全体表示

[ リスト ]

木蓮の挑戦

知人宅で庭木の木蓮を伐採したのでこれに釜神様を彫ることが出来ないかと運んできた。木蓮に彫刻なんて聞いた事が無い。木を見て唖然としてしまった。なんと瘤だらけ、しかもまだ初々しい生木です。聞くと伐採してからまだ1週間程度しか経ってないらしい。
 しかしこの木は知人の亡父親がまだ若い頃、家を建てた時の記念にと奥様と一緒に植えたもので、これまで毎年きれいな花を咲かせていたらしいが、道路の拡張で伐採せざるを得なくなった。今回は亡父親の奥様の希望で、この木蓮で釜神様を彫って残しておけば家族も守ってくれるだろうし....との思いらしい。


それにしてもこの瘤は手ごわい。このまま乾燥させたら瘤は石の硬さになってしまう。とりあえず生木のうちに瘤だけは撤去する事にしました。
イメージ 1


取り合えず、地道に斧で瘤取り開始。まさに私は『こぶとり爺さん』。まだ生なので、何とか落せる様だ。
イメージ 2


でもやはり瘤が多すぎる。いい加減手が痛くなってきたので、ずるをしてカンナをかけると、何とか形になって来ました。
イメージ 3



ここで、ふと、このまま乾燥を待っていたならこの木蓮は割れて使い物にならなくなってしまうのではないだろうか?彫ってから乾燥させる事に決断。生木で彫り始める。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
木蓮を持って来た知人(長男)に似せて作ってくれと言うので、ホクロのある釜神様にします。


やはり裏は瘤のせいで逆目・逆目で方々から削るはめに.....。でも何とか整えました。裏はいつもただただひたすら力仕事です。
イメージ 8

表も微妙な細工になると逆目に鑿が入ってしまい、ガバッと剥がれたりで、一筋縄ではいきません。
イメージ 9

イメージ 10

眼球を入れてどうにかこうにか、粗彫り終了です。
あとはひたすら乾燥。割れない事を祈るのみです。どうなることやら......。
イメージ 11

イメージ 12

暫時。乾燥完了。割れは発生しませんでした。いつも割れが出ないとほっとします。
後は粗めのヤスリ掛け。ひたすらヤスリ掛け。無塗装なので、これで整形は完了です。
釜神様にご依頼先の家・家族を見守る様御願いしつつ、麻縄を結んで完了とします。
イメージ 13

イメージ 14

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

釜神さま・・・・子供のころは怖かったのですが、

今は欲しいですね。

玄関先に飾って、悪いものが入ってきたら、

ぐあーっとやって欲しいですね。

木蓮ですか・・生のうちに彫り込んだのは、正解ですねー。

2009/7/11(土) 午後 11:29 tok**with*118 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。釜神を知っている人に出会うとうれしくなり、職人として勇気付けられます。宮城県に在住していても知らないと言う方が結構おられます。

2009/7/12(日) 午前 7:20 [ kamamenko ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事