尾張旭市議会議員の選挙戦は 民意である「議員定数を15人以下」にする議員をつくることにあるはず!

2015.4.25 (土)晴れ

PEACEウイング、PEACEウイング号運動の松本です。

今日最後の選挙戦では

    松本和夫 私1人
      VS
    他20人未定議員

前面に 

「 民意だと考えられる議員定数を15人以下にする事に賛成か否か 」 を訴えることデス。

昨年、議員提案である 議員定数を2議席削減して19人にする条例案を否定した議会に対して、もはや議員には頼れないとして一部の市民が立ち上がり 直接請求署名が行われた。 尾張旭始まって以来初めての定数削減の為の行政に直接請求を行った、極めて重い 有権者の皆要求にも関わらず、いとも簡単に再び否決した。
市民の代表である議員はその要求を満場一致で受け入れのが務めであり、反対をするような議員は、議員としては不的確であります。

私、松本和夫は そうした市民と共に著名活動に加わり、1000軒を超える有権者宅を訪ねた結果、「議員定数は多くて15人」とする意見が75%ありました。 この 有権者の意見に賛成をする 議員を選ぶことが 目的の選挙戦であります。

しかし、昨日 受けた 選挙公報によると26人の立候補者があるにもかかわらず、議員定数を15人以下にしようとしている議員が 殆どいません。
議員定数削減を表明している立候補予定者は

・若杉。。。 昨年行われた議員による2議席削減案の賛成して、重く受け止めるべき 市民による直接請求には 反対をした。 しかし、今回は 議員定数削減は6人以上で15人以下にすることが民意であり、これに本当に賛成なのか? 疑問が残りますから、有権者の皆さんは 確かめて下さい。

・松原。。。具体的な人数を示していないので、分からない。

僅か、2人だけが、議員定数削減を表明しているが、その人数が分からない。

・ちなみに、議員の報酬約700万円
三期以上務めた 元議員の年金がおよそ276万円
議員一人当たりおよそ1000万円が、1年間で現在 市民の税金で支払われている
現市長も、現議員も 19人で十分だと思っている
私は11人で十分だと思っている

・昨年11月から始まった、直接請求署名では、4月の選挙を前にして、現議員の心情を考慮して、2名の削減を求め、この4月に決まる新たな議員によって更に4人削減して15人にすることを求めていたものだった。

この上は、 私自身しか 民意である 議員定数を15人以下にしようとしている議員がいないことになる
よって、今回の選挙戦は 私1人に対し他20人の当選者との戦いとなる。

どちらが どれほどの投票数を得るのか、それが 民意を問う戦いだ。

今日1日、これを重点的に市民に訴える戦略に変更をする。

松本和夫の選対、よろしくお願いします


その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事