ここから本文です

書庫全体表示

にほんブログ村 芸能ブログ 男性芸能人・タレントへ クリックで今日のランキングが見れます
 
イメージ 1
 
久々のコンサートだというのに、出掛けるのにも腰が重い。
寒さのせいだろうか、家を出たくない。二日続けて最低気温0度を下回り、最高気温も4度と、異常なほどの寒さ。寒さには強いと思っていたが、やっぱり暑い夏が良い。なんて、いつも都合の良いことを言っているさすらいです。
 
そんな事で大宮に着いたのが昼の部が終わる少し前。途中でガストで食事。
周りは若い女の子ばかり、なんか気恥ずかしい。(笑)黙って食べているが、となりの女の子二人、男の子の話、女の子の悪口、あぁでもないこうでもないと、聞きたくもない話が入ってくる。女の子って怖い(笑)
 
外に出ると、もうゾロゾロと昼の部の終了で人が流れてくる。
 
イメージ 2
 
チケットは「らふいん」で取った割引チケット。
こうした原券がもらえるのは本当に嬉しい。ネットで取ったチケットは印字されただけのチケットだし、手数料を取られ、更に発券料が取られるという、なんとも寂しいシステム。「らふいん」で割引して貰って、更に原券が手に入るのだから、こんなお得なことはない。なんとか
ネットチケットは引換券で、会場で現券と交換
と言うようなシステムにならないだろうか。原券はファンにとってお宝だもの。
 
 
緞帳が上がり舟木さんが登場。
遠めなのと、最近は目が悪く、更にはオペラグラスも忘れたものだから、はっきり色は判らないが、カラシ色、いや柿色と言ったようなジャケットを着られている。


立ち話
 
東京は恋する
くちなしのバラード
花咲く乙女たち
友を送る歌
 
その人は昔
 
北国の街
哀愁の夜
高原のお嬢さん
 
宵待草
ゴンドラの唄
浮世まかせ
 
明日咲くつぼみに
あゝ青春の胸の血は
君たちがいて僕がいた
高校三年生
学園広場
 
初恋
夕笛
吉野木挽唄
絶唱
 
君よ振り向くな


 
イメージ 3
舟友さんの素敵で素晴らしいプレゼントの花束です。
いい曲だなぁ〜と思って聴いていたが曲名がわからない。あとから「立ち話」と聞いたが、この曲のオープニングは意外だった。
 
昼の部のご覧の舟友さんから「今日の舟木さんは声もよく出ていて、お元気で素敵でしたよ」とお聞きしていたが、確かに舟木さんの声は良く出ておられる。
それと感じたのは、会場が良いのか、PAが良かったのか、聞いているいちが良かったのか、音響が素晴らしいと一番に感じた。座った位置がPA卓の近くでもあった事も良かったのかもしれない。
 
東京は恋するの間奏はJAZZバージョンのピアノで、これがまた良い。今回は手元にノートを置いてメモをしながらだったが、思わず「ピアノが良い」と書く。
いつもなら北国の街とのカップリングが多いが、くちなしのバラードとつながったのが意外だったが、花咲く乙女たち、友を送る歌と続いても、違和感なく流れるように繋がっていく。
 
その人は昔
さすらいにとって、思い入れの強い曲。つい最近まで、コンサートでのアレンジが、どうしても気に入らなかった。というのも、50年近く前に初めての聴いた「その人は昔」そして映画での「その人は昔」シンプルさが好きだったからだ。
しかし、今回はとても良いと感じたが、それは私の中で、考えが変わったこと。
と言うよりも、今のこの曲が理解出来たということだ。
当時と比べ、舟木さんの声は明らかに変わっている。それは舟木さんの声の年輪ということで、声質の変化は、重厚さと深み増している。そして
その昔「その人」だった「洋子」は、今は「父であり」「母であり」「子供であり」「愛する人」でもあり、それぞれの人の心の中に居る「その人」なのだと。
そう考えたとき、前回よりは抑え気味の伴奏で、実に大きな、素晴らしい歌に再び聞こえてきた。
舟木さんはこの映画は、好きな作品の一つとおっしゃる。先日はこの曲の作曲家の船村徹先生のギター伴奏で夕笛を歌われた。舟木さんご自身、この曲を大事に、もっと大きな歌として歌って行くつもりなのではなかろうか。
 
宵待草、ゴンドラの唄は、日本の名曲を歌って行かれると宣言された一環だろう。竹久夢二さんの詩を気に入った西条八十先生が、二番を作詞されてこの曲ができた。ゴンドラの唄にしても舟木さんの歌唱力あっての歌だった。
 
今回のコンサートでの大きな話題は「吉野木挽唄」
奈良県の民謡だから伴奏はない。アカペラで歌われる舟木さんの伸びやかな歌声が会場を魅了する。そして絶唱へと続く。
夕笛、絶唱は、いつものカップリングだが、この名曲二曲も、吉野木挽唄の存在で霞んでしまうようだった。
 
エンディング曲が絶唱というのも珍しい。
途中でジャケットを替えたが、「待ったましたスタンディング」と思ったら、ラメ入りの黒のジャケットを着られてしまい、スタンディングなし。
 
