高橋の地震調査

個人的推測で科学的根拠はありません

全体表示

[ リスト ]

28日の気象庁日別表層水温(水深400m)からです。指摘領域に発震がありました。今後、茨城沖を中心とする半径500kmの領域は厳重注意です。推定規模は ” M4 〜 M6.5 ”と考えられます。EMSC(ヨーロッパ地震センター)のデータからも、今日現在までの世界の最大発震規模をもとに推定しました。
下図で、東南海沖の暖水塊は左右に揺れている状態です、注意です。
また、現在の状況は更に発展する可能性があります。 
この現象が終息するまでは、他の情報とともに注意をはらってください。
特に注意領域を下記に示します。
○ 宮城沖
○ 福島沖
○ 茨城北部、福島浜通り
○ 茨城沖・はるか東方沖
○ 茨城南部・千葉北東(西)部を中心とする関東南部
○ 千葉東方沖・はるか東方沖
○ 神奈川南部と沖側、伊豆静岡東部と沖側、東京湾周辺 
イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事