全体表示

[ リスト ]

東電OL殺人事件現場・渋谷道玄坂地蔵(渋谷区円山町)。

前回の東京の出張先は渋谷でした。浅草の「麦とろ」でランチの麦とろご飯を食べた後、私は地下鉄銀座線で渋谷に移動しました。


会議までまだ少し時間があったので、以前から気になっていた所を散策しました。いえ、今回は史跡散策というより現場検証と言った方が良いでしょう。興味のない方は、読み飛ばして下さい。


気になっていたことは、あの「東電OL殺人事件」です。この事件は12年前の1997年(平成9年)3月8日に起こりました。もっとはるか昔のバブル期に起こったような気もしていたのですが、ほんの12年前のことでした。私はこの道玄坂周辺の土地勘がけっこうあったので、当時事件が人ごとだとは思えなかったのです。一度現場を歩いてみたいなと思いながらもずっと忘れていました。今回、思い出したので歩いてみることにしました。


今回の検証は、2003年(平成15年)に出版された佐野眞一氏の「東電OL殺人事件」(新潮文庫)を参考にしています。


この事件は、東京電力に勤めるOLの渡辺泰子さん(当時39歳)が、渋谷区円山町のアパート喜寿荘の101号室で殺害されたというものです。K女子高ーK大学経済学部ー東京電力というエリートの経歴を持つ彼女が、売春をしていたと言うことで当時大きな話題になりました。佐野氏の著作でもその動機がどこにあるのか考察されています。しかし、そこは深い闇で分りません。12年もたってしまってますが、彼女の歩いた跡をたどって彼女が見たものと同じものを見て、少しでも彼女の気持ちに近ずけないかなというのが今回の目的です。


彼女は、新橋で昼の勤務を終えると地下鉄銀座線で渋谷駅まで移動しました。通常ならここで井の頭線に乗り換えて、自宅の西永福駅まで帰ります。ところが、1992年(平成4年)頃から円山町で売春をはじめていたといわれる彼女の帰り道はこれとは違うものでした。


彼女は渋谷駅を降りると、まず「渋谷109」に行きました。下の地図を見てください。ここで夜の衣装に着替えると、なだらかな道玄坂を登っていきました。





写真は「渋谷109」です。ここを右に行くと文化村通りです。左に行くと道玄坂です。彼女はここを左に道玄坂を登って行ったわけです。

イメージ 1

イメージ 2



現在の道玄坂です。なだらかな坂がしばらく続いてますね。

イメージ 3

イメージ 4







5分ほどで道玄坂上に到着です。右手に交番があります。ここを右に行くと円山町のラブ・ホテル街に入るわけです。私は道玄坂を真っ直ぐ進んで、そこから坂を振り返ってみました。

イメージ 5


ここは事件当日の3月8日、サンドイッチマンのH氏が立っていて、夜の10:30から11:00の間に彼女を目撃した場所です。客引きをしている彼女の姿を見ながら向かいのコンビニ(ファミリーマート)の時計をみたので間違いないようです。時計を見るのが習慣だったようです。
そのコンビニです。奥に掛かっている時計も見えますね。

イメージ 6








私は交番を曲がって神泉駅に向かいました。

イメージ 7

イメージ 8



しばらく行くと右側に「金井青果」がありました。

イメージ 9



「金井青果」の主人K氏も彼女の目撃者の一人です。事件当日、夜の10:30頃、後ろ姿を見ていつもの女の人がいるなあと思ったそうです。







「金井青果」から坂を1分ほど下るとそこが神泉駅です。トンネルから出てきた電車はトンネルの中にある神泉駅に入っていきます。その谷間に踏切がありますね。

イメージ 10






その神泉駅の踏切を渡って5メートルと離れていないところにある古ぼけたアパートが喜寿荘です。地下には「まん福亭」という飲み屋があります。彼女は喜寿荘101号室で何者かに絞殺されたのでした。
いまだに当時のままアパートは残っていました。私はここまでは来てはいけないような気にもなりながら、101号室の前まで行きました。そして彼女も触れたであろうドアのノブを握ろうとしました。ところが部屋の内部に明かりがついていました。現在誰か住んでるんですね。私はノブを握るのは止めました。現在居住している人のプライバシーの問題もあります。これ以上の詳細な写真掲載は止めます。

イメージ 11




喜寿荘の地下にある「まん福亭」です。事件当時もあったようです。半地下形式の小さな飲み屋です。チャンスがあれば飲んでみたいですね。右側が喜寿荘の一階の階段です。階段を登ったすぐ左が101号室です。

