開設きっかけの過去不思議体験

すべて表示

このブログ開設にあたっての過去の不思議体験

アロハ!

初めまして、ハワイ、フラ、海大好きな プナヘレです。

まず、はじめに、この このブログ開設にあたっての不思議体験 を見てもらいたいと思います。

約8年前からフラを始めて今まで、不思議な体験を何度かしてきました。
学生の頃からハワイが好きで好きでいたのですが、
最近妙に、この不思議な体験が、心地よくて、さらに、地球の偉大さ、人のアロハな心などなどすっごく感じてきて、
記録に残していきたいなって、少しでもこの殺伐とした世界で、アロハをシェアできたらいいなって思ってブログ開設する事にしました。

今日から先の事を書いていこうと思ったのですが、今まで体験した事も最初に綴っておきたいなって。
僕にとってすばらしい体験だったので!


最初にフラを始めたきっかけは、学生の頃からハワイが好きではいたのですが、
30才すぎて、すっごくアロハな心、文化、歴史を感じたいなって思っていたときに、
今のハラウの人とであって、僕のことを話したら、
「それなら、うちのハラウに来るといいわ!ハワイの男の先生だし、色々感じられるよって」
その数日後、迷わず、今のハラウの門を叩きました、それで、すぐに入りました。
今でもフラしてますし、この出会いは僕の人生にとってすばらしい大きなものに今もなっています。

それから、不思議な素敵な体験が始まったのです。
いくつか、綴らせてもらいます。


イメージ 1 フラを始めて1年半ぐらいしたときに初めて、
ハワイの大会(Hula onie)に皆で出場しました。
その時、すっごくレッスンも厳しく土日返上で練習しました。
ハワイに入ってからも観光など一切無く(当たり前だけど)練習練習の連続でした。
大の30過ぎの男達が、仲間の女の子たちに、


「そこ、合ってない!ずれてる!曲がってる!何やってるの!!」
と、ぼろくそ?(愛はこもってますよ(笑))
言われ、僕は日本に残してきた家族が恋しくなり、
うわーーーハワイが嫌いになりそうだ〜〜〜って
いっぱいいっぱいになっていました。



イメージ 2そんな時です。もう、サンセットの時間も近づいていたので、
クムが、今日の最後のカヒコ(古典フラ)の通し練習にしよって。
皆、ハワイ、フラは大好きだが、
精神的に苦しい中での最後のOli(お祈り)が始まりました。
その中で、「He ua  He ino  He anu  He koekoe」
という歌詞があります。
そのOli(お祈り)は
「雨の中、風の中、我々はやってきました。どうかここで躍らせてください」
というお願いのものでした。
その時です、
ちょうどその歌詞に差し掛かった瞬間、
今まで晴れていたのに、
風が吹き、雨がパラパラって降ってきたのです。
もう、みんなトランスに入ってしまいました。
もう、何とも言えないあの感触!
言葉では言い表せられない、あの感じ。
カヒコの通しが終わって、クムはあたかも、
こうなるってわかっていたようなそぶりでした。
そして、みんなで綺麗なサンセットを眺めました。
何とも言えない綺麗な素敵な夕日でした。
思わず涙が、ポロポロと、あ〜〜〜やっぱりハワイが好きだ〜〜って。
イメージ 3



次に出た大会はWorld Invitationという大会です。
この大会もすばらしい体験をしてきました。
そのときはハワイのテレビにも出演してきちゃいました。
そのときの写真も載せておきます。
イメージ 4イメージ 5






話はフラでなく、家族での出来事です。
ハワイに行ってもそうですが、日本でもまったく同じ不思議な体験をしました。
ハワイでと、日本の海でまったく同じ体験です。
僕は、必ず日本でもハワイでも海に遊びに行ったら、帰る時に、
「今日は、楽しく、気持ちよく、安全に遊んでくれて有難う!海の神様。
又来るから、その時まで、待ってってね。」って
息子に教え、家族みんなでおじぎをして帰ってきます。

まず、日本の、房総のとある海での帰り際で、息子6歳の海斗と僕の会話。
私 「さぁー海斗、そろそろ帰ろうか?夕焼けになっちゃってるから、ママと怜海も寒くなっちゃうから。」
海斗「うん、帰ろうか、パパ。でも、今日は波が小さくて少し寂しかったな。」
私 「今度来た時、あるといいね。」
海斗「最後に小さい波1回だけど見てから帰ろう。パパ」
私 「うん、1回だけね。今日のお礼も海さんに言っておこうね」
海斗「今日は、どうもありがとう、海さん!今度来た時は、波でいっぱい遊びたいです。」
私 「本当に、海さん、素敵な時間今日もありがとう」

ちょうどその時!
今日の今まで、そんな波1回も来てないのに、いきなり波打ち際にいる二人は、
胸近くまでの波を突然かぶったのです。
二人は、目が点!

