ここから本文です
まいにちが、紙びより 〜北の紙工房 紙びより〜
札幌市厚別区厚別北3条5丁目33-5 (011)891-8424 OPEN10:00〜18:00火曜定休・臨休あり 和紙作家

書庫北の紙工房 紙びよりへようこそ

すべて表示

3月の工房カレンダーをお届けします。 ●主なお知らせ● 【広報さっぽろ3月号】 表紙の、札幌市の児童生徒による作品の立体背景を 紙びよりが制作させていただいております。 今月は、「10年後の私」。子供たちの未来への夢が表紙を彩ります。 【Compass祭に出店させていただきます】 イベント:Compass祭内 オークヒルマーケット 日:2017年3月12日(日) 時:10:00〜15:00(イベントは9時から始まります) 場:Compass(北海道青少年会館)札幌市南区真駒内柏丘7丁目8番1号 TEL:011-584-7555 内容: Compassさん主催のイベントに出店させていただきます。 1日限りの小さなイベントなので、 紙びよりも楽しみながらすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 本日の北海道新聞折り込み ❝さっぽろ10区(トーク)❞ 2017年3月24日号にて 東野の活動をご紹介いただきました。 シリーズ:極めるこだわる 「蝦夷和紙」づくりに挑戦 札幌市内の10区に配布されています。 蝦夷和紙への取り組みについてほか、 作品では春のはがきをご紹介いただいて ...すべて表示すべて表示

  • 2017年3月16日の北海道新聞朝刊に 富貴紙(ふきがみ)への取り組みが紹介されています。(連載最終日) 「富貴紙の里」再び(下) 製法確立 11年ぶり販売 釧路市との合併、第三セクター振興公社の解散など 様々な影響を受けながらも、細々と続けられてきた富貴紙作り。 釧路市は今年度、技術者を育成し、 途絶えてい ...すべて表示すべて表示

  • 2017年3月15日の北海道新聞朝刊に 富貴紙についての取り組みが紹介されています。 「富貴紙の里」再び(中) 和紙の遺産登録 追い風 釧路市と合併するも、他の地区に比べると観光の目玉が乏しく、富貴紙を特産にする夢もしぼみつつあった音別町。 2014年ユネスコの無形文化遺産に和紙が登録されたことをきっかけに、「富貴紙の里」として再び動 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事