全体表示

[ リスト ]

テーカン・ワールドカップ / TEHKAN World Cup


■テーカン(現テクモ)
■1986年
イメージ 1

イメージ 2 イメージ 3


















『テーカン・ワールドカップ』とは、テーカン(現テクモ)が1986年に発売したサッカーを題材とし
たゲームだ。日本のサッカーゲームでは初めてトラックボールを採用し、当時としては珍しい対戦を
意識した作りの専用筐体で発売された。今のサッカーゲームのように選手ごとの能力の違いやフォー
メーションもなく、ルールもすごく曖昧でシンプルな作りだったが、トラックボールの動きがその
まま選手の動きに反映される斬新なシステムで、実際にサッカーをしている感覚を強く味わえる画
期的なゲームだった。

ゲーム内容は、当時主流だったトップビュータイプの視点で、トラックボール+1ボタンの簡単操作で
遊ぶことができる。プレイヤーは、巧みにトラックボールで選手を動かして縦横無尽にピッチを駆け
巡り、相手選手をかわしてタイミングよくボタンを押して強烈シュート。ゴールを決めたときは最高
のカタルシスが得られた。

このゲームは、コンピューターを相手に1人でも遊ぶことが出来るが、最大の魅力は対戦プレイだろう。
最初は顔見知りとの対戦が主流であったが、対戦が流行するにつれ、さまざまなテクニックが開発さ
れると、このゲームの対戦の奥深さに魅了される人が続出した。身内同士で切磋琢磨した集団(クラ
ブチーム)は、隣町の最強を自負するクラブチームと対戦。ちょっとした対戦ブームは全国へ飛び火し、
それまでのゲームセンターでは馴染みの薄かった対戦プレイの定着に大きく貢献した。

サッカーゲームは、ハードの進化と共に、よりリアルな方向へと向かうのと同時に操作が複雑になって
いったが、このゲームほど簡単な操作でサッカーの醍醐味が味わえ、ドリブル突破が面白い作品はな
いだろう。数あるサッカーゲームの中でも最高傑作だと挙げるゲームマニアも少なくない。今でもそ
の輝きは色褪せることなく、多くのプレイヤーを魅了し続けている。

この記事に

開く コメント(9) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事