かごしま検定をめざす鹿児島案内

かごしま検定(マスター)合格者が鹿児島を探求します

全体表示

[ リスト ]

鹿児島県の人口の動向

鹿児島県の人口の動向


1 総人口
(1)これまでの経緯
\鏝絨豐咾靴徳加し、ピークは昭和30年(1955)の204万人であった。
高度経済成長期には、大都市への若年層を中心とした転出増加により人口減少が続き、昭和47年(1972)には171万人まで落ち込んだ。
その後は増加に転じ、昭和60年(1985)には182万人まで回復したが、再び人口は減少し続け、現在に至っている。

(2)最新の人口動向について(平成21.3.1現在 県による記者発表資料)
 。碍遑影現在、1,717,486人(男801,225人・女916,261人)で前月に比べて902人減少し,前年の同月と比べて11,430人減少。
∪ぢ喊瑤錬沓械粥ぃ坑坑契ぢ咾覗扱遒鉾罎戮藤僑毅粟ぢ咾慮詐,前年の同月と比べて2,974世帯の増加となっている。

※鹿児島県毎月推計人口調査結果(平成21年3月1日現在)による。


2 高齢人口
(1)推移
・鹿児島県では、65歳以上の人口の割合は、長年にわたる若年世代の県外転出の影響で、常に全国を上回ってきた。

(2)データ(全国との比較)
・平成2年以降の国勢調査結果により、全国と鹿児島県の推移を比較すると、
平成2年 全国12.0% 鹿児島県16.6%
平成7年 全国14.5% 鹿児島県19.7%
平成12年 全国17.3% 鹿児島県22.6%
平成17年 全国20.1% 鹿児島県24.8%
となっており、平成20年の鹿児島県統計課の鹿児島県年齢別推計人口調査結果によると、26%にまで上昇している。

(3)100歳以上長寿者数(平成20年9月30日現在 県長寿社会課のデータ)
人口10万人当たり、全国28.39人に対し、鹿児島県は46.99人と、全国第5位となっている。

(4)平均寿命(平成17年)
―性:全国85.52歳、鹿児島県85.70歳
男性:全国78.56歳、鹿児島県77.97歳
となっており、女性はわずかに全国を上回り、男性は全国を下回っている。

(資料は、県長寿社会課発表のもの)


3 出生率(平成19年)
出生率(人口千人当たりの出生数)は昭和22年〜24年のベビーブームをピークに低下を続け、平成19年は8.7で、昭和35年(19.3)の2分の1以下になっている。また、1人の女性が一生の間に生む平均子ども数の指標に用いられる合計特殊出生率は、平成19年で1.54となっており、横這いで推移している。


4 鹿児島県の市町村の合併と人口
平成16年10月の1市4町4村の合併により発足した薩摩川内市以降、12の市、6の町が新たにスタートしている。

人口3万人以上の市は、次の12市である。
・鹿児島市 604,348
・霧島市  127,390
・鹿屋市  105,697
・薩摩川内市 101,578
・出水市 57,444
・日置市 52,015
・奄美市 48,977
・指宿市 46,386
・曽於市 41,879
・南さつま市 41,302
・志布志市 34,523
・いちき串木野市 32,711

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事