アマゴとイワナの棲む世界 渓流釣り入門

渓流釣り・源流釣り・山登り・沢登り・とかいろいろ

全体表示

[ リスト ]

アマゴの釣り方・基礎編、釣行計画

アマゴを釣るためには計画が重要です。
1日を無駄にしない為にしっかり釣行計画を立てましょう。
 
さて、アマゴを釣るにはいつ行けばいいのでしょうか?。

※アマゴが釣れる良い時期、悪い時期
渓流釣りと言えば、世間一般には「春」と言うイメージが有ると思います。
実際大勢の人が、身も凍える様な寒い渓流に押しかけます。

でも、実は春は一年で一番釣りにくい季節です。
何故、春と言うイメージが定着したかと言うと、漁協が行う成魚放流の影響が強いです。
一種の客寄せイベントで有る、成魚放流魚を狙うために釣り人が殺到します。
その様子をTVニュースで放映したりします。
映像にはクーラー満タンの魚が映ることも珍しく有りません。
そのイメージが定着してしまっていると思います。

でも、これは本来の渓流釣りとは全く違う釣りです。
成魚放流物のほとんどは数時間で釣りきられてしまいます。
たまたま、解禁日に合わせて放流されるだけで、別に春が良い季節な訳では有りません。

それでは天然魚はどうかと言うと、こちらも春は良い季節では有りません。
前年から人が誰も入っていない所は確かに釣れます。
でも、そんな場所には限りが有ります。
大勢の人が押しかけるので数日で、そう言う場所は無くなります。
で、どうなるかと言うと、短期間に大勢の人に攻められ、アマゴは極端に警戒するようになります。
「ロクにアタリも来ない。」と言う状態になります。

では、人が入らない小沢はどうでしょう。
解禁当初は水温が低いです。
この様な低水温期に小沢や標高が高い場所の沢に入っても魚の活性が低いです。
それに魚が痩せている可能性が高いです。
しかも、大きい魚ほど痩せ方が酷くなります。
ガリガリのアマゴを塩焼きにしても、惨めな気分になるだけです。

かと言って大きな河川が良いとは限りません。
水温が低い時期に外道が居る河川に行くと、やっかいです。
水温が高ければ、アマゴは流れの速いところに居るので外道と釣り分けが可能です。
しかし、低水温では、アマゴも外道と同じ様なポイントに居るため、「釣れるのは外道ばかり」と言うことになりかねません。

この時期はポイントが淵に限られるのも大きな要因です。
ポイントが限定されるから、同じ所でずっと粘る人が大勢います。
とにかくひたすら仕掛けを流し続けたりします。
これをやるから、渓流魚は仕掛けの付いた餌の流れ方を何度も見て熟知してしまうのです。
アマゴを必要以上にスレさせているのは、こういう釣り方をする人のせいです。
アマゴに食ってはいけない餌を勉強させている様なものです。

そもそも、春は水温が低いので食い気はあまり有りません。
食い気の無いところへ大勢の人、そして警戒しているところへ、これでもかと仕掛けを流し続ける釣り人。
それで、スレッからしアマゴが出来上がります。

その影響は水が暖かくなり、アマゴが瀬に出始める4月中旬頃まで続きます。
でも、ゴールデンウイークに入ると、また大勢の人が押しかけます。
これで、また一月ほどは釣るのが難しくなります。

6月頃になると多くのアマゴが瀬に出て活発に餌を食うようになります。
積極的に餌を食べているので、釣るのも割と簡単です。
この頃になれば釣り人の数もかなり少なくなります。
春のアタリの少なさが嘘の様です。
それに、越冬の極貧生活から完全に回復して脂が乗り、食べてもおいしい季節です。

梅雨入りすると、降雨の影響で更に釣りやすくなります。
この頃には鮎釣りが解禁になるため、渓流釣り人工は激減します。
この、鮎釣りが解禁になったタイミングこそ一年で一番釣りやすい時期になります。

でも、鮎釣り師が居るポイントは避けた方が良いです。
長時間、人間が近くに居るから、アマゴが神経過敏になっています。
気難しいアマゴを釣ろうとするよりも、スレてないアマゴを釣った方が簡単です。

夏本番になると、場所によっては高水温が悪い影響となって現れます。
それに重ねて、渇水になったりするとアマゴは極端に警戒する様になるので釣るのが非常に難しくなります。
追い打ちをかけるように盆休みで、にわかに釣り人が増えます。
昔からの格言で「夏のヤマメは一里一匹」(一里=約4km)と言われています。
悪影響が重なり秋までは釣りにくい時期が続きます。

