ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

先日から、手乗りペンギン展示室をオープンして、最初にチリのプンタアレナスのペンギンを紹介してたら、写真撮りながらいろんなことを思い出しました。
なるほど、お土産とは、こうしてその地の記憶を思い出すキーワードなのですね。

チリでは、ホント死ぬかと思った007みたいな思い出がいっぱいあるのだけれど、ペンギンののんびりした顔を眺めていたら、思い出されるのは食べ物が美味しかったことばかり。
※007話は、こちら「旅の手帖」に連載していた1996年の5〜8月のエッセイを読んでいただけばと思う。

チリにはピスコという強い蒸留酒があって、食事の時にはまず、ピスコを卵白とレモンとソーダで割ったピスコサワーをいただく。
そして、今日のオントレは何にしよ〜かな〜?・・・なんてメニューを眺めるのだ。

お気に入りの前菜は生ウニだった。なんと、10個分くらいの生ウニがボールに一杯出てきて1人前。それに半切りのレモンをジャーと搾った贅沢でワイルドな一品。
そんなもったいない、生ウニには醤油とワサビでしょ!と思うだろうが、こんな大量のウニを醤油で食べたらエグくてしょうがない。レモンが一番なのだ。

でも、そんな贅沢生ウニを差し置いて、ボクが特別気になっていたのは、子どもの拳くらいもある巨大なフジツボを茹でた料理だ。名前をピコロコという。
フジツボの富士山の噴火口のところから、これまたでっかい爪が覗いていて、そいつを引っ張り出すと、カニコロッケの中身を小ぶりにしたみたいなのが出てくる。
うげ〜!これってまるでカニみたいやん!
いや、カニみたいなのではなく、フジツボはカニやエビと同じ甲殻類、カニの仲間そのものなのだ。
よって、お味の方もエビカニ系。とても美味しい。

店主に生きているのを見たいと言ったら、市場にいけばいくらでも売ってるというので出かけた。
そしたら、大量のウニやイカ、ホヤなどといっしょに、この巨大フジツボ「ピコロコ」がたくさんいた。
そっとのぞき込むと、生きている奴の爪は、ちょっと毒々しいようなカラフルさで猛々しい。
そして、3cmもあるその爪がニューっと出てきてひっかくそぶりをした。突然、まわりのフジツボまでもが同じように騒ぎ始める。
うわっ!こいつらフジツボのくせに、明らかにオレを攻撃しようとしている。
それ以上近寄ったらこいつでザクッとやってやる!という彼らの意志をありありと感じた。
味が似てるからというよりも、この瞬間、フジツボがカニの仲間なんだと強烈に印象づけられた。

チリを離れてから、ピコロコの名前は、ピスコの名前と共に忘れてしまっていたのだけど、一昨年、葛西臨海水族園のチリ沿岸の水槽で再会した。
魚名板には「ピコロコ」と書かれていた。あぁそうだったそんな名前だった。しかも料理名でもなかったらしい。
ボクは、水槽の中のピコロコに見入ってつぶやいた。「美味かったよな〜おまえ。」
不思議なことに、すっかり忘れていたピスコの名前も思い出していた。
ピスコサワー、久々に呑みたいな〜。ピコロコをいただきながら・・・w。

ところで、フジツボ、日本でも食べられます。
1年前の冬、雪の青森県で、ふらりと入った郷土料理のお店にありました。
ピコロコにはおよばないけれど、西の海ではみかけないほどの大ぶりのフジツボ。ミネフジツボという種類だそうです。
爪もけっこう大きくて、美味しくいただきました。

●photo上:ピコロコ(葛西臨海水族園)
フジツボはカメノテなども含めて、蔓脚目=まんきゃく目。まつげのような脚をだしてエサを捕るのだけど、こいつはこんなでっかい爪も持っている。
チリの市場には、大人の拳に近いくらい大きいのもいました。

●photo下:青森県でいただいたミネフジツボ。
スープがまた、すごく美味しいのですよ。
でも古くかららの郷土料理ではなく、かつては船底や漁具に着くやっかいものだったのを、ある料亭の主人が、カニの仲間だったら食えるかも?と考えて調理したのが始まりだとのこと。
今じゃ養殖もしてるとかw。


この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

フジツボ食べたことないな〜今一番食べたいのはフウセンウオ。あの吸盤が貝っぽい。

2007/1/29(月) 午前 1:50 御前加那子 返信する

顔アイコン

カメノテはあるけどフジツボはないなぁ、ピコロコはおいしそう。アカグツは不味かった、タイにいったときに地元の人が銛ぶっさして10人がかりであげていたメコンオオナマズやオーストラリアで食べたイセエビは大味でうまくなかった、韓国で食べた真っ赤なユムシはまあまあ。御徒町の駅前にも結構「へんなしょくざい」そろってます♪ 削除

2007/1/29(月) 午前 2:08 [ たまちゃん ] 返信する

顔アイコン

し…しらなかった…美味しいんですね。 いつも行く業務用スーパーで時々みかけるので、今度買ってみようっと。 削除

2007/1/29(月) 午後 0:23 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

ほほう、誰も食べた経験ないのか〜。ボクは子どもの頃、「磯モン」と称した、磯のカサガイや巻き貝やら、カメノテやらをざっくり茹でただけのものをいただいたことがあり、その中にフジツボも入っていました。でも小さくて子どもにはとても食べにくかったことしか覚えてないです。その辺の海岸で採ってきて茹でればけっこういけるかもですよ。で、フウセンウオも今なら磯にいたりするそうな。>梅華さん

2007/1/30(火) 午前 1:38 kapaguy 返信する

顔アイコン

たまちゃんはいろんなもの食べてるんやね。フジツボとカメノテは同じ仲間だから、味はけっこう似ていると思う。ユムシか〜、ユムシね〜、いただきます食堂では扱いません。

2007/1/30(火) 午前 1:51 kapaguy 返信する

顔アイコン

へぇ!ばったさんちのご近所スーパーには売ってるんだ!それ、きっとミネフジツボよね。まさかピコロコやなんてことないよね。しかし、チリのウニはいっとき日本に輸入もされたらしいからなあ、ピコロコもどっかにはあるかも。そしたらきっとピスコもあるはずだ!

2007/1/30(火) 午前 1:54 kapaguy 返信する

顔アイコン

私も若いころチリのビーニャデルマールでフジツボをよく食べたよ。もう30何年も前だけどね。
岩にみっしり群生していて、食堂のショーケースには岩ごと並んでたよ。 だからピコロコスって複数形で覚えたわ。

現地の人は普通スープにして食べてたけど、食堂のおばさんが日本人の私にはレモンと塩を掛けて出してくれた。
でも醤油とわさび・日本酒が欲しくて、電車乗って翌日サンチャゴまで醤油買いに行ったよ。
キッコーマンはあったけど、日本酒はワインに。わさびは入手不可能でした。
生涯に食べた物のなかのベスト3には絶対に入ると今でも思ってる。
日本へもどって、東北では養殖してるとか聞いていつかまた食べたいと思ってます。(ネットでも買えるとか・・・)

2013/10/14(月) 午後 10:16 [ eig**aisu*i5690*16 ] 返信する

東北のはミネフジツボではないかと思いますが、ピコロコと同じように美味しいですね。味が日本風味になってるのがまた美味しいですw。

2013/10/21(月) 午前 2:53 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事