ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

ふれあいラグーンその2

ふれあいラグーンで楽しめたのは、動物たちとコミュニケーションをとっているっぽい感覚だけじゃなく、動物たちが勝手にコミュニケーションを楽しんでいるような雰囲気だった。

イメージ 1

ふれあい広場(?)に出てきたケープペンギンくんたち。
解説のお兄さんが一生懸命にしゃべっている間、勝手にうろうろしはじめて、なんと裏方の方からギャラリーを狙っていたボクの目の前にやってきた。
どうやら、いつも写真撮ってる係の人と間違えちゃったのか?

あれっ、こいつのところに来ても、エサはもらえないみたいだぞ!と思ったのか、すぐにきびすを返して逆の方へトコトコと歩いていった。
イメージ 2と思ったら、ロープをくぐり抜けてこんなところへ!
一昨日にUPした、セイウチの凸レンズ窓の前ね。
セイウチの方でもペンギンを見つけて、ジーっと凝視。
ペンギン、チビのくせに負けずに、クェ〜!とかなんとかセイウチを威嚇してるのw。
こんなことすると分かってたら、もっと近くに行ってたのだけど、もちろんそんな予想は誰にも立ってないわけで、その偶然がとても面白かった。

もちろん、南半球のペンギンと、北半球のセイウチが、普通にそんな出会いをするわけはないのだけれど、ペンギンたちはゾウアザラシに出会うこともあるし、セイウチは海鳥に毎日会う。
そんなときには、時にはにらみ合いをしたりしてるわけで、好奇心が強くてやさしいセイウチと、チビのくせにけっこう大胆なペンギンの素の姿が観られたのだ。

こちらは、普通に近寄ってくるセイウチくん。広い窓ではこんな風。
イメージ 3

確か3頭いたのかな?ここにいるセイウチたちは、以前パフォーマンスに出ていたセイウチたちなので、ヒトが好きなのだ。
それに若いから、好奇心も遊び心も旺盛。飽きずに遊んでくれる。

先日のUPではトンネルの雰囲気写真だけだったオタリアのお顔。
イメージ 4

アシカたちってね〜、水中ではこんな風に飛行機の形になって泳ぐというより飛ぶのですよ。
速く泳ぐときには、ちびっ子がジェット機の真似をするみたいに両手を後ろに寝かせて、ホントにジェット戦闘機みたいになる。
こんな格好で、頭上を飛ばれたときには、そりゃアシカを見直すことになるよ〜w。

アシカたちも、勝手にコミュニケーションしている。
イメージ 5

ボクのアシカ好き&アシカトレーナーの経験では、オタリアはアシカの仲間の中でもとりわけコミュニケーション能力が高い。俗な言い方をすれば頭がいいのね。
ショーでも理解力がとても高くて、ショーに気が乗らないときには、自分だけサボるのではなく、仲間を誘ったりちょっかいかけたりして、ショーをめちゃくちゃにしてしまう。
フィールドでは、母親が子どもたちを窪みの中に集めて海に出かけて行くのを観て驚いた。

そんなオタリアたちだから、この初めてのアシカ水中トンネル水槽でも、きっとなんか面白いことを考えてやってくれるんじゃないかと期待しているのである。

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド



この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

最高〜。 2枚目と3枚目の写真なんて、デスクの前に貼っておきたいです。 自由に楽しそうに見えますね。 それなりにではなくとっても幸せかも。 こちらまでうれしくなりました。

2007/7/29(日) 午前 0:38 [ sak*ra2*06*30 ] 返信する

ありゃ!速いねsakuraさん。2枚目は、ホント面白いでしょ。今回のとっておきショットw。
これで、ロープがなかったらね〜。窓の写り込みがなかったらね〜。う〜ん、もう一回撮りに行きたい。

2007/7/29(日) 午前 2:39 kapaguy 返信する

顔アイコン

セイウチかわいいなぁ〜。ぜひ見に行きたいですね。それにしても、ペンギンとセイウチのツーショット最高ですね。

2007/7/29(日) 午前 7:53 shh*w63* 返信する

顔アイコン

今までのペンギンおさんぽショーは狭くてちょい可哀想だったけど、今度は広々うろちょろできますね。ラッパを吹くセイウチ君、何度みても私と瓜二つ。そんなこというと「んじゃ、ラッパ吹いて拍手貰ってみろ」といわれそうですが、ホラしかふけません。

2007/7/29(日) 午後 11:43 御前加那子 返信する

顔アイコン

私も早速日曜日に出掛けてきました。土曜日の夕方入りでシーパラインに宿泊しましたが夜中と朝方の誰も居ないラグーン(セイウチが近くイルカも何とか見えました)を楽しめました。セイウチはヒレアシウォークなどで人間が近くに寄るとサービスして面白いですね。私の回のときは待ち伏せされて入り口塞がれて入れなくなりましたが・・・

2007/7/30(月) 午前 0:08 [ makoto ] 返信する

顔アイコン

いいですねぇ・・ やっぱ、楽しいですねぇ

○も行きたいですねぇ・・ 何とも言えないタイミングのシャッターチャンス

カンチョの場数のたまものだと思います!!! これからも○たちを癒して下さいね

2007/7/30(月) 午前 11:36 ○丸ちゃん○ 返信する

ノリさん<九州では、うみたまごのセイウチたちが、同じような仕草をしてくれますね。
自分がペンギンになったつもりで、会ってきてみるというのもいかがでしょうw?