でも、夏に釣れない訳では有りません。
それなりに水量の有る河川に入れば十分釣りになります。
晴天、渇水が続いた後の降雨は爆釣になる可能性が高いです。

秋になると、アマゴは産卵、越冬の為の荒食いを始めます。
だけど、それも、わずかばかりで禁漁期を迎える事となります。

※アマゴが釣れる良い条件、悪い条件
○雨
誰でも知っていると思いますが、「雨」が一番釣りやすくなります。
でも、単に雨が降れば良いと言う訳では有りません。

詳しく言うと、雨の影響で水かさが増えて、多少の濁りが発生したときです。
特に良いのが、今まさに水が増えて行くときです。
この時は、今まで流される事がなかった川虫類や陸生昆虫が、水が増えることにより流され始めるからです。
当然アマゴはウハウハ言いながらコレを食います。
天然の撒き餌効果です。
警戒する事も忘れています。
水の濁りで釣り人の姿や仕掛けが見えにくくなります。
そんな訳で、釣りやすくなります。

では、梅雨時の様にずっと雨が降り続いていたらどうなるかと言うと、実は大して食いは良くありません。
流されやすい餌は、すでに流されてしまっているので、アマゴはウハウハ言っていないのです。
ですから冷静なアマゴを狙うことになります。
でも、濁りが有れば、やっぱり有利に働きます。
陽が照ってなければ、警戒心も薄くなります。
スケスケギラギラよりは、ずっと釣りやすくなります。

似た様なパターンで、大雨が降ってから数日後に雨が降った時はどうでしょうか。
後に降った雨の増水では、すでに前回の大雨で餌が流されている為に餌の流下が少なくなります。
撒き餌効果が少ないのでアマゴも割と冷静です。

雨が降っていない期間が長いほど、降ったときの増水で撒き餌が沢山流され効果が大きく現れます。
夏の渇水期に雨が降ると良型アマゴの入れ食いに逢ったりするのはこの為です。

大雨の大増水ではどうでしょうか。
ほとんどの河川では、水が泥濁りになります。
そうなると、釣りにならなくなってしまいますし、深さが解らないため遡行するのは死ぬほど危険です。
でも、一部の沢では、凄く水が増えても泥濁りにならない沢が有ります。
そう言う沢はチャンスです。
「こんなに魚が居たのか」と言うほど釣れる時があります。
普段濁りが入らない沢に濁りが入ったときは爆釣のサインです。
でも、くれぐれも遡行には気をつけてください。

では、雨が止んで水かさが減っていくときはどうでしょう。
実は、このタイミングは最悪です。
ハッキリ言って平水よりも釣りにくいです。
アマゴは腹一杯食って冷静さを取り戻しています。
濁りも消えていくので周囲を警戒するようになります。

さっきまでコンスタントに釣れていたのが嘘みたいにパッタリ食わなくなります。
雨が降ったからと喜び勇んで釣りに行くと、見事にハマるパターンがこれです。
アタリが出ても、「チョン、チョチョ」と餌をつつくだけです。
アワせても乗ることは有りません。
私も、どうにか打開策はないかと試行錯誤しましたが、コレと言った改善策は見つかってません。
おまけに春先だと花粉攻撃にも遭います。
水が引くときのタイミングには要注意です。

雨後にあえて行くとすれば本流域がオススメです。
雨が止んでもしばらくは増水が続きます。
それに元から水量が多いせいか、減水していく時の影響が現れにくい気がします。

○風
風は悪い条件になります。

風に仕掛けと竿が煽られてしまい満足に仕掛けの操作ができなくなります。
仕掛けが風に流されてしまい、アマゴに警戒されてしまいます。

風が強い日は、仕掛けを短くするか、風裏の斜面になる小沢に入ると良いです。

○水温
良く世間では「水温が下がったから釣れない」と言いますが、私は過去数百回に及ぶ釣行でそんな事を感じたことは希です。
確かに、水温が低い時期は食いが良くありません。
でも、だからといって、水温が下がって突然食わなくなる様なことは有りません。
たとえば、昨日の水温が7℃だとします。
今日は冷え込みが厳しくて水温が3℃になりました。
水温が4℃も下がりましたが、食わなくなるかと言えば全然そんな事は有りません。
ちゃんと釣ることが出来ます。
だって私には、水温1℃〜3℃の条件で天然アマゴを大釣りしたことが何度も有ります。

