Yahoo!ブログのアレ

Yahoo!ブログの転載機能について考えるテスト

全体表示

[ リスト ]


sen_nin_kiyama 氏がどういう意図でコレを転載したのかは分からない。

ただ、当該エントリーを見たとき、ひどいなとは思った。というのは、おそらくOYAJI氏が画像を入れ替えたため、たいへん酷いモノになっていたからだ。

残念ながら、オリジナルの画像のモノは見ることができなかったんだけど。

でも、オリジナル画像のモノであったら、酷いとは感じなかっただろうと思う。というか、「?」だったと思う。なんで、こんな他愛もない記事がトラックバックされたの?としか思わなかったし、たとえソコにOYAJI氏の写真があったからといって、どうという感想はない。

えーと、何が言いたいのかというと、「敵対する sen_nin_kiyama 氏のブログに転載されたから、誹謗中傷に違いない」とは決めつけられないモノぢゃないかと思うのだ。

というか、Yahoo!ブログの「転載」はミラーみたいなものなので、当該エントリー単体で捉えた場合、転載の意図は見えない。同じ記事が複数箇所に存在するというコトだけであって、何処其処のブログに転載されたら悪意で、何処其処のブログなら善意、なんて判別が出来るわけでもない。

コメント欄に、その転載記事に関して、誹謗中傷があれば、問題になるけど。←といって、転載が問題なんぢゃなくて、誹謗中傷のコメントが問題なんだ、と思うわけだ。

Yahoo!ブログの転載機能問題は、「無断リンク禁止問題」と似ていると思う。

リンクそのものには、問題は存在しない。リンクは自由である。例えば、

ttp://www.aboutworks.com/ ←こいつバカ

のような記述(広義ではコレもリンク)があったとして、「誹謗中傷だからリンクしてはいけない」という判断はどうかと思っている、私は。上記の問題点は、「←こいつバカ」に問題があるのであり、リンクそのものに問題はないと考えるべきだと思っている。この場合、削除すべきなのは、「←こいつバカ」という文言であり、リンクではないと思うのだ。

Yahoo!ブログの転載機能は、リンクを拡張したモノと考えることもできる(ちょっと強引だけどね)。

一般的に、リンクというか、アンカーをクリックすると、大抵のブラウザはリンク先の当該リソースを取得表示する。それって、転載機能で転載したものと寸分違わぬモノだったりする(まあ時間経過による変化もあるだろうけど)。ということは、クリックする手間を省いたリンクと解釈することも出来るわけで、「転載」も「リンク」も同等と言えなくもない。(プロセスは違うよ。結果だけね。あと、細かい差異はあるけれど。それと、法的にはそういう解釈は無理だけど。)

そういうわけで、転載しただけでは、悪意云々や誹謗中傷と決めつけるワケにはいかないんぢゃないかと思うわけだ。

まあ、それでも、古い記事だし、顔写真(だったのかな?)が晒されるのが嫌(とは言っても既に公開されていたわけで、今更、嫌っていうのもナニなんだけど)っていうのなら、画像をあんな風に入れ替えて報復するんぢゃなくて、もっと他の手があったんぢゃないかと思うわけだ、私としては。

どうすればヨカッタのかは、まあ、ここでは書かないけれど。

この記事に

閉じる コメント(1)

こんばんは。いまさらですが関連記事を書きまして、トラバしようとしたのですが、《eXcite》のTBが最近どうも具合が悪くて届きません。。コメントにURLを書かせていただきます、すみません。。。http://aso2.exblog.jp/4909344/

2007/1/7(日) 午前 3:12 阿檀 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事