ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

東北から帰ってきた!
男鹿では豪太にも会ってきた!さらに今回はナマハゲにも会い、足を伸ばした青森では浅虫水族館のラッコ桃太郎にも会い・・・。
と、お土産話いっぱいなのだが、その前に!まだまだ続くぞ九州920kmの旅。

さてさて、今回は久しぶりに、お初の水族館に訪問!
大分県の佐伯市にある、道の駅やよい「番匠おさかな館」がそれだ。
道の駅の水族館って、ちっちゃな付帯施設でしょ?と思ったら大間違い。
いい水槽があるよ〜!
イメージ 1

水槽の全容写真とかは、近くWEB水族館に掲載するので、そちらをお楽しみにしていただくとして、こちらブログ水族館の方ではいつものように、カンチョ目線的に好きな水槽光景を紹介していきたい。

この水族館は、番匠川という自然たっぷりの川の流域を学習するための水族館だから、もちろん淡水水族館。
番匠川の環境と生き物たち(一部は川に入り込んでくる汽水域の魚たちも)と、世界の淡水魚が展示されている。

川育ちのカンチョは、川の再現がいい水槽はとても好きなのだけど、こちらの上流域の水槽の再現力は日本でもトップレベル。
何がいいって、上の写真のように、太陽光が燦々と降り注ぎ、植物はイミテーションではなく天然植栽。どうやら水底に沈んでいる倒木もホンマモンみたいだ。

魚の数も多すぎないから、水中メガネ付けて泳いだ川を思い出す。
そこで思わず目を奪われたのが、キラキラ輝く水中を泳ぐ若アユたちだ。
イメージ 2

ちょうどこの日の前日、ホントはあるネット仲間の鮎食いオフ会が岐阜であって、ボクもそこで鮎づくしを食べている予定だったんよ。
あぁ、食いたかった、天然鮎。

だからというわけではないのだけど、陽光が差し込む水中で身を翻すアユを見るのは久しぶりで、ついつい引き込まれた。
あのね、自分で言うのもなんなんだけどね、こんな風に明るい水中も写し撮って、さらに素早く動くアユを止めて撮るっていうのは、けっこうそれなりに高度な技なんよw。
でも、この光景の感動を、ぜひにブログにと思って、そりゃ頑張って撮ったわけなのさ〜!(ホントはもうちょっと明るいのだけどね)

もう一つのお気に入りが、このキュートなクサガメくん。
イメージ 3

淡水水族館ではやっぱりね、カメが芸人的アイドルと言ってよろしいですな。
なんつーかこう、ひたむきさを感じる和み系でしょ。
しかも、アカミミガメみたく巨大じゃないのがいい。ニッポンの等身大カメという感じね。

世界の淡水魚のコーナーは、温室になっていて(真夏の九州で温室というのもなんなんだけど(^^;)、こちらも陽の光がいっぱいで、いかにも熱帯雨林のムード満点。
自然光なので、アマゾンのナマズ「オキシドラス」のこんな写真をゲット!
イメージ 4

なんだか不気味ですね〜。
さすがアマゾンって感じですね〜。
巨大さだけでなく、重みまで感じるお顔ですね〜。

大分県にはカンチョもお気に入りのうみたまごが有名だけど、うみたまごから車で1時間くらい。
番匠おさかな館のサイトはコチラ
海だけでなく、川も好きだという方にはぜひ訪れていただきたい。

たぶんこれで、カンチョが訪れた日本の水族館(&水族館類似施設)の111館目になる。
それでもまだ訪れていない水族館があるんよね〜。全国水族館制覇の旅は終わらへんね〜。

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

マリーンパレスって うみたまごってサブネームが付いてたんですね。だいぶリフレッシュしてるみたいなので、また、訪れてみたいですね。

それと、道の駅 結構良い施設が併設されてるところもありますよね。(トイレと土産物だけって処もあるけど)

佐伯くらいだったら、○ちゃんの行動範囲内!? 湯布院ツアーの際に、また訪れてみたいと思います。

2007/9/1(土) 午前 10:53 ○丸ちゃん○ 返信する

顔アイコン

水族館の撮影って難しいのに、素敵な写真がたくさん(^_^)いいですね!

2007/9/1(土) 午後 1:45 ani*i4*d*gital 返信する

カンチョ先生は『良いネタが入りましたよ』っていうおすし屋さんの板さんみたいですね。若アユのようなっていう表現がありますが、この写真を見て本当に納得します。金色に光って背景から浮き上がっているのが美しいですね。短い両手を伸ばして水を掻いているのがとってもいいですね。オキシドラスは本当に良い顔相をしていますね。裁判長みたいな風格があります。

2007/9/1(土) 午後 7:21 眼とろん星人 返信する

クサガメ、キュートですね♪
でも、アマゾンのなまずはビックリですよ〜w

2007/9/1(土) 午後 11:02 yor*ko*z*227 返信する

う〜ん、キュートなクサガメくん。実はわたくし無類のカメ好きです。あの足の遅さと甲羅の重さはなにゆえか、なぜ甲羅を脱ぎ捨てて、逃げ足の速さを選ばなかったのか…、そんなことを漠然と思いながらいつまでも見ていられます。 祝111館目、たぶん前人未到の記録に感嘆のぽち。