アンコールで君よ振り向くなでスタンディング。
恒例のサインボールを、二階席に向けて勢いう良く打ち込んだが届かず。
それが、当初座るはずだった私の席の真上に落ちるのを見る。悔しい!
後ろの人に迷惑がかかるのと、身体が大きいので窮屈なため、後ろの空いている席に移動したため、残念な結果になった。(涙)
 
今回のコンサートは、いつもになく素敵に感じたコンサートだった。
 
さて、今回もたくさんの方から声を掛けていただいた。
特にこのブログを見て、「らふいん」で急遽来られた方も多く、このブログを役立てていただいたのは嬉しいことだ。岩手から来られたSさん、声を掛けていただき、このブログの意義を再確認させていただきました。有難うございます。
そして舟友の皆さん、ブログをご覧の皆さん、ありがとうございました。
 
相模大野にも参りますので、見掛けたら声を掛けてください。

この記事に

  • さすらいさん
    今年のコンサートも今まで以上に素的なようですね。
    名古屋は何月頃か今からとても楽しみです。その前に中日劇場の
    シアターコンサートもあり嬉しいです。
    さすらいさん、コンサートレポートありがとうございました。

    めぐみ

    2014/2/7(金) 午後 10:12

    返信する
  • 顔アイコン

    さすらいさん
    今年の初コンサートの様子を
    ありがとうございました。
    ワクワクしながら拝見しました。
    大宮に行けない方の難問題も楽しませて頂きましたが
    四苦八苦しました。
    良く、ご存じの方はコンサートに行って
    お留守だったのでしょうか?!

    マリーローランサン

    2014/2/8(土) 午前 0:37

    返信する
  • めぐみさん
    今年は舟木さん単独のコンサートは少ないとのことです。ですから今回のコンサートも貴重なコンサートになりました。中日劇場楽しんでください。

    さすらい

    2014/2/8(土) 午前 5:42

    返信する
  • マリーさん
    今回のコンサートは、予想以上に素晴らしく思いました。大満足で帰ってきましたが、浮かれて襟巻きを飲み屋に忘れてきました。(笑)
    クイズ参加有難うございます。

    さすらい

    2014/2/8(土) 午前 5:46

    返信する
  • さすらいさん
    サインボール惜しかったですね。
    名古屋で単独コンサートがなかったら、私シンジャウ(笑)。

    めぐみ

    2014/2/8(土) 午後 4:43

    返信する
  • 舟木さんのライブで席を変わる事は違反ですよ!!今度こんな方がいる事をライブの時に関係者の方に聞いてみます!カラダがデカイのなら席に合わせたカラダにしたらいいんですよ!持病もちなら痩せるのが自分の為では?? いつもいつもつまらない二流三流の芸能人?知り合い??の話をして自分がさも偉いように思ってる貴方の事ドン引きしてますわ! このあいだの剣道の素敵な可愛い舟木さんの写真を批評して自分のがさも上のような感じの言い方(爆笑)ファンがおばちゃんばっかりとか??そのたくさんのおばちゃんと舟友とか言って喜んでるんじゃないですか?? そんなおっちゃんのファンがおばちゃんって言ってた話なんて載せる事自体が貴方の大切な大切な舟友さん達をばかにしてる事ってのがわからないのね、、。まぁ貴方と付き合うくらいだから、全日本おばさんの会に所属してるようなタイプばかりなんでしょうね(爆笑) とにかく貴方は醜い肥満のただのおっさん!!舟木さんは貴方とは比べモノにならないくらいの別世界の素敵な方!! 貴方が舟木さんにかかわるのも気分が悪い!!

    [ t_e*r*u_u12*6 ]

    2014/2/8(土) 午後 5:54

    返信する
  • どうせ貴方はこのコメントに怒りをかんじ、自分視線からの批判をするのでしょうが、すぐに自問自答して考えてみてくださいよ。
    関西に住んでるものとしては、昨年末の新歌舞伎座の公演のことも東京でしないことを何度も残念に書かれたこと、すごい気分悪かったんですよ、わかります?
    肩車をした当時の子どもさんの写真のことも、貴方はいつか直々に自分が仲をとりもって紹介したいと思ってるんでしょ。
    とにかく舟木一夫さんは、貴方がおなじ目線で とやかく言えるような方ではないんです、ご承知おきくださいね!
    それと若いときから応援してきた舟友さん達を愚弄するのもやめなさい。

    [ t_e*r*u_u12*6 ]

    2014/2/8(土) 午後 6:08

    返信する
  • めぐみさん
    詳しい内容は良く判りませんので、確認をしてくださいね。

    さすらい

    2014/2/8(土) 午後 6:33

    返信する
  • t_e*r*u_u12*6さん
    いらっしゃい!いぁ〜実に沢山読んでくださってるんですね。そうした意味では有難いと思っています。
    たくさんのご意見ありがとうございます。真摯に受け止めさせていただきます。ご意見はみなさん色々有り、書かれたような事をお思いの方も沢山おられるでしょうね。それは承知しております。
    これからは気を付けることにしましょう。ただし、一言だけ言わせていただけば、あなたとは違う思いの方々が、あなたのコメントを読まれてどう思うのでしょうね。嫌な思いで読まれる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうかね。「武蔵野舟木組」そして「さすらい」自身を嫌いで気持ちが悪いなら、読まなければ良いのでは?と私は思うのですが。