春先は午後になれば、朝に比べて水温が2〜4℃くらい上がるのが普通です。
では、水温が上がった午後の方が食いが良くなるかと言えば、そんな事も有りません。
朝からでもちゃんと釣ることが出来ます。

人間が夏に食欲がない時に、クーラーが効いている涼しい部屋に入ったからと言って、急に食欲が出る様にならないのと同じです。
季節ごとの変化による食い気の差は有りますが、それが短時間に形になって現れる事はほとんど有りません。
だから、天気予報を見て、「この日が気温が高いから釣れる様になる」と言った予想は全く成り立ちません。
だから、「水温が低くて…」などと言ういい訳は釣り人のレベルの低さを表していると言って良いでしょう。

ただし、水温が下がって突然食わなくなることも有ります。
それは、雪代が入った直後です。
気温の変化による水温の変化は緩やかですが、雪代が入ると水温が急激に下がる時が有ります。
そんなときは魚が水温の変化について行けず、全く口を使わなくなることが有ります。
寒い日が続いていて、突然ポカポカ陽気になったときなどは要注意です。

それから、アマゴが水生昆虫の羽化などを狙って補食している時も水温の変化は影響します。
羽化するときの水生昆虫は無防備ですから、アマゴは積極的に補食します。
これも天然の撒き餌効果です。
水生昆虫は、水温と時間、照度によって羽化します。
水温が下がり羽化していなければ撒き餌効果がなくなり、食いが渋くなることが有ります。
でも、すべてのアマゴが羽化を狙っている訳では有りませんし、タイミング的にも出くわすのは多いとは言えません。
餌釣りの場合は水生昆虫の羽化の影響を受けることは比較的少ないです

ここまでは低水温の事を説明しましたが、高水温ではどうでしょうか。
魚には、餌を食べる適水温が有ります。
アマゴは低い方は水温1℃でも餌を食べますが、水温が高いと餌を食わなくなります。
私自身ハッキリとデータを出せた訳では有りませんが、上限が大体22℃〜25℃くらいだと思います。

これは河川の渓相にもよります。
荒瀬や滝壷が多い沢は、高水温でも釣れる可能性が高くなります。
どうも水中の溶存酸素量が関係しているらしいのです。
溶存酸素量が多ければ高水温でも餌を食べる見たいです。
その他に、魚が遡行&降下できる環境で有るかとか、生息している川虫類なども関係してきます。
なので、一概に何度以上とは言えないのです。

本流域で泳いだことがある人なら解るかも知れません。
緩い流れの淵の底の水温は低いです。
高水温時は淵を狙うのも効果が有ります。
 

※河川選び
渓流釣りは、自分の行動が釣果に大きく影響します。
特に河川選びは重要です。
行き場所次第で釣果は大きく変わります。

では、新聞や雑誌で調べて沢山釣れている河川に行けば良いと思うかも知れませんが、それは違います。
と言うか、新聞や雑誌はアテになりません。

新聞、雑誌、ガイドブック、ネット、聞いた話、どれもアテになりません。
これらが嘘をついていると言う訳では有りません。

人によってレベルの違いも有ります。
人によってポイント選びや釣り方の癖も有ります。
絶好の条件で釣った時の釣果かも知れません。
10回のうちの一番良い釣果かも知れません。
もしかしたら、夜明けから日暮れまで、仲間数人で釣った釣果かも知れません。
もしかしたら、渓流釣りの達人の釣果かも知れません。

達人が30匹釣ったからと言って、初心者が3匹くらいなら釣れるとは限りません。
もしかしたら、私の様に、普通はやらない、あまり知られていない特別な釣り方をしているのかも知れません。
そんな場合なら、初心者はおろか、ベテランでも貧果に終わる事があり得ます。

そんな訳で他人の釣果はアテにならないのです。

では、どのようにして釣行先を決めたら良いのでしょうか?。
簡単です。家から近い河川に行くだけです。
近いと言っても、漁協が管理していて、しっかり渓流魚が放流されている河川の事です。
それと有る程度、標高が高い所の方が外道が少なくて釣りやすいです。

何故、近い方が良いかというと、結局は「自分で釣り歩いた結果が一番確実」だからです。
「釣れる釣り場は、自分の足で探せ」と言うことです。
長年釣りを続けている私の結論です。
これが一番確実で、間違い有りません。

