どおりほんとオンロードに特化したトレールバイク用タイヤです。

皮むきを終えて新品時の時のグリップは軽量オフ車には十分過ぎるぐらい有ります!

ステップを地面に擦るぐらいのバンク角でも安定しています。


ハイグリップSPタイヤなどと比べるとグリップレベルは低いと思われますがもともとノーマルオフ車の足は柔らかいのでそれを考えると十分なグリップです。

レアル1でハイグリップタイヤのマシンとコーナーを互角に走れたのはオフ車の長いサスペンションストロークとノーマルトレール車の安定志向のハンドリング特性のおかげでメカニカルグリップが高かったと思います。


進入ドリフトもグリップがマイルドなおかげで低速でも非常にやりやすくいい練習になります。



オフロード走行は林道みたいな所では普通のオンロードタイヤと全く変わらない感じで逆に言うとオンロードタイヤのモタード車でも固く締まった林道だとそれなりに結構楽しいペースで走れますw

こんな感じですwww





雨の路面の場合はコンパウンドが固い分ハイグリップSPタイヤの方が限界が高いと言うか接地感が有る様な気がしました。


素人の適当でかなりスポーツ走行に偏ったインプレになってしまいましたがなかなかサーキットを走る機会は無いと思いますがおとーさんの通勤仕様オフ車でも気軽にサーキットを走れてオンロードを極めれる楽しいタイヤです。

イメージ 3

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事