    さすらい

    2014/2/8(土) 午後 6:53

    返信する
  • それは逆です、やっぱりそう書いてこっちを悪者にして、思ったとおりです。
    結局何を言うんだ、この俺に、ですね。
    あなたの書かれたことで、どれだけの方が傷ついたか、一人でもそう受け止めた人がいるってことをキモに銘じるべきですよ。

    [ t_e*r*u_u12*6 ]

    2014/2/8(土) 午後 7:03

    返信する
  • 何が云いたいの???この人??本当に嫌いだったら普通は読みませんよね。
    さすらいさん、ありがとう。確認しますね。

    めぐみ

    2014/2/8(土) 午後 7:57

    返信する
  • 顔アイコン

    さすらいさん、「難問クイズ」の企画、今頃気がつきました。残念!・・とはいえ半分くらいしかわかりませんでした(笑)ストラップほしかったよ〜ッ

    春日局

    2014/2/8(土) 午後 11:36

    返信する
  • 顔アイコン

    タクシーに乗る機会が多いのですが、結構団塊の世代の方が運転手でいらっして、会場へ向かう途中「今日はどなたが来られるんですか」とかよく訊かれます。「舟木一夫さんです」というと「えーーっまだ歌ってらっしゃるんですか?!」と驚かれ、詳しく(笑)教えて差し上げると、みなさん一様に感動されるんですよね。「僕、舟木一夫さんのファンなんです。どうしてるのかなあってずっと思ってました」って。実は私も一昨年までその一人でした先日、タクドラさんから「今の歌声をどうしてもききたい」と言われて、目的地に着くまでipodで歌を流すと、すごい感動されて。。。舟木さんは、3年間で600万人生まれたという団塊の世代にとって、男女関係なくその学園ソングを歌いながら学生時代を過ごしたという、特別で別格な歌手ですね。これからもどんどん聴きに来る殿方が増えるのではないでしょうか

    [ kunmeiko ]

    2014/2/8(土) 午後 11:56

    返信する
  • 顔アイコン

    さすらいさん、大宮でお目にかかれて嬉しく存じました。サインボールは私も未だ手にしたことがありません。残念でしたね。でも、次のコンサートに希望を繋ぎましょう!大宮コンサートでの舟木さんの歌唱は素晴らしかったですね。宵待ち草、ゴンドラの唄ではクラシックの基礎基本から学ばれた舟木さんならではの歌唱に聴き入ってしまいました。スケールの大きさを表現すると仰った初恋、夕笛、そして吉野木挽唄から絶唱へは、舟木さんが仰ったとおり2,500余席の大きな会場一杯に響き渡るスケールの歌声で、会場の観客は皆さん感動の渦に包まれました。まだまだ奥に秘められた魅力を限りなくお持ちの舟木さん、今年もどのようなお芝居と歌のステージを見せて下さるのか楽しみです。舟木さんが気持ちよくステージを務められるよう客席から心を込めて拍手を送りたいと思います。 削除

    [ 白樺 ]

    2014/2/9(日) 午前 3:11

    返信する
  • 顔アイコン

    オープニング♪立ち話でしたか(*^m^*)ムフッ
    この曲\(〃⌒▽⌒〃)/大好きです

    今年はソロコンサートがあまりないので行かれたさすらいさんが羨ましいです

    4月のBIG3コンサートを楽しみに春よ早く恋(舟木さんに)
    o(*^▽^*)o あはは

    [ nya**316 ]

    2014/2/9(日) 午後 9:24

    返信する
  • 春日局さん
    それは残念でした。(笑)またの機会に頑張ってください。

    さすらい

    2014/2/15(土) 午前 7:27

    返信する
  • kunmeikoさん
    なるほど、そうでしたか。実は私も新橋演舞場にタクシー行く時に同じような事がありました。同世代にとって、舟木一夫という人は特別なんですね。これからも男性ファンが増えると思っています。

    さすらい

    2014/2/15(土) 午前 7:30

    返信する
  • 白樺さん
    遠路はるばるご苦労様でした。でも元気が出たことと思います。
    サインボールは残念でしたが、私以外の方が取れた訳ですから、良かったんじゃないでしょうかね。大宮の音響は、今までになく良かった気がしました。スケールの大きな歌が増えてきた気がします。朗々と歌い上げた吉野木挽唄は感動でした。

    さすらい

    2014/2/15(土) 午前 7:34

    返信する
  • ニャロ姫
    お久しぶりです。「立ち話」いい曲ですね。聴いた事はあったのですが曲名がわからず、舟友さんに教えていただきました。まだ未熟なさすらいです。(笑)4月は地元でのコンサートで良かったですね。

    さすらい

    2014/2/15(土) 午前 7:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事