全体表示

[ リスト ]

万葉集巻第十(1812〜2350) 1924 ・1925・1926・1927・1928・1929・1930・1931・1932・1933・1934・1935・1936

1924 春相聞

[題詞]贈蘰

大夫之  伏居嘆而  造有  四垂柳之  蘰為吾妹

大夫の 伏し居嘆きて 作りたる しだり柳の かづらせ我妹 

ますらをの ふしゐなげきて つくりたる しだりやなぎの かづらせわぎも
・・・・・・・・・・
ますらおのこの私が

不器用な手つきで

伏したり座ったり

ため息をつきながら作ったんだ

しだれ柳のこの髪飾りを

つけてみてほしい

愛しい人よ
・・・・・・・・・・
「ますらを」は立派な男子。
「かづら」ば蔓性の植物や花で作った髪飾り、頭髪を補うかつらの語源。



1925 春相聞

[題詞]<悲>別

朝戸出乃  君之儀乎  曲不見而  長春日乎  戀八九良三

朝戸出の 君が姿を よく見ずて 長き春日を 恋ひや暮らさむ 

あさとでの きみがすがたを よくみずて ながきはるひを こひやくらさむ
・・・・・・・・・・
明け方 戸を出て行くあなたのお姿をよく見ずに別れて 

長い春の一日を恋いしく思いながら暮らすのだろうか
・・・・・・・・・・
* 「を」は持続する時間などを示す格助詞。
* 「きぬ‐ぎぬ」【衣衣/後朝】 1 衣を重ねて掛けて共寝をした男女が、翌朝別れるときそれぞれ身につける、その衣。 2 男女が共寝をして過ごした翌朝。翌朝夜明け前の別れは時代の慣わし。



1926 春相聞,序詞

[題詞](問答)

春山之  馬酔花之  不悪  公尓波思恵也  所因友好

春山の 馬酔木の花の 悪しからぬ 君にはしゑや 寄そるともよし 

[はるやまの あしびのはなの あしからぬ] きみにはしゑや よそるともよし
・・・・・・・・・・
春山の馬酔木の花のように素敵なあなたになら靡き従いましょう

ええそうよ 関係があるって噂されてもかまわないわ
・・・・・・・・・・
* 「し・ゑ・や」ええそうよ、ままよ、 ん よかたい、♪
  <どんな発音だったのだろう。聞いてみたいものだ。>



1927 春相聞,奈良

[題詞](問答)

石上  振乃神杉  神備<西>  吾八更々  戀尓相尓家留

石上 布留の神杉 神びにし 我れやさらさら 恋にあひにける 

[いそのかみ] ふるのかむすぎ かむびにし われやさらさら こひにあひにける
・・・・・・・・・・
石上の神木の杉のように神々しくはないが

いまさらながら古びてしまった私が

また改めて恋に出逢ったよ
・・・・・・・・・・
* 「さらさらに」は、いまさらながら。
* 「石上」は、奈良県天理市の石上神宮周辺から西の広い地域をさす。
* 「杉」→「過ぎ」



1928 春相聞,問答

[題詞](問答)

狭野方波  實尓雖不成  花耳  開而所見社  戀之名草尓

さのかたは 実にならずとも 花のみに 咲きて見えこそ 恋のなぐさに 

さのかたは みにならずとも はなのみに さきてみえこそ こひのなぐさに

・・・・・・・・・・
佐野方は実にならなくても

花だけでも咲いて見せてほしい

恋に苦しむ心を慰めるために
・・・・・・・・・・
* 「佐野方(さのかた)」は「あけび」山林に生え、周囲の樹木にからまって伸びる落葉性の蔓植物。花は4・5月、新葉とともに開花。



1929 春相聞,問答

[題詞](問答)

狭野方波  實尓成西乎  今更  春雨零而  花将咲八方

さのかたは 実になりにしを 今さらに 春雨降りて 花咲かめやも 

さのかたは みになりにしを いまさらに はるさめふりて はなさかめやも

・・・・・・・・・・
佐野方は実になってしまっているものを

いまさら春雨が降って花が咲くことがありましょうか
・・・・・・・・・・



1930 春相聞,福岡県,問答

[題詞](問答)

