ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

旭川の街は、「旭山動物園がプロジェクトXになる」のポスターにあふれていた。
なんというか、現代の伝説となった感のある旭山動物園である。
多くの展示方法に「行動展示」と称する手法を取り入れているのが、人気の秘密だが、
実は、ブレイクした直接の展示は、アザラシ、ペンギン、ホッキョクグマの水族館手法だ。

こんなこと言うのはなんだけれど、これって、
今まで動物園が、水族館以上に展示に対する努力をしてこなかった、という証明でもある。
さらに、それぞれの展示は、すでに他の水族館で実現されていた展示。つまり、
マスコミも大衆も、今まで水族館や動物園の優れた展示を知らなかった、という証明でもある。

でも、そこで旭山動物園は、最も努力をしていない代表格といえる公立動物園でありながら、
(実際つぶれそうな地方動物園だったのに)大改革を成し遂げたこと。
そして、今までにあった展示方法に、旭山動物園ならではの工夫を取り入れたというところ。
さらになんと言っても、それをやり遂げたのが、園長をはじめとする職員のグループであること。
そんなドラマが、旭山動物園伝説を作り上げたのである。

実は、ボクも努力をしなかった一人であることを痛感している。
十数年も前、ペンギンが海中を飛ぶということに気づきながら(→空飛ぶペンギン)、
それを水槽で見せようと考えなかった。水族館人として、客を無視した怠慢。
こういう反省しなくちゃいけないこと、日本の水族館、動物園にはいっぱいあると思うのですよ。

旭山動物園の成功が刺激となって、日本の動物園、水族館にも新たな努力の波が起きるといいのだけど。
と思っていたら、まるっきり同じ展示方法を真似するという、努力も反省もない現象がすでに・・・。
あぁ、たまらんですな〜。。。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事