ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

カンチョのyahooID、kapaguy=河童男というのは前に言ったと思うけど、河童のくせに川の魚のことがまるでよく分からない。
今日は、タナゴの仲間の写真を整理してたのだが、これがまあなんとも大変なこと大変なこと。
みんな似ている上に、婚姻色があって、オスメスで違って、もう見分けつかへんやん!

でも、じ〜んせい苦もありゃ、ら〜くもある〜♪
苦労して図鑑やらをめくっているうちに、長く疑問に思っていた謎が解けたのだ!
それは、タイリクバラタナゴ日本征服の謎である。
大陸というからには、中国大陸からの移入されたタナゴのはずだけど、タナゴのような食用にもならないものがなぜ日本に連れてこられたのか?
しかも、流域が違う各地の川にどうやって分布を広めたのか、それがいつもちょっと気になっていたのだ。

最初の謎、大陸から日本にやってきた方法は、ハクレンの移入に混入してきたのが原因だとされているらしい。
1940年頃の話なのだそうだ。ハクレンはもちろん食用の魚として輸入された。
それ以来、結局食用にはならなかったけれど、ハクレンは利根川水系では立派な日本の川魚として帰化してしまっている。そして、同時にタイリクバラタナゴも利根川の住民として帰化していたらしい。

そして次は、どうやって日本各地に広がったのかという謎の答え。これには2段階ある。
まずは、タナゴの仲間が繁殖するときには、必ず淡水の二枚貝に産卵をするという生態にあった。
タイリクバラタナゴが産卵したイケチョウガイが、霞ヶ浦から琵琶湖に移植されたからなのだそうだ。
イケチョウガイの移植は、おそらく淡水真珠をつくるために移植されたのだろう。どこにも書いてはなかったけれど、ミキモト真珠島ツウのカンチョには分かる。w

でも、これだけじゃ、利根川と琵琶湖にしか、分布は進まないはずだ。
ところが、琵琶湖からは毎年、全国各地の川にアユ釣り用のアユが運ばれ放流されるのだ。
さらに、江戸時代から始まったヘラブナ釣りのヘラブナとは、元々は琵琶湖固有種のゲンゴロウブナを釣り堀に移入したものだ。
琵琶湖のアユとゲンゴロウブナは、全国に生きたまま流通されていたというわけである。
かくして、タイリクバラタナゴは、アユやフナに混じり、日本各地に運ばれることとあいなった。

食用のためのハクレン、真珠養殖のためのイケチョウガイ、釣りのためのアユとフナ。
それらヒトの経済政策によってできた3つのルートに乗り、食用にも真珠養殖にも釣りにも関係のない小さな魚が、大陸から海を渡り、日出る国にまで生息地を広げちゃったというお話。
いや〜、すごいです。

で、やっぱり、このお話が成立する最も重要なポイントというのは、タナゴの繁殖に淡水貝が必要だということなのね。
この3つのルートの中心にある、利根川から琵琶湖への道は、タナゴの仲間だけが乗ることができた、奇跡のルートだったというわけ。

そんなわけで今日はちょっと、ミステリーを解き明かした探偵のような気分なのです。

●photo上:琵琶湖博物館の水槽
琵琶湖の葦原には、タナゴの仲間がたくさんいる。しかし、このタナゴがどの種類なのかいまだ自信がない。おそらく、カネヒラではないかと思っているのだけど・・・。誰か知ってたら教えて!

