ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

マガキガイの眼

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

眼のある貝。マガキガイ。
多くの貝には眼がない。ホタテガイには眼がたくさんあるけれど、光を感じるための眼だ。
いや、あのたくさんの眼が、それぞれ何か見えてたとしたら、相当複雑な脳を持っていないと処理できないだろう。

もちろん例外的に立派な眼を持っている貝がとても身近にいる。カタツムリとナメクジだ。
しかし、彼らは、貝類の中ではかなり不思議な進化をした、陸生で肺呼吸までする貝だ。
なんとなく、眼が付いていてもおかしくもなんともないような気がする。
そもそも貝の仲間は、あまり動いたりしないのだし、他の生き物を追いかけて捕食するというような種類もきわめて少ないから、光を感じる以上の眼は、それほど必要としていないのでしょうね。

ところがそんな貝の仲間にあって、あからさまに立派な眼を持っているのが、このマガキガイの仲間だ。
正しくはソデボラ科の仲間というのらしいが、この仲間は立派な眼を持っている。

眼は、目玉も立派ながら、眼の付いている眼柄がまた、長くて立派。
さらに、ゾウの鼻のように長くて自由自在に動く口も持っている。
2つの宇宙人風の眼をぎょろぎょろとさせながら、ゾウの鼻をあちらこちらに動かす様子を見ていると、貝ではないように思えてくる。

高知では「チャンバラガイ」と呼ばれて食材になる。かなり美味しいらしいがいただいたことはない。
なぜチャンバラ貝なのかと言うと、巻き貝の仲間が身を隠すときに使う貝殻のフタが、3角形に尖っていて、それを振り回すからだ。
別に怒っているとか喧嘩してるというのではなさそうなのだが、フタを振りかざしている姿は、確かにチャンバラしているように見える。

そんなワケで、水族館で展示されている貝の中では、これもまた例外的に面白い貝なのだ。
チャンバラしていなかったとしても、とにかくよく動いてくれる。
確かに牛歩ではあるけれど、こんなによく動く貝は、見たことがない。

まあとにかく、貝類の中で最も働き者だと考えればいい。
好物の藻を食べるために、敵味方の関係なく、あの長い口で岩を探ったりなめたりしながら歩み続けるのだ。
よく動くから、周囲の状況を見るための眼が発達したのだろうけれど、見るからにちゃんとした意志を持って歩んでいる貝に思える。

●photo上:これがマガキガイ。眼とゾウの鼻がとても目立つ。(新江ノ島水族館)
      この長い鼻(ホントは口)で、砂や岩に付いている藻を吸い込んで食べるのだ。
●photo中:眼のアップ。なんだかスゴイ眼ではありませんか。いったいどのように見えるのだろう?
      さらに、眼柄の途中からは、こちらもやっぱり立派な触角が出ている。
●photo下:後ろから見たところ。貝殻は、猛毒の牡蛎アンボイナに似ている。

※マガキガイのいる水族館。
ボクが知っている限りでは、新江ノ島水族館の他、k京都大学白浜水族館と、美ら海水族館、サンシャイン国際水族館で会える。もちろん小さい生き物なので、見落としているかもしれない。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こ…コレは素晴らしい!忘れられません…きっと… 象の鼻のような口もかっこいい!しかも結構伸びるんですね〜(下の写真)すごいすごい!!! 削除

2007/2/5(月) 午後 2:01 [ ばった ] 返信する

とても素晴らしい造形美ですね。目が本当に目玉の形ですね。殻も円筒埴輪みたいで渋い形だし・・・。えっ?これってサンシャインの水族館にもいたのですか?見落としています。もったいないことをしました。チャンバラしている姿を一度是非見てみたいものです。

2007/2/5(月) 午後 11:33 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

ばったさん<うひひ、強烈なお顔でしょ。マンガやイラストでは、貝に眼がついてたりするけれど、こんなにしっかり付いていると、まさにマンガです。下の写真の口、よくぞ気づいてくれました。眼と重なってしまったのが残念だった。。。修行が足りん。。。

2007/2/6(火) 午前 2:04 kapaguy 返信する

顔アイコン

眼とろんさん<目玉がなんというか回ってるコマみたいで、これを真正面から撮ってみたいと思ってるんです。でも実は、この眼直径1mmくらいなのですw。だからこれ、めちゃくちゃ接写。サンシャインで見逃したのも無理ないというところ。でも、こういうのが発見できると思うと、水族館はますます宝の山でしょ。

2007/2/6(火) 午前 2:09 kapaguy 返信する

顔アイコン

すごいですねえ〜〜!!これまた水中カネゴンみたい、、。こういう顔、、好きだなあ〜〜。眼の下のぺろ〜んと長いのは触角かなにかでしょうか、、。口が掃除機なのもおもしろい!サンシャインの水族館にはよく通ってますが、今度は探してみます。確かに、チャンバラは一見の価値がありそうですね@_@

2007/2/6(火) 午後 1:43 カッパのまりっぺ 返信する

顔アイコン

初めまして。 たぶんマガキガイだと思うんですけど、神戸市立須磨海浜水族園でもお見かけしました。 ずっと貝殻だと思っていたのですが、ある日動いているのに気づいて以来、お気に入りの貝ちゃんです。 眼っぽいけど、眼じゃないんだろうなぁ。口っぽいけど、本当は口じゃないんだろうなぁ…なんて思っていたのですが、そのまんまだったんですねー。 ↓の色から調べられるお魚図鑑、いいですね!是非欲しいです☆ 削除

2007/2/6(火) 午後 8:11 [ ko-puchi ] 返信する

顔アイコン

カッパさん<そうだ!カネゴンの眼はこんなだったですね。 前に紹介した正面アンコウ[http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/44105481.html ]にこの眼を付ければ、つくづくカネゴンだな〜。眼の下から出ているのは触角です。実はボクもこの触角に気づいたのはつい最近でした。チャンバラは見ようによっては、阿波踊りの手の動きのような感じです。

2007/2/7(水) 午後 1:05 kapaguy 返信する

顔アイコン

ko-puchiさん、ようこそです。須磨にもいらっしゃいましたかマガキガイさん。でも、よく気づきましたね。ある日気づくほど水槽を見てくれるファンがいるというのは、須磨水族園は果報者です。今度はぜひ、虫眼鏡を懐にしのばせて須磨水族園に出かけてください。眼っぽい眼を肉眼でみると、またスゴイですから。

2007/2/7(水) 午後 1:13 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事