梓弓  引津邊有  莫告藻之  花咲及二  不會君毳

梓弓 引津の辺なる なのりその 花咲くまでに 逢はぬ君かも 

[あづさゆみ] ひきつのへなる なのりその はなさくまでに あはぬきみかも
・・・・・・・・・・
あの引津のあたりのなのりその花よ

花をつけるまで 長い長い間

あなたは 逢ってはくれないんですね

こんなにわたしを ひきつけたまま
・・・・・・・・・・
梓弓 引津の辺なる なのりそも 花咲くまでに いも逢はぬかも
 (歌経22)
* 「なのりそ」は海藻ホンダワラ。ホンダワラには花は咲かない。
なのりそ 莫告藻/神馬藻 ホンダワラの古名。和歌では「な告(の)りそ」の意に掛けて用いられたり、「名告る」を導く序詞を構成したりする。



1931 春相聞,序詞,問答

[題詞](問答)

川上之  伊都藻之花乃  何時々々  来座吾背子  時自異目八方

川の上の いつ藻の花の いつもいつも 来ませ我が背子 時じけめやも 

[かはのうへの いつものはなの いつもいつも] きませわがせこ ときじけめやも
・・・・・・・・・・
川のほとりのいつ藻の花よ

いつもいつも来てください あなた

季節はずれなどありませんから
・・・・・・・・・・
川の上のゆつ岩群に草生さず常にもがもな常処女にて 
 (万葉 22 吹黄刀自)
川の上のいつ藻の花のいつもいつも来ませ我が背子時じけめやも
 (万葉491 吹黄刀自)
* いつ藻:藻の美称。上古、藻は水中植物の総称。
上二句は「いつも」を導く序詞。「いつ藻」の「いつ」は藻を讃美して言う。
 「川上のいつ藻の花の」から「いつもいつも」を導く。


1932 春相聞,問答

[題詞](問答)

春雨之  不止零々  吾戀  人之目尚矣  不令相見

春雨の やまず降る降る 我が恋ふる 人の目すらを 相見せなくに 

はるさめの やまずふるふる あがこふる ひとのめすらを あひみせなくに
・・・・・・・・・・
春雨が止むことなく降り続いています

まるで恋しいあの方に

一目も会わせないようにしているかのように
・・・・・・・・・・



1933 春相聞,問答

[題詞](問答)

吾妹子尓  戀乍居者  春雨之  彼毛知如  不止零乍

我妹子に 恋ひつつ居れば 春雨の それも知るごと やまず降りつつ 

わぎもこに こひつつをれば はるさめの それもしるごと やまずふりつつ
・・・・・・・・・・
あの娘に会いたいと恋しく想っていると

春雨がそれを知っているかのように

止むことなく降り続いています
・・・・・・・・・・



1934 春相聞,問答

[題詞](問答)

相不念  妹哉本名  菅根乃  長春日乎  念晩牟

相思はぬ 妹をやもとな 菅の根の 長き春日を 思ひ暮らさむ 

あひおもはぬ いもをやもとな [すがのねの] ながきはるひを おもひくらさむ
・・・・・・・・・・
お互いに心を通わせているわけでもないのに

あの娘のことをわけもなく愛しみながら

長くなったこの春の一日を

思い過ごしていくのだろうか
・・・・・・・・・・
もと‐な [副]《「もと」は根本の意。「な」は形容詞「無し」の語幹》 わけもなく。みだりに。



1935 春相聞,問答

[題詞](問答)

春去者  先鳴鳥乃  鴬之  事先立之  君乎之将待

春されば まづ鳴く鳥の 鴬の 言先立ちし 君をし待たむ 

はるされば まづなくとりの うぐひすの ことさきだちし きみをしまたむ
・・・・・・・・・・
鶯は春の最初に鳴く鳥だけれど

それより早く君に逢いたい

私は君をこそ待っているんだよ
・・・・・・・・・・
(鶯…啼く) 鶯は春の最初に鳴く鳥。
(郭公…語らふ) 郭公はその初声が夏への推移をつげ、死出の山の彼方から訪れる鳥。



1936 春相聞,問答

[題詞](問答)

相不念  将有兒故  玉緒  長春日乎  念晩久

相思はず あるらむ子ゆゑ 玉の緒の 長き春日を 思ひ暮らさく 

あひおもはず あるらむこゆゑ [たまのをの] ながきはるひを おもひくらさく
・・・・・・・・・・
あの娘とはお互いに心を通わせているわけではないからこそ

長い春の一日を思つめながら暮らしてしまうのだよ 
・・・・・・・・・・
* 「たまのお‐の 玉の緒の」 [枕]1 玉を通す緒の意で、その長短から「長し」「短し」、乱れたり切れたりすることから「思ひ乱る」「絶ゆ」「継ぐ」、玉が並んでいるようすから「間(あひだ)もおかず」などにかかる。

閉じる コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事