イメージ 12


この喜寿荘の前に彼女の最後の目撃者がいました。S氏は事件当日、父親を迎えに車で「まん福亭」に来ました。S氏の父親はタオル業を営み「まん福亭」は得意先だったようです。夜の11:10分頃、「まん福亭」の前に車を停めて父が店から出てくるのを待ったようです。父が店から出てくるまでのしばらくの間近くのコンビニに行ってたりしたS氏は、車に戻ってきた11:45分頃、喜寿荘一階入口の前で彼女と東南アジア系の男が話しているのを見ました。そして、その時刻が彼女がこの世で最後に目撃された時間となったようです。
この辺りのことは、佐野氏の著作「東電OL殺人事件」の中で詳細に検証されています。けっこう興味深いです。




喜寿荘のすぐ隣が粕谷ビルです。写真の喜寿荘の向こう側の白いビルです。粕谷ビル4階の401号室に、犯人とされたネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリが住んでいました。ゴビンダは一審は無罪となりましたが、控訴審で無期懲役になり、現在再審請求中とのことです。当時、喜寿荘101号室の鍵を持っていたこともあって限りなく疑わしいのだけれども、動機的にも時間的にも整合性がうすく冤罪ではないのかと言うのが佐野氏の主張です。私もそのような気がしています。
ネパールで家族が待つ中、もう12年も日本で収監されているわけです。

イメージ 13







しばらく円山町を歩いていると偶然に遭遇しました。道玄坂地蔵です。円山町の中心と言える場所にありました。

イメージ 14


この地蔵の前に立って彼女が客引きをしている姿が目撃されています。彼女を供養してか、唇にルージュが引かれていました。

イメージ 15

閉じる コメント(20)

読んでると、気分は探偵になっていました。(^^;ゞ

この事件、覚えています。

エリート人生の女性が…

色々と考えさせられますね。。。。。

2009/11/3(火) 午後 11:33 glorialphard

顔アイコン

glorialphardさん:H氏、K氏、S氏の目撃証言は公判でなされました。これで当日の彼女の行動がかなり分りますが、11:00から11:45までの45分間、彼女を目撃してる人がいないんですよ。謎の45分間です。ここで犯人と思われる東南アジア系の男に彼女は出会ったんですね。

2009/11/4(水) 午前 0:55 kaientai1867

すごいレポです。
この事件、うっすらですが記憶にあります。
というのは、彼女がエリートでありながら売春をしていた ということにすごく衝撃を受けました。
あと思うことは、殺害された方、被害にあった方などの過去や、その時のこと、現在何をしているかなど。プライベートなことまでTVや雑誌で公開されてしまうことに疑問を感じてしまいます。
今TVで騒がれている女子大生殺害事件についても同じで、
彼女はキャバクラ?でバイトしていたそうですが、そういう関係のないことまで報道されてしまうのもなぁ、なんて思いました。

この事件はまだ解決されていないのですね。
犯人とされる外国人、本当の所どうなのでしょう。
アパートに人が住んでいるというのもびっくりしました。
幽霊など 出ないのかしら?^^;汗
私のバイク友が昔 墨田区向島で 古いアパートに住んでたのですが
彼の隣の部屋は 出たそうです^^;
そのたんびに隣の部屋の住人が変わったそうです(引っ越しあり)

すごい細かなレポに 大ポチ☆

2009/11/4(水) 午前 11:08 [ ]

顔アイコン

渋谷は横浜に住んでた頃によく遊びに行きました。
そしてこちらに戻って来てから某アイドルのライブが渋谷ON AIRであり
出掛けたのですが、小田急で下北沢に着いた時、2時間位も時間が余ってしまったので
下北沢から渋谷に向かって井の頭線沿いに歩いて行きました ( ^∇^)
その時に松涛の公園で一休みしてからここのアパートの前を通り
神泉駅横の踏切を渡ってkaientaiさんとは逆のルートで道玄坂に行って、
交番付近からON AIRを探しました。今地図を見ると神泉駅を通らずに近道で行けますが、
突然歩いて行く事にした為、地図ももらった渋谷駅からの案内図しか持たず
勘だけで歩いてましたので。
で、この事件を見た時に前を通ったよ。と、親近感が湧き僕も覚えてました。
一回通っただけなのに。 (;^∇^)

