シニアのスキー野郎

スキー,写真大好きな写真中心のブログです

全体表示

[ リスト ]

6年半使用の温水洗浄便座・ウォッシュレットを自分で分解修理した。

症状・・・お尻洗浄スイッチ押しても、殆どビデ洗浄になってしまう
   以前から時々発生したが、最近は頻繁発生

推察・・・スイッチの故障、接触不良、或いは制御故障 
    と考え、分解することにした。

分解段取り・・・止水弁を止め、水抜き、取り外し ⇒ 逆さまにして底面から分解

イメージ 1
 便座・スイッチと下部制御部とに分解できた。

イメージ 2イメージ 3
 その前に、底面のはめ合いを外し、後側部分から コネクター類を数箇所外し、上記2つに分割。

イメージ 4
 
 スイッチ裏側の基板(裏面)が見え、

基板(DL240B-P3JB)を外すと、

 下の写真の如き基板表面スイッチ郡と

矢印の押しボタン裏面があり、

ピンクの丸印のおしりスイッチ付近

なぜか濡れていたので、拭取り、ドライヤー

で乾燥させ、

イメージ 5
 
イメージ 6

 コネクターの接触具合を

確認、抜き差しして、組立て、

水配管もつけて、止水弁解除し、

漏電ブレーカー付き電源を入れた。

 ・・・ 快調動作 ・・・成功


☆実際は、分解するたびにあちこちの清掃に、倍の時間がかかります。
     ・・・・ これが個人修理の重要、有益作業です。

☆機種は・・・松下電工製 DL−ST20−CP ビューティートワレ温水洗浄便座。

☆コネクターは超小型で、接触部分を磨けないので、今度ダメになったら、
 接点復活剤(手持なし)買うか、コネクタ、基板を保守部品として、買えるか否か?

この記事に

開く コメント(10) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事