海熊温泉(うみぐまおんせん)

登山や災害に使えるミリタリー装備の紹介、ペット(うさぎ達)の日常と快適グッズの開発ブログです。

全体表示

[ リスト ]

登山にソフトシェルに最適なニーパッド(ARC'TERYX LEAF Knee cap)

季節的にちょっと無理があるかもしれませんが…前々回のソフトシェルネタの続きです。実はコレ1年半前に書きあげ放置されてたネタなんですが…大量に溜まった小物ネタを吐き出しなんとかゴールデンウイークに以前ブロ友さんに書くと約束?した軍用バックパックネタやアルコールバーナーネタに入りたいと思います。




軽く動きやすてコンパクト。適度な通気性と雨具並の高い撥水性、静音性を有し、シームテープの管理が不要と面倒くさがり屋のうみぐまにとって今やなくてはならないソフトシェル。

もはや万能とも思えるその性能。ただ一つ、難をいえばその薄さ。これは利点でもあると同時に欠点でもある…まさに諸刃の剣。


例えば…ソフトシェルを使う機会が多い雪山はもちろん、荷が重い時うみぐまは重登山靴を使います。脱ぎ履きしたり靴紐の調整をする時足首が完全固定されてしまうので膝をついたりする訳ですが下が堅いと気になるんですよね…生地の薄さが…

アスファルトだったり、尖った小石が敷き詰められた砂利、岩場など…膝に穴があいたりしないかと…登山前だったらウレタンマットでも敷いてりゃいい訳ですが、山行中だとそういう訳にはいかないし…小さな事なんですが何かよいものはないか…


タクティカルニーパット?なんかどうだろう…

イメージ 1

▲標準的なタクティカルニーパット。米BPE社製。

イメージ 2

▲裏側

イメージ 3

▲装着はベルクロ式のパットを張り合わせ…

イメージ 4

▲その上からストラップで固定。古いタイプのニーパッドみたいにストラップが食い込んで痛くなるという事はありません。

イメージ 5

▲(比較用)初期のタクティカルニーパッド米HATCH社製との比較。(左BPE、右HATCH)初期のHATCH本体、ストラップともにすべりやすいので緩すぎるとズレる。きつすぎると膝の裏にストラップ(厳密にいうとストラップに縫い込まれている固いベルクロ部分が)が食い込んで痛い…対してBPE社製ニーパッドの場合、ストラップと身体の間に薄いパッドがあるので長時間の使用でも痛くない。


イメージ 6

▲装着し膝を曲げてみます。左(BPE社製)右(HATCH社製)。矢印は(パテラ)膝の中心部分。これをみるとBPE社製はかなり上の方までしっかりソフトパッドが封入されています。戦闘用、災害救助用としては申し分ない性能ですがただ山に登るだけのうみぐまにはかなりのオーバースペック…長時間の歩行にも適していない。


という事で…


現在はこれにおちついてます。


イメージ 7

▲アークテリクス社製ニーキャップ。カナダ製。元々テレマークスキー用としてリリースされ、数年前より同社のミリタリーラインであるLEAF(Law Enforcement & Armed Forces)より米特殊部隊に納入されています。民間用との違いはパットの色。ノーマルのイエローから軍用らしい低視認性を重視したカラーに変更されています。


▼BPE社製(左)との比較。コンパクトですねー♪重量も片側実測113gとBPE社製(220g)のほぼ半分と非常に軽量です。
イメージ 8




イメージ 9

▲スウェーデン製のFIXLOCKバックルが使用され脱着はバックルを指で軽くずらすだけと超簡単。従来のFASTEXバックルと違い常にテンションがかかっていないと外れてしまう構造なのですが、これが絶妙に外れない。


イメージ 10

▲バックル装着法。まずバックルメス側の穴に…


イメージ 11

▲オス側バックルの突起をのせ(合わせ)ます。


イメージ 12

▲この時点でストラップにテンションがかかっていれば自動的に固定されるという仕組みです。


▼外す時はオス側のバックルを指でずらすだけと超簡単。
イメージ 13

イメージ 14




イメージ 15

▲外側のパットは柔軟性に富んだ極薄のカイデックスが使用されています。カイデックスというのがまたいいですね〜旧来のニーパッドに使われる硬質ウレタン系のパッドのように加水分解を起こし突然破壊するリスクも少なそうだし…この辺りはツアースキーでの使用を前提に開発されているだけあってよ〜く考えられてるって感じです。


イメージ 16

▲上部伸縮性ストラップ。旧来のパッドだと膝上5〜10cmくらいのところにくる訳でこれがずり落ちズレの要因になっている訳ですが…本品はちょうど膝の真裏、一番くびれた部分にくるので物理的に固定されている…これ以上ズレ様がない訳ですね。またストラップ自体もソフトでかつストラップ上に硬いベルクロ等が存在しない為、ゴロつきも最小限に抑えられています。

よく考えたなぁ…って思いますよ。大した事ないじゃん…って思うでしょ?でも気付いている方もいるかと思うんですがこの特異な形状は…


イメージ 17

▲そうなんです。モトクロスやハードスポーツ、医療用の硬質ブレースと同じなんです。この形状はいわば究極の形なんです。でもこのブレースをもってしてもズレというものを完全に無くす事は出来なかったんです。

でもアークテリクスはアッサリとそれをやってのけちゃったんです。(偶然かもしれませんが…)