2009/11/4(水) 午後 0:10 茶美王

顔アイコン

みなみさん:この事件はいまだに人々の心を惹きつけてやまないところがあるようですね。当時、年収が1,000万円ちかくあった彼女が、経済的な理由からやったとは思えませんね。まさに心の闇ですね。
加熱するプライバシー報道に対したまりかねた彼女の母親がマスコミに訴えましたね。「娘は人様に話せないことをしていたようで心からお詫びしたい。しかし、それでも娘はあくまで事件の被害者です。殺人者の手によって命を落とし、社会的には十分すぎる制裁を受け、償いと言うにはあまりに大きな償いをしています。その上、どうしてここまでプライバシーの及ぶことを白日の下にさらされなければならないのでしょうか。これ以上の辱めをやめて、娘をそっとして安らかに成仏させて下さい」
マスコミはこれで一斉に沈黙しましたね。
佐野氏が喜寿荘の101号室を訪問した時もすでに居住者がいたそうです。佐野氏は取材したそうです。「気味が悪いことは確かです。そして鏡だけは絶対に置かないようにしている」と住人は答えたそうです。
墨田区の向島のアパートに出ましたか(笑)?向島も面白いところですよね。私も散策しました。また記事にしますね。

2009/11/4(水) 午後 8:25 kaientai1867

顔アイコン

茶美王さん:下北沢から渋谷まで歩かれましたか?井の頭線沿いですね。面白いルートです。私も歩いてみたいですね。松涛の公園は小さな公園でしたか?鍋島松涛公園ではないですよね?それにしても、道玄坂に出るためには松涛方面からはいくつも道があるので、特に神泉駅前の踏み切りの道を通ることはありませんよね。詳しい地図を持たずに勘だけを頼りに歩いていたら、偶然このアパート喜寿荘の前を通って神泉駅の踏切を渡ったのですね?そしてたった一回しか通っていないのに、その時のことを鮮明に覚えている。もうこれは茶美王さんが彼女に導かれたとしか考えられませんね(笑)。私も井の頭線はよく使っていたので、生前の彼女とはすれ違ってるかもしれません。他人事とは思えない感じです。

2009/11/4(水) 午後 8:49 kaientai1867

そんな事件ありましたね!

当時僕はまだ20代でしたが、残念ながら詳しく覚えていないんです・・ごめんなさい!

109の右の道にあるヤマダ電機には仕事の都合で買い物しに行きます

2009/11/4(水) 午後 11:51 錦乃助

顔アイコン

井の頭線を目印に歩いて駒場野公園で一休みして、さらに渋谷に向かう途中で
山手通りを渡った所で井の頭線から離れてしまい、偶然通り掛かったのが
確か単に「松涛公園」と言う名前だったと思います。電柱の住所表示を見て
ここが高級住宅地の松涛か、と認識しました。
そして井の頭線があると勘で思った方向に歩いて行ったらこのアパートの前を
通り、神泉の駅の横の踏切を渡って、手持ちの案内図に載ってる道玄坂に出ました。
僕がここを通ったのは事件の何年も前の事で、ニュースを見て、ここ通った所だ
とビックリしたのです。

2009/11/5(木) 午前 0:28 茶美王

顔アイコン

錦乃助さん:当時20代でしたか?それは若いですね。事件のあった1997年と言うと金融不安もあって景気が冷え込んだ時期でしたね。この事件が起こった時、その現場が自分の知ってる地域だったので驚きました。またマスコミの加熱報道も凄かったですよ。

2009/11/5(木) 午前 0:28 kaientai1867

そのような事件もありましたね。
真犯人は別にいるのか…釈然としないところも確かにありますね。
道玄坂にもお地蔵さんがいらっしゃったなんて、知りませんでした。

2009/11/5(木) 午前 7:15 [ ぬまちゃん ]

顔アイコン

茶美王さん:茶美王さんが歩かれたルートはだいたい分りました。下北沢から渋谷へ向かうルートは面白そうですね。たぶん、「松涛公園」と言うのは「鍋島松涛公園」だと思います。高級住宅街の松涛のど真ん中にありますね。江戸時代は紀州徳川家の下屋敷があり、明治時代になって佐賀の鍋島家が買い取り、その後東京都の公園になったようです。なかなかの歴史スポットですね。今度行ってみようと思います。
それにしても「鍋島松涛公園」から道玄坂に至るのには色んな道がありますね。その中で、喜寿荘の前を通って神泉駅の踏み切りを渡ったのは偶然ではありませんね(笑)。さらにその場所が強く印象に残り、事件のニュースを見て驚かれたとのこと、ただ事ではありませんね(笑)。だいたい、初めて通られた道ですからね。不思議です。