他人の釣果を見て、わざわざ遠くに出かけるのでは無く、自分の足で近場から探します。
釣れる釣れないにかかわらず、行ったことが無い、渓流魚が居そうな河川を釣り歩き、探ります。
同じ区間に入るのでは無く、毎回違う区間を釣るようにします。
そうすれば、魚影の濃い河川、薄い河川、魚影の濃い区間、薄い区間が解る様になります。
これは金では買えない大きな財産になります。

もちろん一回、二回では無理です。
5回、十回と釣行して、始めて結果が見えてきます。
それが当たり前なのです。
別に貧果に終わっても良いのです。
ちゃんと、魚影を確認する為の行動の結果なら、それで良いのです。

ただし、魚影を確かめるのは上記で説明したように春は避けてください。
釣り人の影響が大きすぎて、的確な判断をするには難しいからです。
何年も渓流釣りをしてきた人なら有る程度の判断は出来ますが、初心者や経験の少ない人には無理です。
魚影の探り歩きをするなら6月以降が適期です。

渓流魚が放流されている河川なら、釣り探りをしていればそのうち好釣果に恵まれると思います。
そう言った釣り場を増やしていけば数年後には、行き場所に困らなくなります。
でも、釣れたからと言って同じ所に、しょっちゅう行くのは避けた方が良いです。
せっかくの釣り場を自分の手で荒らしてしまう事になります。
新たな釣り場を見つけることを優先させれば、愚かな事をしなくて済みます。

自分で探す努力をしないと、他人の釣果に踊らされ、何年経っても、いつまで経っても、自分で釣り場を見つけられ無くなります。
何も考えず、ただ適当に釣り場を選んでいるだけでは、毎回、結果に振り回される事になります。
しかし、やるべき事をやっていれば、釣果は必ず後からついてくる様になります。
この辺が、安定して釣果を上げられる人と、ムラがある人との違いになって現れます。

ちなみに、初心者で自分の家の周りが、山岳渓流と言う人も居るかも知れません。
初心者がいきなり山岳渓流に入るのは危険なので、そう言う人は、まずは里川から始めてください。
すぐ脇を道路が通っている河川で、釣り方や遡行などを経験していきましょう。
 
 
 
○漁協と遊漁券について調べる
家から近い漁協が見つかったら管轄を調べます。
渓流釣りには遊漁券が必要となります。
1日に複数の漁協エリアに行くのは金の無駄遣いになってしまいます。
また、管轄が広い漁協なら、年券を買った方が安上がりになり、いちいち券を買いに行く手間も省けます。
今年は、この漁協、来年はあの漁協と、エリアを変えれば効率良く釣り場探しが出来ます。

遊漁券を入手する手はずも整えておきましょう。
遊漁券を売っている所は実にさまざまです。
中には、何の目印も無い所で売っていたりします。
年券は扱っておらず、日券しか売ってない所も多いです。
あらかじめ漁協に電話して販売所を聞いておきましょう。
ネットなどの情報は古くなっている場合が多く、行ってみたら、もう販売しなくなっていたと言うことも有ります。
漁協に直接聞くのが一番確実です。
ちなみに漁協で券を買える所も有りますが、お役所なので平日のおきまりの時間しか開いてない所がほとんどです。

渓流釣りは早朝から行きますが、そんな早い時間から券を売っているのか疑問になるでしょう。
この辺は、かなりあいまいです。
解禁から、しばらくは早朝から売っている所が多いです。
土日のみ早朝から売るところも有ります。

でも、ゴールデンウイークを過ぎた頃には、どこも、早朝からは開いてなくなります。
かと言って、後から買おうと思っていても、監視員に出くわすと現場券を買わされる事に有ります。
現場券の方が、1.5倍くらいの値段になっています。
監視員に言うと、起こしてでも買ってくれと言います。
でも、早朝に静まりかえった、建物の扉を叩くのは勇気がいります。
なので、私は、年券を買うようにしています。
年券を買う場合は、免許用のサイズの写真が必要になる漁協もあります。
その辺の事も聞いておきましょう。

最近は、24時間営業のコンビニや遊漁券専用の自販機で券を売っている漁協も有ります。
何かと便利になりました。
 
 

○釣り場を絞り込む
漁協の管轄が解ったら、道路地図などを見て釣り場を絞り込みます。
初心者なら大きすぎず、小さすぎない河川が良いです。
水源地から10km〜15kmくらいの区間が初心者には一番釣りやすいと思います。
それを目安に前後5kmくらいが許容範囲になります。
つまり水源地から5km〜20kmが釣りの区間となります。
この区間外も、もちろんアマゴは生息していますが、釣り方が特別な物になるので、初心者にはおすすめ出来ません。
いきなり、色々な釣り方を覚えるよりも、まずは、基本の釣り方をマスターすることです。

