ここから本文です
ゆか帳
夏休みだ〜〜〜。

書庫全体表示

人生がときめく片付けの魔法
近藤麻里恵著
 
イメージ 1
 

内容紹介

この本は、「一度片づけたら、二度と散らからない方法」
について書いた本です。

「そんなことはありえない」

そう思った方にこそ、
じつは読んでいただきたい本でもあります。

著者の近藤麻理恵さん(こんまり先生)は、
床が見えないゴミ部屋を
ホテルのスイートルームのように劇的に変える
片づけコンサルタント。

5歳のときから
「ESSE」や「オレンジページ」等の主婦雑誌を愛読し、
中学3年のときには、ベストセラー『「捨てる!」技術』を読んで開眼、
以来、本格的に片づけ研究を始めたそうです。
そして、大学2年のとき、コンサルティング業務を開始、
「こんまり流ときめき整理収納法」を編み出しました。

その極意をひと言でいうと……

まずは、「捨てる」を終わらせる。
そして、一気に、短期に、完璧に片づける。

これを正しい順番で行うと、
二度と散らからなくなり、一生、きれいな部屋で過ごせる
というのです。

しかも、著者のコンサルティングを受けたお客さんから
ほとんど毎日のように「人生が劇的に変わった」と、
たとえばこんな報告のメールが届くそうです。

「おだやかになったね、といわれるようになった」
「営業の仕事がたくさんとれるようになった」
「気乗りしないお誘いも、断れるようになった」
「仕事の面で、迷わなくなった」
「会いたかった人から、連絡がくるようになった」
「なぜか3キロやせた」
「自分が持っている力に気づけるようになった」
この「人生がときめく片づけの魔法」を手に入れて、
新しい人生のスタートを切ってください。
 
 
〜感想〜
 
会社からもらった本なんだけど
なんか昔に気になってた本。
まあ片付けの本だからどれも一緒だろうし。。。
とスルーしてた。
 
読んだ今は。。。
 
家中片付けたい!!!
 
一言でいうとこの本は
収納とか片付けノウハウの本だけど
ある意味自己啓発系の本だと思う。
 
とにかく自分の価値感を
モノを通して見直して
自分に本当に必要なものだけで
生活する。
 
だから余計な物は増えないし
再度散らかることもなし。
 
好きなものに囲まれてるから
たとえ人からみたら
散らかっているように見えても
本人には片付けなきゃ!って
ストレスはないからそれで
OKなんじゃないかなあ。。。と
 
だからまた散らかるっていう
リバウンド率ゼロなんだと思う。
 
とにかく一つ一つのものと向き合って
それが本当に必要か考える。
 
その基準は使うかどうかじゃない。
心がときめくかどうか。
 
まだ使えるもの
人からのプレゼント。
もし必要になったら?
といろいろ口実を作るから捨てられない。
 
だから基準は自分の心
ときめかないものは
捨てる。
 
なんかこういうとモノを粗末にしてるように
感じるけど
本当はその逆。
 
捨てること
ll
モノには役割がある。
その役割を終えたら
感謝して送り出す。
 
いったん捨てて
自分のときめくものだけで
生活すると
多分今度何かを買うときも
色々考えると思う。
そして買ったものは粗末に扱わないだろうし。
 
この本には分別する順番(コレ大事)と
それぞれの捨てずらい物へは
どう考えるか。
が書かれている。
 
私は白黒はっきりしてる性格だから
自分のいるものといらないものが
はっきりしてて
分別もしやすいし
後からやっぱり置いとけばよかったとか
そういうものがないけど、
 
モノが多いおうちはだいたい
本人が自分の持ち物を把握してなくて
またあるかどうかもわからない
後から使うかも?という機会のために
置いているものが多すぎる。
 
捨ててしまったら、その時また買えばいいし、
なければないでアイデアだして
何か別のもので対応できたりもする。
って本には書いてるけど
その通りだと思う。
 
あれおいとけばよかった、
これ捨てなければ良かった。
そういうマイナスのところにばかり目が行く人には
この本はむかないかも。。。
 
それ以上にもっといいことがあるはず!
 
