ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

茨城県と福島県、なぜこの時期にか?と問われれば、鍋の季節だから。w
アクアワールドの大洗も、アクアマリンがあるいわき市も、アンコウ鍋の本場ではないか!
水族館訪問というのは、ほぼ常に、食べ物を楽しめるのがいいですね。

でまあ今回は、宿泊したいわき市の小料理屋にしっかりアンコウ鍋の予約をしていたのでした。w
先に行って来た大洗では、ちょうどアンコウ祭りとかやっていて、すでにもう気はそぞろ。
しかし、アンコウ鍋が食べ頃になるまで、いくつか地物のオススメをいただこうか・・・。
と、見つけたのが「メヒカリ」
なんだかもう名前からしてすごく怪しい。(目が光るのか?)
メニューに写真が付いているのだが、頭と目がでかい不思議な形。
そして、なるほどやはり「深海魚」と書いてある。

お店の人に聞いたら、塩焼きとフライがあるけれど、
ちょっと脂とクセが強いので、初めてならフライがいいでしょう。とのこと。
そのフライは、シシャモに内臓の苦みをちょっと入れてフライにした感じ。
いや、なかなかいけるのですわ。

さて次の日、アクアマリンふくしまに訪れたとき、期待したのがメヒカリ。
もしかしたら、メヒカリの生きてるのを展示してないかと。。。
そしたら、同行の編集者の「いた!いたよ、メヒカリ!」との叫び声。
興奮する編集者に連れられていくと、いました。確かにおりました。

メヒカリさん、深海魚としては、たいへん綺麗な魚。
特に、色の美しさは、これなかなかのものではないですか。
胸びれと尻ビレで立っている姿なんか、いかにも深海魚っぽくていいし。
これまで生きている姿を展示することはできず、なのに「いわき市の魚」でもあり、
アクアマリンふくしまで、世界で初めて飼育に成功したのだそうだ。

マルアオメエソという種と同種の可能性があると解説されていた。
でもカンチョとしては、やっぱり「メヒカリ」の方がいいな〜。

この記事に

ゲーミングキーボード&マウスなどが当たる!キャンペーン実施中

閉じる コメント(2)

顔アイコン

地元でもアンコウは高級魚なので、めったに食べませんよ。と言うか食べれません。浜ではのアンコウ鍋は、水を一滴も入れず野菜の水分だけでします。味付けは味噌!最初に肝を鍋で溶かして、白菜・大根を入れ、アンコウを入れて。アクアマリンで「美味しそうな魚」と、つい言ってしまう私です。

2005/12/9(金) 午前 11:27 [ ニードル ] 返信する

顔アイコン

ニードルさんアンコウマリンいやアクアマリンの地元ですか。野菜の水分だけのアンコウ鍋!なんだか暖まりそうですね〜。ボクは関東にやってくるまでアンコウ鍋というものを食べたことがありませんでした。水族館の展示でもアンコウは関東以北に多いのです。

2005/12/9(金) 午後 3:00 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事