全体表示

[ リスト ]

西鉄電車と言えば、一般的にアイスグリーンの車両がメインでしたが、ちょっと異色の車両が走り始めています。
それが、この3000系電車。西鉄電車らしからぬデザインで、登場から2年近く経とうとしていますが、まだ違和感があります。
イメージ 1

西鉄初のステンレス車で、無塗装の車体にシンプルに西鉄のコーポレートカラーの帯を巻いているシンプルな車両です。
イメージ 2

前面が強く傾斜しているため、連結幌がまるでアコーディオンの様に伸びているのが面白いです。
イメージ 3

一部の車両には、これまた西鉄初のモニターディスプレイが装備されています。停車駅案内のほかに西鉄のCM画像なんかも流れています。
イメージ 4

運転席貫通扉の窓が縦長なので、走行中に眺めていると線路が足元に吸い込まれていく様で迫力があります。
イメージ 5

運転席もワンハンドル化され、モニター装置なども装備されており、先日ご紹介した2000系電車とは世代の違いを感じさせられます。
イメージ 6

この車両も、2007年度のローレル賞に輝きました。
イメージ 7

3000系電車は、現在のところ15両配備されており5両編成3本で主に急行運用に入っています。
座席も固めですわり心地が良く、クロスシートも全て転換することができ、西鉄電車の中でも一番快適に過ごせます。ホームで待っていて、この電車がやってきたときは、とてもラッキーという気分になれます。

(撮影機材 RICOH GR DIGITAL II)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事