高橋の地震調査

個人的推測で科学的根拠はありません

全体表示

[ リスト ]


日本周辺と世界の地震は、1月の前半ごろから安定期の様子です。

特に活発な地震活動はみられません。(突然地震を除く)

私の考えでは、地震を大きく分ければ2種類の特徴に分けられると思います。

1 前兆あり、余震あり、(余震なし)--------例 : 311(9.0)、熊本地震(7.3)----予測可能性あり
2 前兆なし、余震なし(突然地震)---------例 : 小笠原諸島西方沖(8.1)------- 予測不可能

上記1について、予測可能性がある限りそれについての研究は必要と考えます。そのための確かなデータに
基ずく研究(追及)と、大量の同一データが必要(統計データ)であろうと思います。

本年2月3日までの、日本周辺の地震回数  元旦は茨城北部地震の余震です。 (気象庁・震源リストから)
イメージ 1




2008年からの地震グラフ(気象庁・震源リストから)
イメージ 2

※ 2016年7月に気象庁・震源リストデータの再評価が実施されています。






世界の地震回数(Ⅿ6以上) ( EMSCより ) 昨年4月と12月は世界的に地震活動が活発でした。
イメージ 3







IRISから  3日前(黄色)が目立っています。最近の地震が世界的に少ないということです。
イメージ 4



























この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事