希望に満ちる家

フィリピン、学校へ行けない子どもたちのための学校です。

全体表示

[ リスト ]

自然の崩壊

イメージ 1サンマルティンへ
一通り学習をしたあとアクティビティーへ
先日のWEの皆様が持ってきてくださった、ピンポン玉のカップ受けをしました。
イメージ 2大きい子から小さい子までみんな楽しめました♪







イメージ 3午後から、次の訪問者と一緒に遊びに行けるかどうか、川へ様子を見に行きました。
以前遊んでいた場所は、バックホーやダンプトラックが入って採石をして、遊べる場所がありませんでした。
もう一つの場所は、乾期になって雨が降らず、藻だらけで遊べる状態ではありませんでした。
その中間、岩がまだあって川の流れのある場所に、まだまだ綺麗な水が流れていたので、ここなら大丈夫だね!と遊んでいました。
イメージ 4
丁度、岩の間に入ってこんな遊びをしている子もいました。





すると、この数分後、先のバックホーが近づいてきて、正にこの遊んでいた岩を壊してしまいました。
あっという間の出来事。
大きな岩は形を変え、水は濁り、川の流れは変わり、
子供たちと眺めながら、なんとも言えない寂しさが込み上げてきました。

もうここでは遊べません。
自然が人の手で形を変えていくことは
寂しく、人として罪の意識にさいなまれます。

以前、この村の村長は、行政に嘆願をしていました。
「私たちアエタは、自然と共に生活をしているから、その生活の場を壊さないで欲しい」
しかし、行政がそれを受け入れる訳はありません。
村長は、小さい村でありながらも、精いっぱい行政と距離をあけ、
何か支援が必要な時も、それを要求せず、抗議の姿勢を貫いてきました。

私たちはここまで文明の恩恵を受けていると、
経済の否定はできません。

しかし、自然と共に生きることに背いた時、
人間が受ける罰は必ずどこかで現れると思います。

その一つが、このアエタの人々から気づかされること。
自然と共に生きる人々がどんな生き方をしているのか。
自然と共に生きることを捨てた人々が、どう変化してしまったのか。

まだまだ上手に説明できません。
へたくそなので、聞いている人を随分と混乱させるようです。苦笑
頑張ります。
ここにいて活動をさせていただいていること、役割を全うしたいです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事