ここから本文です
Time Tripper Blog
Here We Go Again

書庫全体表示

イメージ 1

 
一時程の盛り上がりではありませんが、実はこっそりとピンボールを作り続けています。
といっても本格的なものではなく、小学生の夏休みの工作程度です。

一応、色々なサイトから本物のピンボール筐体の設計図(メンテナンスマニュアル)を手に入れて、
どういう作りになっているのかを分析中です。
よくよく観察してみると台の設計にはある種の黄金比率があるように思います。

この主のゲームは必ず負ける仕掛けですが、負け方をどう見せる(演出)かがポイントです。
つまり簡単にフリッパーの間をボールが通り抜けては面白くないのです。
が、いつまで経っても決着が付かないのも飽きてしまいます。
まさに落とし所が肝心なわけです。

本物の筐体には色々な電気的仕掛けが施されていますが、一気にそこまで作るのは当然ムリです。
まずは台の単純な面白さを探してみようと思っています。
何せ前回のLEGOピンボールでも相当遊んでしまった私ですので、おそらくそれで十分満足するでしょう。

写真のとおりのテスト筐体は単なる木箱です。実はそうめんの箱です。
フリッパーはかまぼこの板を削ったものです。
ボールはオモチャのボーリングの玉です。(つまりパチンコ玉)
いつものとおり何ともみすぼらしい工作です。

一応、ボールの大きさに合わせて全体を縮尺し、ピンボール台の王道的な比率を意識しています。
後は役物をどう配置するかですが、今のところ未定です。

最終的にはパソコンとI/Oインターフェースを取れれば電飾化も可能かと思います。
そちらの筋は別途調査中です。

おそらく、秋まで長い工作になるでしょう。

この記事に

  • 顔アイコン

    ミニピンボールマシン、これは面白そうですね。
    おっしゃるようにピンボールをはじめパチンコ台、スマートボール台等、独特の黄金比率があるのかもしれませんね。ピコピコと球をはじくモノ、フリッパーと称すること初めて知りました。フリッパーという名のイルカが出演する番組が昔あった記憶が・・・・
    大昔、パソコンのI/Oバスを使用して外部機器を制御していたことを思い出しました。

    こたろう

    2008/7/9(水) 午前 0:12

    返信する
  • 顔アイコン

    こたろうさん、計画では実物大を作るつもりだったのですが、
    家族から「どこに置くの?」の一言でこんなに小さくなってしまいました。
    この設計、なかなか置くが深いですねー。立体交差が出てくるとなお更です。
    パソコンのI/Oに安価なUSBインターフェースを見つけていますが、もっと簡単にはキーボード、プリンターポートが使えるかと思います。
    まーゆっくりやります。

    TimeTripper

    2008/7/9(水) 午後 7:11

    返信する
  • 顔アイコン

    「何処置くの?」我が家もオンナジです…。ミニサイズでも音を入れたり、電磁版で弾いたりするとケッコウ遊べそうですね。「フリッパー」ボクも知りませんでした「わんぱくフリッパー」なら、こたろうさんのように知ってました。

    kak**uki*3

    2008/7/9(水) 午後 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    さとちゃん、フリッパーって「Flipper」ってダイビングの足ひれともいいますねー。まーどっちもパタパタするものってことでしょう。
    とにかく、環境に配慮し(制約され)「こんなにちっちゃくなっちゃいましたー」って感じです。

    「わんぱくフリッパー」こちらで見れます。懐かしいですね。
    http://jp.youtube.com/watch?v=ABYyvnY6Alk
    たぶん知らない人の方が多いでしょうねー

    TimeTripper

    2008/7/9(水) 午後 8:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事