同一漁協内で、5〜20kmの河川が釣りの候補地に上がりました。
当然複数の河川が有りますが、それ以上絞る必要は有りません。
当日、他の釣り人の有無が関係するからです。
人の後を釣っても、まともな釣果は得られないし、魚影の状態を正しく捉えることも困難になります。
人の後を釣ることはハッキリ言って時間の無駄です。
人が居ない所に入る事を優先するため、候補地は沢山有った方が有利です。

支流なら出合いから、道路沿いの河川では橋から入るなど、解りやすい場所から入ります。
後で記録に残すため何処から何処まで入ったかをしっかり覚えておきましょう。
そのためには地図が絶対に必要になります。
人間の記憶は、本当にいい加減なもので、私の過去の記録を読み返すと、「こんな事が有ったのか」と忘れてしまっている事が多くあります。
この記録こそが、未来の自分のための、虎の巻になります。
 
 

※1日の日程を決める
道路沿いの河川なら特に日程を決める必要は有りませんが、車道から離れて山中に入る時は、しっかり日程の確認をしましょう。

地図もロクな装備も持たずに時間も見ずに適当に歩いて釣りをしていては、いつ遭難してもおかしく有りません。
でも、渓流釣りにはそう言う人が多いのです。
だから、しょっちゅう遭難騒ぎが起きて、渓流釣りは危険と言うイメージが世間に定着してしまうのです。

山中に入るからには、やるべき事は登山や沢登りと全く同じです。
ガイドブックやネットなどで沢の悪場の有無などを、あらかじめ調べておきます。
それを元に、自分に遡行が可能なのか検討します。
ただし、情報は誤りも多いので鵜呑みにしないように注意しましょう。
あくまでも現場での自分の判断を優先させます。
高巻きルートを見て不安を感じたなら素直に引き返しましょう。
沢の情報が無いような時は、無理をしないで自分が行けるところまでにしましょう。

遡行が可能そうならば、アプローチの時間や、釣りをしている時間、帰りにかかる時間を予想します。
釣りをしながら遡行する距離は、状況次第でどうにでも変わってきますから、あくまでも目安程度に考えます。
「この沢ならアプローチに1時間、釣りを終えそうな地点から、帰りの時間が3時間。
だから、13時には竿を畳みたい。最長でも14時がリミットだ。」
と言う様にスケジュールを立てます。

スケジュールの予測を正確にするためには普段から時間と移動距離をしっかり把握していることが重要になってきます。
普段から沢山データを残して有れば、「どの位の時間釣りをすればどれだけ移動するか」「沢を1km歩くのにかかる時間は?」と言った事に正確性が出てきます。
 
当日、行ってみたらすでに先行者が居る事も考えられます。
その時の為に、候補の沢は複数決めておきましょう。
当然その沢の分も持参する地図を用意します。
家族に行き先を告げるときは、行き先が変更になる可能性が有る事を説明して、候補地全部の釣行先を紙に書いて渡します。
 
 

○装備を揃える
渓流釣りに行く場合は、釣行前日までには持ち物を揃えた方が良いです。

装備を揃えるときは、持ち物リストを見ながら忘れものが無いかチェックをしましょう。
渓流釣りでの忘れものは致命的です。
私も、過去に渓流シューズを忘れて、遡行に難儀したことがあります。
大丈夫と思っていると忘れ物をしていたりします。
忘れやすい物ベストスリーは、履き物、タオル、帽子です。
 
車で行く人は、万一転倒した時の為に着替えなどを積んでおくと安心です。

現地調達は極力避けます。
現地の釣具店で仕掛け類と餌を買うつもりが開いてないとか
弁当を買うつもりのコンビニが潰れていたりとか
行ってみたら自販機すら置いてない集落だったりとか
現地での調達は何かとリスクが高くなります。
前もって入手できる物は早めに用意しておきましょう。
 
それから車で行く人は、日曜日は要注意です。
他の地方の事は知りませんが、私の行く地域(静岡県、愛知県)の山間部のガソリンスタンドは日曜日が休みです。
たまに、土砂崩れや工事などで大きく迂回路を通らなくてはならないことが有ります。
予想以上に走り回る時も有ります。
そんなときの為に、出来るだけガソリンは満タンで出かけましょう。
 
 
 
次の記事「アマゴの釣り方・基礎編、入渓まで 」はコチラ
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事