海斗「うわーーーー海の神様が今日の最後にくれたんだね。返事してくれた。ありがとう」
何とも言えない幸せでした。
何より、息子が純粋に発してくれた最後の言葉に感激でした。

イメージ 6同じ経験が家族で行った去年の11月のハワイ旅行でもありました。
その日は、朝からすっごい雨で、どうしようかとレンタカーでうろちょろ。
もしかしたら、ノースの方とかワイアナエの方なら晴れているかもって。
それで、車を走らせました。
ワイアナエで晴れていたので、家族で海でたわむれて遊んでいました。
膝ぐらいのとこで、波遊びを息子としていました。
そろそろ帰ろうかっていうので、いつものように海に向かってお礼を言ってお辞儀をした時です。
波打ち際に立っていたのに、腹までの波をまたしてももらいました。
その波が、不思議で、自分達の横10Mぐらいの幅しか波が立たなかったのです。
息子の海斗が
「ハワイの海にも神様はいるね」
幸せな時間でした。

イメージ 7その翌日のノースのワイメアからの帰り道での出来事です。
すっごく夕日が綺麗なので、ちょっと車止めて見ようかってことになりました。
赤土の道に端に車を止め、僕は運転席から最初に下りました。
そしたら、うわーーーーーって思うほど、足の方から温かいものを感じるのです。
すっごく幸せっていう感じがしてきました。
女房も子供も義姉もみんな下りて来ました。
義姉「すっごい綺麗!写真撮ってあげるから夕陽バックに並んで」


っと義姉が、言ってくれました。並んで撮ってもらう時です。


イメージ 8義姉「うわーーーーー何か写る〜〜〜、うわーーーーーー」
妻 「うわーーーーーーーー」
私 「なに?ーーーー」
妻 「石が足に飛んできた〜〜〜〜」
車や人など僕ら以外はそのときいないのに。
デジカメの画面を見たら、白い丸いのがいっぱい写っていました。
不思議でした。でも、すっごくみんな、なんだか暖かい気持ちになれたし、
素敵な幸せな夕陽を見た時間だったと。




イメージ 9その白いのは以前にも、ハワイにいった時、写ってことがあります。
家族で夜、外で、アイスをMaunaloaのKa LOKEを聞きながら、
気持ちよく食べていた時にも写ったことがあります。
帰って、写真に詳しい人に聞いたら、
良いものなんだよって、精霊たちによる歓迎のとかの意味を表す時に出るんだよって。






イメージ 10このハワイ旅行は、去年のゴールデンウィークに僕の母が亡くなり、
それまで2年半ずっと母の力になり、自分を犠牲にしてまでも母のことを助けてきてくれた
妻への感謝を込めての旅行でもあったので、妻にも素敵な経験を与えてくれたハワイに感謝です。

実はその日の夜に、不思議なことが、また一つ。
海斗がどうしても、この亀のぬいぐるみが欲しいって言って聞かないのです。
根負けして、買ってあげたのですが、


「この亀は63歳なんだよ」って海斗が。
妻と二人で、ドキってしました。母が亡くなった年齢が63歳。
母の年齢など知る由もない息子は、すっごくおばあちゃん子だったのは確かですが。
その夜ホテルのベットで、亀のぬいぐるみを抱きしめながら寝ている息子見て胸キュンでした。




また、話は戻して、フラでの体験です。
先月僕らはTDLにフラで出演した時の話です。
その時、僕らの仲間で、ファーストステージの人がいました。T君です。
T君は40歳で、仕事が終わってから1時間半掛けてレッスンに通っていました。
約半年前ぐらいに入った新人君です。
このTDLでは、楽器を使ってフラをします。(プイリとウリウリ)
しかも4曲も。新人にはきついなって思っていました。
でも、T君はレッスンも休まず、自主練でも、電車のぎりぎりまで頑張っていました。
自分より年下にあ〜でもないこ〜でもないってしごかれて、振りも覚えられず、
嫌になったこともあっただろうに。フラ辞めようとも何度も思ったそうです。
そんなこんなで、ステージ当日を迎えました。
その出演10分前にハプニング発生!
なんとT君は間違えて、衣装のレイを切ってしまい花びらが100枚ぐらい取れてしまったのです。
フラの振りで頭いっぱいなのに、レイが・・・・・
でも、誰一人責める言葉どころか、みんな平気な顔して、
大丈夫、平気って言って10人で一斉に直してしまったのです。
そのときも、みんなが自然とポジティブなことのみしか言わず、
みんなのマナ(魂、気持ち)をT君のレイに入れてあげようという気持ちのみで
なんなく切り抜けたのです。
ステージが終わった後、T君から聞いたのですが、
ステージの前に、噂の?ボーイズアロハスプリットに触れて、目頭を熱くしていたそうです。
これで、T君もフラ、ハワイはまり組のひとりです。



今までの体験をいくつか抜粋して綴ってきましたが、
フラ、ハワイ、地球、自然、人の偉大さ、暖かさなど、
今まで僕が感じてきた事が伝わりましたでしょうか?
このような事が多々あるために、ブログを開設しようと思ったのです。

フラって、ハワイって、地球って、ハワイが嫌いになりかけた時、人を嫌いになりかけた時、
何か大事なものを見失いかけた時など、それを覆す為の出来事を起こしてくれている感じがしてなりません。
そんな体験をこれからも感じていきたいなって思います。
常に感謝の気持ちを持って暖かく生きたいなって思います。


長い初め書きを最後まで読んでくださってありがとう。
Mahalo nui loa!

これからも宜しくお願いします。この先も体験したこと感じたこと綴っていきますね〜。

.


みんなの更新記事