2009/11/5(木) 午後 10:35 kaientai1867

顔アイコン

ぬまちゃんさん:佐野氏の著作を読むと、ネパール人のゴビンダはやってないように思えます。冤罪だとしたらもう12年も収監されているわけです。どうなるんでしょうか?300年前の江戸時代からあるお地蔵様のようです。

2009/11/5(木) 午後 11:01 kaientai1867

顔アイコン

今回の記事は、推理的な要素が主題なので、いつもとは違う角度で写真を見つめていました。
上のリコメにあった、
「娘は人様に話せないことをしていたようで心からお詫びしたい。しかし、それでも娘はあくまで事件の被害者です。殺人者の手によって命を落とし、社会的には十分すぎる制裁を受け、償いと言うにはあまりに大きな償いをしています。その上、どうしてここまでプライバシーの及ぶことを白日の下にさらされなければならないのでしょうか。これ以上の辱めをやめて、娘をそっとして安らかに成仏させて下さい」
→ご家族の本心の気持ちが、こめられているようで、心に響くと同時に、事件をよりリアルに感じました。

2009/11/10(火) 午後 7:48 Festiva

顔アイコン

Festivaさん:彼女のお母さんのコメントを読んで私も心を打たれました。母親と家族の気持ちとして、娘のことはそっとしておいてほしいという気持ちは心の底からの本心ですね。確かに、命を落とすというこれ以上にない償いをしてますね。
私としては、渋谷とか西永福町とかあまりにも良く知っている所で起こった事件だっただけによけいに衝撃的でした。この事件のことはずっと忘れていましたが、何かの機会にフッと思い出しました。そこで佐野眞一氏の著作を読んでみたのです。佐野氏も詳細に調べていました。私もいっそう現場を歩いてみたくなりました。歩いてみた結果は
、多少なりとも彼女に近ずけたかなあという感じです。

2009/11/10(火) 午後 11:55 kaientai1867

顔アイコン

今日ニュースになったので色々調べていました。なぜ彼女は殺されなければいけなかったのでしょう…。お金目的…? 拒食症とか聞いて…心の病を持つものとして、今まで生きても地獄だったろうにと思います。ご冥福をお祈りいたします。

2011/7/21(木) 午後 6:58 [ えびね ]

顔アイコン

えびねさん:コメントありがとうございました。彼女がなぜこのような行為をしたのか本当に謎です。「心の闇」としか言いようがありません。
ゴビンダはおそらく冤罪です。だからこの事件は再び脚光を浴びることになるだろうとは思っていました。

2011/7/21(木) 午後 9:32 kaientai1867

顔アイコン

こんにちは。はじめまして。昨夜、報道ステーションの『東電OL殺害事件の闇を追跡…14年目の新証言揺らぐ有罪の決め手』を見ました。この事件の事は記憶の片隅にありました。渋谷にはよく食事に行きます。この事件現場はどこにあるのか?実際に見てみたいと思いました。ネットでキーワードを入れて検索していたら、このブログに辿り着きました。ブログを読ませて頂き、道玄坂からの写真を見て、自分の行動範囲の少し外れた所に殺人現場があったんですね。
機会があれば、現場を訪れてみたいと思っています。 削除

2011/12/9(金) 午後 0:58 [ TOKYO JAWS ]

顔アイコン

TOKYO JAWSさん:はじめまして。私も昨夜の報道ステーション「東電OL殺害事件の闇を追跡・・・14年目の新証言揺らぐ有罪の決め手」を見ました。私もこの事件のことが心の片隅に残っていて、忘れ物を探すように衝動的に佐野眞一氏の「東電OL殺人事件」を読み、とにかく現場を歩いてみました。事件から12年目の一昨年2009年10月のことです。今もほとんど当時のままでした。当日の電車の時間を考えると、物理的にゴビンダがやったとは考えにくいですね。新証拠が出てきたのだから再審をやるべきですね。検察は間違いを認めたくないでしょうけどね。TV朝日もネパールにまで取材に行ってこの事件に対してやる気を感じますね。ぜひ現場を歩いて見て下さい。

2011/12/9(金) 午後 8:41 kaientai1867

顔アイコン

遅ればせながら、ゴビンダ氏の無罪確定おめでとうございます!やはり別の犯人がいるのです。 削除

2012/11/30(金) 午後 9:18 [ タドゥ ]

顔アイコン

タドウさん:ゴビンダ氏やっぱり無実でしたね。

2012/12/1(土) 午後 9:36 kaientai1867

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事