昨年度 2015年度 税務申告を行おうかと!

2016.2月13日(土曜) どんよりとした 不気味な曇り

今年初日から昨日まで 一貫して下げ続け 昨日は 今年の最安値を更新し、1年4ヶ月振りに最安値を更新した。  よもや16,000円は割らないと思われたが、休日を経て昨日金曜日にはあっさりと15,000円を割った、そんなショックがまだ冷めないところですが、

今年の税務申告のために、取引証券会社各社より 明細が来ておりますので、簡単に 取引金額並び 損益を 掲載します。

取引先          売却金額            購入金額 + 手数料               損益

H  証券     617,008,460円          577,123,861              39,884,599
R  証券     178,530,950              168,913,411               9,617,539
D  証券   明細を見ていない、本年 投信売却損失凡そ1500万確定した
A  証券         1,757,000                  1,152,446                 604,554
T  証券   取引なし(明細なし 前期からの➖多くあり無視)
S  証券   取引なし  (明細あり 実質 45% の➖ なっている)
! 証券     取引なし  (明細なし 前期からの➖多くあり無視)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                   凡そ 50,000,000円

この売買利益に、受け取り配当金が加算され、そのトータル金額に、およそ21%の税金が課されます。
     
今年度も、既に3、000万円を越す利益を計上していますが、 年初から株価急落により、平均購入価格は、現時点において、随分と高いものになり、売却すると ➖となる為、今後 株価の回復が無い限り、今年の取引による税務申告では 税金を支払うだけの利益が望めないと考えます。

しかし、今後の展望として、現在の株価は売られ過ぎであり、今後、再び株価は上昇するものと考え、今期相当の税金が 国家に収められるものと考えています。

ちなみに一昨年は、市会議員としての責務を全うする為、株式を見る余裕がなく、およそ200万円程度の損失を計上しました。株取引は、株式を保有する会社の内容を、全て把握できるものではなく、時としてすぐに対応する、商機というものがあり、拘束されていると、それに対応することは不可能です。
4年間収入を犠牲にしましたが、それ以上に価値のある勉強をさせてもらって、人のためになる力を得ましたよ。こんな機会を与えてくれた、市民の方々には感謝しないといけませんね。

したがって、とりわけ 公職に就くものは、株取引には十分な対応ができませんですね。

今の私は、 そうした 拘束から解放され、自由に行動出来、必要に応じて、気軽に売買ができるので、当然 利益を確保できる機会は十二分にあるということです。 

よって、利益を得て当たり前なのですが、年初来の一方的な暴落には、ほとほと 閉口いたしました。
週明けには、オイルの高騰を受け、米国市場の株価も上昇しましたので、日本のダウも上がるものと考えますが、 続騰すると考えるのは、まだ 時期尚早とも 言えますね???

それは一般論であって、ダウを買っているのではありません、 
個々の会社の株を買っているので、その会社の内容によって、株価が高騰するものもあれば、下がってしまうものもあります。
この会社は 夢がある と思って買った株、ここは優良会社で、しかも今期も来期も上げ潮ムードだとして買った株など様々です。
 
私の読み通り、投資した限られたいくつかの会社は、私の期待に沿ってくれるだろう! そう信じて、

楽しみにしていますから、 
がんばってください、お願いしまーす。



その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事