ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

千歳サケのふるさと館は、今が観客のピーク。
3連休の真ん中ということもあって、時間的には遅い午後3時というのに、
空港方面からサケのふるさと館に入ろうとする車の渋滞約2km! うそー!
ナビで別道を走り、逆方向から並び、なんとか約束の時間に間に合った。

人出も多いが、今年は、サケの遡上も多いのだそうだ。
隣にある、インディアン水車によるサケの捕獲数を事前に見ていて、
なんだ今年は昨年より少ないやん!と思っていたのだけど、
実は去年は史上2位の大漁の年で、今年もこのままだと、おそらく史上3位になるだろうとのこと。

この水族館の魅力は、一級河川千歳川(石狩川支流)の護岸に、どーんと開けられた水中観察窓だ。
もちろん、お目当てもその水中観察室。
明るいうちにと、挨拶もそこそこに、一目散に駆けつけたのでした。
今まで訪れた中では最も川の透明度が高く、学芸員さんの話しでも「非常にいい状態」だとか。
水槽ほどの見やすさはないのだけれど、本当の川を覗いているという臨場感はやっぱりすごい。

人間の目というのは、よくできているもので、
同じモノを撮った写真の10倍くらいの鮮明さで、実にはっきりと見える。
生命の理由「子孫を残す」というさだめに決然と向かうサケたちの、なかば恍惚の表情。
見ているだけで感動ものです。

その感動が、写真には鮮明に現れないのが辛いけれど、臨場感だけをお伝えします。
●photo上:千歳川水中観察窓から、30尾は簡単に数えられるシロザケたち。

ここはサケ科の仲間が中心の水族館だけど、淡水系生物や汽水域の生物の展示も充実。
エゾサンショウウオが人なつこくて、写真撮っていたら、わざわざこっちに向かってきてくれた。
●photo下:エゾサンショウウオ、まるで、ワンコのように可愛い。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

かわいい!エゾサンショウウオ!こんなつぶらな瞳なんですね。

2005/10/12(水) 午前 8:55 [ yutte ] 返信する

顔アイコン

うん、かわいいでしょ。サンショウウオの中でも、ちょっと太めのプロポーションとか、色とか、なんといってもくりくり目が、特別可愛いですね。ボクは自分の顔がカエル顔のせいか、両生類を撮るときには、できるだけかわいらしさをクローズアップしようとしてしまいます。撮影しているときに自覚している、びみょーなえこひいきです。w

2005/10/13(木) 午前 0:21 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事