全体表示

[ リスト ]

午前10時前、バルセロナ・フランサ駅を後にします。
イメージ 1
入口脇には、シックに駅名が掲げられています。
イメージ 2
初めての街、初めての国。
街に繰り出す心地良い緊張感。
 
駅前にはタクシーが。
バルセロナのタクシーは、全てこのカラーリング。
黒いボディに黄色のドアが、とても目立ちます。
イメージ 6
今夜の宿は、フランサ駅から徒歩5分の便利なところにありました。
イメージ 7
即席で勉強した、スペイン語は通じるかな?
ちょっと緊張しながら、フロントへ。
「オラ! レゼルバシオン ウナビタシオン メ ヤモ ○○」
(こんにちは! 部屋を予約したの○○です)
ちゃんと、通じました!
でも、残念ながらスペイン語は、ここまで。後はフランス語が通じたので、フランス語でお願いしました。
通された部屋は、ツインのかなり豪華な部屋です!
これで、パリと同じ45ユーロは、ちょっとお得です。
バスタブもあるので、今夜は久々に「お風呂」に浸かれそうです。
イメージ 8
しばしの休息のあと、本日のメイン、ガウディの「グエル公園」へと向かうことにします。
ホテルのすぐ近くに、メトロの「バルセロナータ駅」があります。
まずは、ここで2日間フリーパスを購入します。
この機械で、簡単に購入できました。支払いはクレジットカードが使え、とても便利です。
イメージ 12
 
自動改札機は、パリと似た作りです。
イメージ 9
 
パリよりは少し大柄で、少しキレイな感じの車両です。
写真ご覧になって、お気づきかと思いますが、日本の様に、ホームに「ドア位置」の表示なんか、ありません。
電車の停止位置も、まちまちです。
ですから、「整列乗車」というのも必然的にありません。
ラテンですよね〜
これは、フランスでも、スペインでも、国鉄やメトロを問わず言えることです。
もっとも、日本の様なラッシュはありませんし、電車も頻繁に来るので、これで全然問題ないようです。
イメージ 10
メトロを乗り換えて、グエル公園の最寄り駅、「レセップス駅」に到着しました。
イメージ 11
地上に出ると、グエル公園への案内表示が・・・
それにしたがって、ずんずんと歩いて行きます。
途中で、私の愛車と同じ「メルセデスMB100Dバン」を見かけました。
このクルマ、メルセデスとはいうもののスペイン製。お膝元だけあって、この後も何台も目にすることができました。
イメージ 3
 
グエル公園は丘の上にあります。
坂道をどんどん登って行きます。もう駅から15分以上歩いています。
次第に雲行きも怪しくなってきました。
 
メルセデスのしゃれたミニバスに出会いました。
イメージ 4
坂を登りつめたところに、それは唐突にありました。
タイルのモザイクで飾られた奇妙過ぎる建物。
ガウディの傑作「グエル公園」です。
イメージ 5
 
長年の夢だった、世界遺産のグエル公園。
早く、あの有名なオブジェに会いたい!
 
(撮影機材 RICOH GXR + S10 Unit + DW-6) 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ガウディ・・・・
学生の頃、建築学科の友人からその名を初めて聞きました。
何じゃいと思って調べてみると、数々の独創的な建築物を設計してるんですね。

どんなオブジェなんでしょう?
楽しみにしています。

2010/3/20(土) 午前 11:55 ER_Kicker 返信する

顔アイコン

バルセロナでは、1泊2日でガウディの作品を中心に見て回りました。
とにかく、その独創性に圧倒されっ放しでした。
このあと、ご紹介してゆきますので、またお越しくださいね。
いつも、ありがとうございます!

2010/3/20(土) 午後 9:57 kame_nasu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事