それはこの上部ストラップの位置。理学上いままでこの位置(膝の真裏)にストラップをもってくる事はタブーというか誰も考えなかった事なんです。


勿論、ストラップのテンションも緩く柔らかいので重い硬質ブレースの固定をこれ1本で行う事は到底不可能。重量もあるし通常膝の真横には可動式のヒンジがくる。当然このようなハードブレースを使用する必要のある膝には整形外科的な固定力も必要なので一概にはいいきれませんし、本品(アークテリクス社製ニーキャップ)が軽量で目的上軽く強固な固定力を必要としない為出来た技なんですが…


柔軟なカイデックスパッドとまさかの膝裏ストラップ…これは大きなヒントになったのではと思うんです。この手の業界の人には…まぁ知ってればの話ですが…


いや〜アークやりますね〜斬新だわ〜普段うみぐまは山関係のメーカーの中で特にペツルの製品開発者の頭の中はいったいどうなってるんだろうと関心している訳ですが…今回はアークテリクスにもそんな印象を受けました。


イメージ 18

▲下部ストラップ。こちらは伸縮性のないナイロンストラップになっています。こちらのストラップはずり落ちやぶれを防止する補助的なものなのでふくらはぎより落ちない程度にあえて緩めに調整しておきます。

ええ〜っ!でもテンション緩めだと外れちゃうじゃんって方…あくまで下部ストラップは補助的なものと考えてください。膝裏の伸縮ストラップにちゃんとテンションかかってる限り外れませんから…それで外れるようなハードな使い方をする場合はBPE社製のようなタクティカルニーパッドを使ってくださいね。


イメージ 19

▲正しい装着位置。ネットの画像をみると結構な割合で上目につけているのをみかけるのですが…たぶんこれは間違いです。


イメージ 20

▲間違った装着位置。ニーパッド曲がっちゃってます。これを柔らかいと絶賛されている方もおられるのですが…このようなストラップ位置の場合、伸縮性のある上部ストラップが大腿部から膝裏に向かってずり落ち、堅く伸縮性のない下部ストラップが膝裏にくる事で膝裏に常にストレスがかかるばかりか血行不良を招きまかねません。この血行不良が問題で本アイテムの使用が想定された低温下での長時間歩行と停滞を繰り返すツアースキーなどの場合、命取りにもなりかねません。もうつけなきゃいいって話になるんです。

でもPJとかSEALとかそんな風(上目)に使ってんじゃんって思ってる方多いと思います。(うみぐまもミリフォトみてカッコイイって思って買いましたからw)で、実際装着してみて感じた事はこれらの方々が使い続けているのはおそらくロープロ的な意味合いが強く、上に付けているのは本来の装着方法を理解していない、または滑り込みを想定しあえて上にずらしているだけだと思う訳です。なので自衛隊員やSAT隊員の方が強襲用として使うのには(サバゲーにも)正直向いていないと思います。


イメージ 21

▲(比較用)ハードブレースの落下防止用下部ストラップ部分。非常によく似てますよね。軽量化を意識するとこういう形状になるんですね。ちなみに本ブレースは米BREG社のX2K-knee-brace(治療用装具)日本ではあまり知られていませんが、この手のハードブレースの中では最もフィッテイングしやすく、アルミトラスフレームの採用の為、丈夫で軽量、しかもオーダーではなく既製品ですのでコスパの高い人気製品ですww本来医療用ですがモトクロス等にもお勧めです。


お話をARC'TERYX Knee capに戻しまして…


肝心の装着感ですが…諸先輩方のレビューどおりとにかく軽い。軽いから跳んでも走ってもズレることはありません。ただザザーっと滑り込むような動作をすると一発でずれちゃう(カップの形状がいいので放っておくといつの間にか元にもどっちゃうんですけど…)
んで戦術用というより本来の用途であるスキーやちょっと膝をつきたいなどそんな用途に向いている感じです。あとそうですねぇ…磯釣りとか…着脱が楽なので車やバイクの整備作業なんかにも良さそうな感じです。


もちろんソフトシェルにも。


▼PCU-L5パンツと。ちなみに今回撮影に使ったブーツはモンベルアルパインクルーザー3000(メーカーによる試作品)。
イメージ 22



山に使える軍用品です。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

仕事で床下に入るときニーパッドとエルボーパッドが欲しいと思いますが、年に1〜2度有るか無いかの事なので…
やはりスキーやボード、車の整備などに向いているのかな?

2012/4/23(月) 午前 0:20 こば

顔アイコン

こんにちは〜
北海道につるつる路面にはいいかな〜
転倒してもOK!

2012/4/23(月) 午後 0:50 qko

こばさん、こんばんはー♪
ものすごいハードな滑り込みをやらない限り大丈夫だと思いますよ。パンツの膝も汚れにくくなるしお勧めです(#^.^#)

2012/4/24(火) 午前 1:20 うみぐま

Qkoさん、こんばんはー♪
ダイヤモンドユカイみたくOK!っていいたいところですが…
そりゃダメかもwwどちらかというと膝より肘とか頭(ヘルメット)の方を守ったほうがいいかと…それ以前に…北国の方でしたらそうそうこけないでしょう〜〜

それにしても雪国の人たちのバランス感覚には頭が下がります(きっと体のどこかにジャイロセンサーが埋め込まれているに違いないw)

2012/4/24(火) 午前 1:30 うみぐま

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索 検索

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者61203291
ブログリンク09
コメント0604
トラックバック00

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

ブログバナー

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事