食道癌手術後

手術で15キロ減り50キロに下がった体重、食欲不振で46キロに。

まだ書けるかと思いながら

まだ生きています。 今年の夏も食べられず、ダンピング、何度も何度もどうしてこうも死ねないのだろうかと苦しみました。   28日、がんセンター診察予約日、苦しくて車にも乗れず、タクシーで行き、近くの医院に変えてもらうよう紹介状をもらい、7年5ヶ月お世話になった病院にさよならしました。   ここまで生かさせてもらったことを感謝しています。   生老病死、一人来て一人で去る、すべての生き物に課せられた道を苦しまず、去れるかまだまだ・・・・

その他の最新記事

すべて表示

術後5年生存を達成したい

2010/1/26(火) 午後 4:11

 寒くて寝ていると軽い文庫本が読みやすい。バラ読みで司馬遼太郎の国取り物語を開いている。  油商から美濃の土岐氏に取り入り、最後には追い出して国主になる蝮の道三を終わり、信長のところに入っている。  娘の濃姫を信長に嫁がせ、隠居後息子(実は先主の子)に殺される。その前に娘婿信長に美濃を譲ると文書に書く。  明智光秀も道三のところ ...すべて表示すべて表示

さびしさの はてなむくにぞ

2010/1/20(水) 午後 3:07

 夕方誰も帰ってこず一人でいるとき、ふっと寂しさを感じることがある。  時には子ども達家族皆でいるのに、なかに入れない話題で賑わっているときなども。  最近、と言うよりかなり前からだが結婚せず一人暮らしで通す人が増えている。寂しさを感じないのだろうか。それが少子化の元だと思うし、施策もあれこれなされているようなのだが。  自殺も ...すべて表示すべて表示

また意外なことが

2009/10/26(月) 午後 3:45

月の半ばから受けていた検査結果がでた。血液マーカーというのが3種類あるそうだ。ひとつだけ高いが前回より下がっているし、CT、エコーなど総合で癌の気配は遠のいているらしい。肺の影も逆流吸い込みの炎症だったようで、小さくなっている。  しかし腎臓の石とか、血管のこぶとかほかの心配の種が見つかった。生活全体があまり健康的ではないし、出来ないことばかりだか ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事