 
片付けただけで人生が変わるなんて
おおげさ!って思うかもしれないけど
私はあながちうそではないと思う。
 
モノと向き合うことで自分の価値感や
基準をしっかり作れば
人生楽だと思うなあ。
自分の好きなものだけに囲まれた生活。
ストレスもたまらないし。
 
この本の中で今まで私が捨てれなかったものが
捨てれるかも〜。と思ったものを数箇所
 
①写真
ときめかない写真は捨てる
写真は撮った時点、
あるいは現像した時点で
その役目を終えているものがある。
 
②洋服
ときめかないけど置いている
高かったから、
まだ綺麗だから、
捨てられない洋服。
洋服は買った時点で
その時ときめきを与えてくれた
という役目を終えているものもある。
 
③セミナーなどの資料や
後で勉強しようと置いている本
これ結構ある。
後で見返すことはほぼない。
一度捨てても
本当に勉強する情熱があれば
またその時買って勉強するはず。
捨てる前提なら
その本や資料をもらったときに
真剣に向き合い
自分の中に落とし込むようになる。
 
④ひとからのプレゼントや手紙
プレゼントは受け取ることに意味がある
あげた方もプレゼントも
押入れの奥底に忘れられたり
邪魔者扱いされるのは本望ではない。
感謝して送り出して(捨てて)あげる。
 
 
とにかく捨てる捨てる。
って感じに書いてるけど
 
本当は捨てるんじゃなくて
ときめくものだけ残す!
 
そうすると驚くほどスッキリするらしい。
 
そりゃそうだろうな〜。
一週間位休み欲しいなあ。
 
で家中ひっくり返して
片付けたい!!!
 
そういえばこの秋に
この本がドラマ化されて
仲間由紀江主演で始まるらしい。
どんな感じになるんだろう?
ちょっと見てみたい気がする。

「本」書庫の記事一覧

閉じるコメント(7)

  • 顔アイコン

    あれ? アイリスさんがまだ来てない(笑)

    ゆかさん・・・・なんか私、耳が痛いことがいっぱい書かれてる(爆)
    だってうち、私が片づけ下手だから、物が溢れ返ってるもん(>_<)
    ↑読んでみる〜〜〜!!

    [ GOYUKI ]

    2013/6/12(水) 午前 1:33

  • あぁーーー!!!
    耳がぁーもげそう!!(笑)

    そうそう、同じようなもん気づかずに買ってる事あるわー(>_<)

    片付けの番組大好きだし、常に脳裏にはあるんだよねー
    後、感謝の言葉をかけて捨てるっていう人もいるよねー

    暖房も冷房もいらない今の時期が片付け時だと、ちょっとづつやってるんだけど、服は幸か不幸かサイズが入らなくなったりして処分出来たりしてるー(爆)

    i☆ris

    2013/6/12(水) 午前 2:42

  • あ、、、、
    とりあえずダンナから捨てよ!!
    相当スッキリしそー\(^o^)/

    i☆ris

    2013/6/12(水) 午後 3:32

  • 私ね、金スマでこの人見てちょっと好きになれなかったの。言う事に賛同は出来るんだけど、この人が駄目だった!
    人は見ないで、本とか、活用術とかそう言うの先に知れば良かったって。何か先入観なんだろうけどね。

    でも捨てれない、片付けられない私でも出来るかなー?もう、物が溢れてるんだもん。

    ひとみん

    2013/6/12(水) 午後 5:58

  • 顔アイコン

    GOYUKIちゃん、これいいよ〜。片付けが下手とか収納がうまいとか関係ないみたい。
    気持ちの持ちようみたいよ(笑)

    ゆか

    2013/6/13(木) 午後 10:27

  • 顔アイコン

    あいりす、耳がいたいどころかもげるのか!(爆)
    とりあえず本貸すわ!w

    ゆか

    2013/6/13(木) 午後 10:28

  • 顔アイコン

    ひとみちゃん♪

    言いたいことめっちゃわかる〜〜〜〜!!
    私本読んで記事書くのに検索してたら動画があって、作者がしゃべってるの見た。
    なんかイメージと違った。

    ひとみちゃんちは物があふれてるなんてなさそう〜。
    絶対おしゃれな部屋だと思う!

    ゆか

    2013/6/13(木) 午後 10:29

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

Yahoo! Choctle

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2 3 4 5
6
7
8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
今日
全体
訪問者訪問者12130139
ブログリンクブログリンク041
コメントコメント07006
トラックバックトラックバック026

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事