ユックリは やはり出来そうにない❗️

2014.12.19(金) 晴れ
 
底冷えのする寒い朝、
議長への要望書を作成を済ますのを待って,Aさんのが待つ 喫茶店Rへ。
 
大した話はない、来年2月2日から3度始まる直接請求署名活動に、ある店舗の適当な場所をお借りする話を進めることになったが、さて結果はどうだろうか?
 
議会事務局に行って、議長あての作成した要望書を手渡した。 その内容は、下記の通りである。
 
尾張旭市議会
議長 伊東憲雄 殿
 
陳情16号及び21号を今12月議会において採択されました。
 
此れは議会の総意として、市民との対話並び議会有り方検討会で行われた議員定数に関するこれまでの討議の経過や各議員の考えを市民に知らせることに同意したもので有ります。
 
しかし、これまでと同様に、同意しただけで先延ばしにしてはなりません。 
尾張旭市では、すでに、市民による「議員定数2名削減直接請求署名」が行われている最中でもあり、当然来年4月行われる地方統一選挙に間に合うように対処するべきだと考え、次の通り要望いたします。
 
・ 議員定数2名削減し19議席にすることに対する各議員の此れまでの考え、並び今回の陳情や市民による「議員定数削減直接要求署名」を受けて、どう考えるのか?
 
・各議員に、アンケート方式で、意見を求め、来春の広報に間に合わせて下さい。
 
以上
 
平成26年12月19日
尾張旭市会議員
松 本 和 夫
 
 
事務局より電話連絡を受けて、議長を始め副議長、事務局長、補佐、合わせて5人で対話をした結果次の様になった。
 
1. 来週 陳情者と面談予定で有り その上で考えたい。
2. 直接各議員のアンケートはとれませんので、それを新春の広報に載せる
   ことはありません。
   「直接請求署名の署名」が規定を超えれば、議会が20日以内に開かれ
   るのでその時には、各議員の考えが分かる。
 
個別に、他の議員と話し合うのは別問題! との認識を得た。
陳情者と対話の結果を期待して待つところですが、1月中陳情に対する対応がなされなければ、現議員の責任が果たされないことになるのではないだろうか?
 
 

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事