2007/7/30(月) 午後 1:04 kapaguy 返信する

カナーさん<ペンギンって、こんな風に広い場所で自由になっても、それぞれバラバラに歩くのではなく、けっこう集団行動で歩くのが面白いです。
パタゴニアの草原で、牛をにらみながら集団で歩くマゼランペンギンを思い出しました。
カナーさんがラッパ吹く件については、コメントを差し控えさせていただきます・・・w。

2007/7/30(月) 午後 1:11 kapaguy 返信する

まこっちゃん<土曜日入りでシーパラ宿泊とはまたマニアックですな。でもシーパラインは、ふれあいラグーンを見下ろすお隣に建っているので、ホントいい場所ですね。

さらに海獣たちは、けっこう寂しがり屋で飽きっぽいので、早朝まだお客さんの来ていないときには大歓迎してくれるでしょう。
う〜ん、羨ましいな〜。

2007/7/30(月) 午後 1:17 kapaguy 返信する

丸ちゃん<写真は、一瞬の印象を自分には残して、他人には伝えてくれるのがいいですね。
でも、撮ってるボクは、この面白さを、生の目で見ることはできないの・・・。
そこがなんだか複雑な心境でございます。

2007/7/30(月) 午後 1:23 kapaguy 返信する

顔アイコン

シーパラ懐かしいです。研修のときは人生最良の二週間でした。色々忙しくっていきたいのですがいけず立場上思想上やはり和歌山行きを優先してしまいます。研修のときエプソン品川の人が来て搬出(専門用語でちゃった)で鯛の子供を全部掬ったはずと思っていたら一匹のこってたり、大水槽にダイソーで買った腕時計おとしたり、フグをふくらませたりと色々ありましたがそれもいい思い出です。
http://members.aol.com/kumagusu/kumagusu/ 削除

2007/7/30(月) 午後 10:03 [ タマちゃん ] 返信する

顔アイコン

ナショジオのモントレー湾の深海やマンボウ・カジキなどの写真はどうやってとってるのという感じですよね。デヴィッド デュビレさんのタスマニアの海の写真とかもいい感じです。デヴィッド デュビレさんにふれあいラグーンの写真をとってもらいたいです。モントレーの深海生物学者ブルースロビンソン博士のキモいほどの笑顔などもいなかなかです。 マニアックすぎてすみませんっ・・・ 削除

2007/7/30(月) 午後 10:19 [ タマちゃん ] 返信する

顔アイコン

二枚目の写真。。まりっぺも机の上に貼っておきたいくらい、、セイウチ大好きまりっぺは感動しました。。ナイスショットです。。水族館もすごい時代になったんだな〜〜ってつくづく思いましたね。カンチョさんのようなプロヂュースができる人の存在が、ますます不可欠になる世界ですね〜。。美術館もそうですが、コーディネートする人に遊び心がないと、本当につまらないものになってしますよね。。さあて、、この夏、人ごみ大嫌いを克服して行ってみますか(笑)セイウチくんに会えれば、、といあえずいっかな♪^_^)/

2007/8/1(水) 午前 1:00 カッパのまりっぺ 返信する

タマちゃん<思想で行き先を決められるその活力気力に乾杯します。
ボクのように歳くってくると、思想は楽したい欲望に負けちゃうのねw。気持ちいいことよりも気持ち楽な方がいいという感じ。水族館も造るより観る方がいいという感じ。ホントは時間がますますなくなっているというのにね〜。
でもまあ、それが活力のタネになることもあるので、今はこんなでいいかな・・・。
ところで、ふれあいラグーンの写真は、ナショジオの写真家に撮ってもらうことはないない。そんなお気楽な仕事は、お気楽なボクに任せておきましょうw。

2007/8/1(水) 午前 2:46 kapaguy 返信する

まりっぺさん、そのうちダウンロードしてもらっても恥ずかしくない写真を撮ってきます。とにかく、ロープが写らない場所じゃないと・・・。ていうか、ぜひ人混み克服して、まりっぺさんがイラストにしてきて下さい。
美術館と博物館は、今、ホントに岐路ですね。今のままじゃ、芸術や学問を育てられないような気がする。
ボクはたまたま水族館の構想のために美術館や博物館に通って、おかげでどちらも好きになったし、それらを理解することの楽しさが分かるようになったけれど、そんなきっかけがなかったら、ずっと「高慢ちきな場所」としか思っていなかっだろうと思うもの。

2007/8/1(水) 午前 3:00 kapaguy 返信する

セイウチさんは、テレビ電話でスパイに指示するボスみたいですね。それにしても、イルカにしても、セイウチにしても、アシカにしても、背泳ぎが好きですね。お日様を見ながら泳ぎたいんでしょうか?知恵がついてくると、いうことを聞かなくなるのは、人間の子供だけではないみたいですね。

2007/8/5(日) 午後 9:58 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん<背泳ぎが好きなのは、ボクが想像するに、お日様を見たいのではなく、逆にお日様が眩しいから、ではないかと思います。
なぜなら、窓の方に向かう時とかは、たいてい背泳ぎでじっとこっちを見てくるから。きっと前を注視したいときには、眼を影になる下にした方が見やすいんじゃないですかね。
セイウチはどっちでもあまり変わらない位置に眼がついているけれど、アシカやアザラシは、背泳ぎすると眼は完全に船底になります。

2007/8/5(日) 午後 11:49 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事