三日月の館

いつもご訪問有難うございます。

全体表示

[ リスト ]

雪見御所跡(神戸市兵庫区)

場所 神戸市兵庫区雪御所町

福原京にあった平清盛の邸宅です。

詳しい地図で見る

イメージ 1

【雪見御所(ゆきみのごしょ)】

平安時代末期、平家一門が日宋貿易の港である大輪田泊を見晴らす福原の地を領有し、ここに多くの邸宅を構えた。
治承4年(1180)、政権の強化を図った平清盛が孫の安徳天皇を奉じて都造りをはかったのが「福原遷都」である。
しかし都造りは中途で頓挫、半年で平安京に遷都したため実態としての都は完成しなかった。
『平家物語』などには、平清盛が福原の地にいくつかの邸宅を持っていたことを伝える。
そのひとつが「雪見御所」で、その名を伝える雪見御所町に所在した可能性が高い。
ただし町名のもとになった古い字「雪御所」の範囲は湊山町南半が過半を占める。
西が石井川、東および北は天王川の西のほとりを北上し、そして西へと弧状にのびる古道により画される範囲になる。
南限は湊山小学校の敷地を北東隅から南西隅に横切る方向にのび、その南は「川原」という字名になる。この範囲には一町(約109メートル)四方の屋敷地が収まる。
当事の貴族の邸宅は広い屋敷地の北寄りに建てられるのが一般的で、南に庭園が広がる。
したがって雪見御所の屋敷建物が存在するのは湊山小学校の敷地よりも北側ということになろう。
1986年に湊山小学校の校舎建設に先立ち行われた発掘調査(雪御所遺跡第一次発掘調査)で確認された石垣のひとつはこの南の字境に一致する。
これは雪見御所の南を画する石垣、またはそれを踏襲する字境の石垣である可能性が考えられる。
雪見御所の北に安徳天皇が「福原遷都」の半年を過ごした「本皇居」=「平野殿」のあったこと、また、清盛邸の近隣に子息宗盛邸のあった可能性が当事の貴族の日記の記述などから知られる。
発掘調査によっても雪御所町の東にある上祇園町の祇園遺跡で平安時代末期の貴族の邸宅あとの庭園の存在が確認されている。
古記録と発掘調査の成果から、この地に「福原京」の時期を中心とする平家の邸宅がいくつも存在することを推測することができる。
ここ「平野」の地はまさにその名の示すとおり「平」家の本拠があった「フィールド(野)」といえるだろう。
この「雪見御所旧跡」の石碑は、明治39年に湊山小学校の校庭より掘り出された、往時の御所の庭造りに使用されていたと考えられる石に、明治41年に湊山小学校三代校長篠崎三郎氏が、生田神社宮司田所千秋氏の揮毫を得て、設置したものである。

以前ご紹介した祇園神社から天王川を下って行くと、石井川との合流地点に雪御所町がある。
イメージ 2

この付近に平清盛の邸宅「雪見御所」あったといわれる。
正確には雪御所町と湊山町にまたがる「字雪御所」とも。
イメージ 3

湊山小学校の発掘の様子。
イメージ 4

この石垣は、雪見御所の南を画する石垣ではないかとの説がある。
イメージ 5

現在は校舎が建てられ解からなくなってしまった。
イメージ 6

校庭南側のフェンスには「ここ辺り雪見御所旧跡」の標識が掛けられていました。
イメージ 7

湊山小学校の北側へ行ってみる。
イメージ 8

市道山麓線。
この辺りに邸宅があったのでは?
イメージ 9

湊山小学校の西北隅に碑と説明板が建っています。
イメージ 10

近づいてみる。
イメージ 11

「雪見御所舊跡」と書かれていました。
(説明板は冒頭ご参照)
イメージ 12

湊山小学校の玄関に飾られている破風屋根のレプリカ。
開校当時の本校舎は、勝海舟創立の海軍操練所から移築したものと云う。
イメージ 13

天王川を上る。
イメージ 23

平家の湯跡。
この辺りに平清盛の湯屋があったとも。
イメージ 24

今度は天王川を下る。
イメージ 14

荒田町に鎮座する荒田八幡神社。
イメージ 15

ご由緒。
ここは平頼盛(清盛の弟)の山荘だった。
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/e7/31/kanezane/folder/1510034/img_1510034_60723176_5?1316565130_
付近よりちょっと高い。
イメージ 27

拝殿。
イメージ 16

治承4年(1180)福原遷都のとき安徳天皇の行在所(皇居)となった。
イメージ 17

隣には昭和55年(1980)に建てられた「福原遷都八百年記念之碑」
平清盛は、福原京遷都によって宋との貿易を拡大し海洋国家の樹立を目指したともいわれるが、源氏の挙兵によってわずか半年で再び平安京へ遷都となってしまった。
イメージ 18

並び建つ頼盛山荘跡の碑をもう一度。
イメージ 19

荒田八幡神社の南にある宝地院。
イメージ 20

ここも山荘の一部。
イメージ 21

本堂。
この寺は壇ノ浦の戦いで平家一族とともに入水した幼帝・安徳天皇の菩提を弔うために弘安2年(1279)に建立された。
イメージ 22

以上、平清盛が夢見た福原京・雪見御所跡でした。

(おまけ)
現代の福原と言えば…
イメージ 25

夜の都。
イメージ 26

こちらは明治以降に命名されたそうで福原京の故地では無いが、どうもこちらの方がイメージが強くなってしまって近づきがたくなってしまった。

この記事に

閉じる コメント(4)

おぉ〜話題先取りですね(*^ー゜)b
来年の大河が楽しみ。気になるのは義経と静御前の配役。

2011/10/15(土) 午前 11:44 るな

新島襄まで記事がたまってきたので書いてみました。
こういう記事を書くと訪問者が増えますね。

2011/10/16(日) 午前 0:03 月の輪殿

顔アイコン

平清盛 雪御所 でググって来ました。
雪御所町に住んでいましたので懐かしいです。
自治会地図を1枚目として、7枚目の写真の路地に入る手前に
今も実家があります。
10、11枚目の石碑も昔は、6枚目画像の「旧跡」の場所(校庭)に
埋め込まれていて、小学生の遊具状態でした(笑)。

最近、少し東にある平野市場が取り壊され、
いろいろと平家関係らしい邸宅の遺跡?遺物?らしきものが
見つかったとも聞いています。

2011/12/10(土) 午前 2:21 [ うまいまい ]

アバター

うまいまいさん
情報有難うございます。
校庭から道路沿いに移動してくれたおかげで見れました。
平野市場は祇園町っていう所にある商店街でしょうか。
何か出てきそうですね。

2011/12/10(土) 午後 9:32 月の輪殿

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事