●photo中:これが噂のタイリクバラタナゴ(井の頭自然文化園水生館)
外来種ながら、とても美しくて、もう日本の種でもいいやんねぇ。と思ってしまう。
バラタナゴのバラは、どうやら薔薇の花のバラなんだって。
タナゴは、田んぼの周りにいるから、「田の子」じゃないかなあ・・・。

●photo下:アブラボテとたぶんカラスガイ(アクアトトぎふ)
タナゴ類の写真を撮るときには、生態を現すためにもこの淡水貝とのカットが絶対に必要。でもなかなかいい場所にフレームインしてくれないからけっこう大変。
こちらは、Web水族館のさいたま水族館での貝入り写真おそらく、ミヤコタナゴ(だと思うw)とドブガイ(だと思うww)。

※昨日はバレンタインデーでしたね。バレンタインネタは昨日のメルマガで。(登録してなくても読めます)
※今日が、日テレ「未来予報201X」放送の日です。関東の方はご覧下さい。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

人の活動の流れに乗っかって…したたかに棲息域をひろげちゃってるんですね〜。なんだかドラマチック〜。ひょっとしたら、タイリクバラタナゴもハクレンも…人に感謝してるのかな…。 ご紹介の番組、名古屋では放送してないみたい〜orz… 削除

2007/2/15(木) 午後 7:13 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

ま、ね〜、人にはあんまり感謝してないと思うけれど・・・w。ボクたちも、地球や太陽系が今宇宙のどのあたりにいるのか知らないじゃないですか。彼らにとって、辿ってきた道だとかはまるで認識してないわけで、今ある状況の中、日々一生懸命に生きている、というところなのでしょう。それは、悪役帰化魚のブルーギルやオオクチバスも同じことでね、彼らはヒトに感謝もしなければ恨みもしていない。そのあたりが、帰化動物の扱いの難しいところでもあります。

2007/2/16(金) 午前 3:38 kapaguy 返信する

顔アイコン

はじめまして。水族館で検索して遊びに来ました。鴨川シーワールドの海獣たちの写真をブログで公開しています。館長さんのBlogを当ブログのお気に入りブログに登録させて頂きました。事後報告で申し訳御座いませんm(_ _)mこれからも時々遊びにこさせていただきます^^ 削除

2007/2/16(金) 午後 0:54 [ カモシー ] 返信する

顔アイコン

昨夜、拝見しましたよ♪カンチョさんのやんわりとした関西弁が、とても和みました^-^こちらのカッパは、、ちょっとこれから河童伝説のお片付けをしようかと思ってます。タナゴ、、当方も川育ちですが、ちっともわからずごめんなさい、、

2007/2/16(金) 午後 2:01 カッパのまりっぺ 返信する

顔アイコン

カモシーさん、ようこそです!お気に入り登録もありがとうございます。カモシー→カモシカ→山好きな人・・・と一瞬のうちに頭にインプットしたところ、鴨川シーワールドのカモシーだったのですねw。ボクも鴨川SWは超お気に入りの水族館の一つ。「いい水族館」 http://blogs.yahoo.co.jp/kapaguy/13660077.html でも紹介しました。鴨川SWの最新ニュースなど、どんどん教えて下さい。

2007/2/16(金) 午後 5:47 kapaguy 返信する

顔アイコン

カッパさん、和んでいただけて光栄です。ボク、河童顔だったでしょw。今は頭まで河童にならないように、毎朝毎夕、お皿のありそうなところに河童の魔法水(育毛剤ともw)を欠かせません。ますます陸に上がった河童みたいですw。Blogの河童伝説、楽しみにしてますよ〜!

2007/2/16(金) 午後 5:54 kapaguy 返信する

こんにちは、以前、トビケラの幼虫の事で質問させていただきました三輪と申します。今回は我が家で飼っているフナが10月ごろから突然体の色が黄金色に変色しましたこんな経験は初めてで話しにも聞いた事がありません、実際この様な事があるのですか?

2009/12/26(土) 午後 3:44 [ 柊斗 ] 返信する

三輪さん、フナの錬金術。おめでたいことですねw。
残念ながら、ボクにはフナの黄金化についての知識はありません。
こちらの本文にも書いているように、魚類にはからきし弱く、とりわけ淡水魚のことはほとんど素人なのです。

2009/12/27(日) 午前 2:11 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事