2007/9/1(土) 午後 11:15 [ sak*ra2*06*30 ] 返信する

顔アイコン

焼かれる前の姿の鮎だ〜。鮎はきれいです。塩をフッタ後もふる前も。川を泳いでるときも皮をはがれて口に運ばれる時も。

2007/9/2(日) 午前 0:08 御前加那子 返信する

丸ちゃん<湯布院からなら1時間半くらいで行けますね。番匠川はとてもきれいらしいです。番匠ブルーとか言うそうなw。
この道の駅、温浴施設やら番匠川を渡る遊歩道まで付いていましたから、かなり充実した道の駅です。
水族館スタッフオススメの、ごまみそうどんが美味しかったよ〜w

2007/9/2(日) 午前 4:28 kapaguy 返信する

あにきさん<ようこそです。トラックバックしてもらってるんですね。しかもエノスイで!いい写真とっていただいてありがとうございます。
ボクもエノスイ写真もう少し多く記事にせねばな〜〜〜。

2007/9/2(日) 午前 4:41 kapaguy 返信する

眼とろんさん<どうしてかな〜?ボクは不思議とアユに弱いw。
川育ちにとって、アユは一番の高級魚だったからでしょうね。水族館で出会うと、ついつい心惹かれてしまうのです。
ナマズ、すごいでしょ。オキシドラスってよその水族館じゃ、ただの黒っぽくて暗いヤツなんだけど、ここでは光に当たってけっこう立派でした。ヒゲの付け根がスゴイよね〜。

2007/9/2(日) 午前 4:46 kapaguy 返信する

ぷーたさん、クサガメのキュートさ分かってくれてありがとう!
クサガメにはなんかこう、恥じらいというか、奥ゆかしさというか、いかにもカメらしい心遣いが感じられるのねw。
それと、ナマズにもびっくりしてくれてありがとう!ナマズって表情あるよね〜。

2007/9/2(日) 午前 4:49 kapaguy 返信する

sakuraさん<カメってエライよね〜、三畳紀とかから地球上にいるんでしょ。まぁ三畳紀ってどんくらい昔か知らないけどw。
みんなが生き急ぎ、あたふたやってるのを横目に、ゆっくり生き、ゆっくり進化することを選んだんですね。

2007/9/2(日) 午前 4:57 kapaguy 返信する

カナーさん<アユはホントにキレイよね!しかもさ、大きさもすごくキレイな大きさで、泳ぐ姿もなんか凛々しい。
そういや、ボク、今年はまだアユいただいてないよ!どうしよう!もう終わっちゃうやんね〜アユの季節。どうしよう!!!

2007/9/2(日) 午前 5:00 kapaguy 返信する

顔アイコン

オキシドラス・・・口元あたりを見るとコリドラスみたいですね〜。
科は違うようですが、ホニャララドラス・・・と、ドラスが付くのは何か関係があるんでしょうか。
なかなか可愛い顔してますね(^^♪

2007/9/2(日) 午後 8:26 [ べる〜が ] 返信する

あらまっ!オキシドラスとコリドラス、科が違うのですか。ボクはまた「ドラス科」というのがあるのだと思ってました。と思って調べてみたら、ドラス科はあるのね確かにw。オキシドラスはその仲間か。
でもコリドラスは、カリクチス科コリドラス亜科やって?
まぁボクは学者じゃないんで、顔も名前も似てるな〜ということで十分納得してますけどw。

2007/9/3(月) 午前 2:21 kapaguy 返信する

顔アイコン

こんばんは〜!番匠くんという同級生が昔いたのを思い出しましたが名前の由来はこちらにあるのかもしれないですね。
若鮎がとってもきれいでしなやかじゃないですか〜(^^)

オキシドラスもなつかしい!
エクアドル水槽をお世話してたころを思い出します♪
ぬぼ〜っとしてて、じっとしていると宇宙船みたいで・・・大きいのに地味だったりして・・結構性格は好きでしたね(^^)
おうちでは飼えませんけど・・・(^〜^;)

2007/9/3(月) 午後 10:14 [ ask**to200* ] 返信する

のりぼーさん、オキシドラスは不思議な存在感のある魚ですね。
いかにも巨大ナマズな姿のレッドテールとかシャベルノーズ系の派手な押し出しも、動きもないのだけど、そこに居るという主張だけはしてる。性格暗いんだろーな・・・みたいなナマズです。
そんなだから、実はカンチョ、こんな風にマジで写真撮ったのは初めてなんよw。
でも、この水族館で、明るい顔のオキシドラス見たら、ついつい引き込まれちゃった。なんつーか、昨日までメガネっ子だった目立たない子がコンタクトに変えてきた日の朝、みたいな衝撃やったな〜w。
これだから水族館巡りは面白い!

2007/9/4(火) 午前 0:57 kapaguy 返信する

初めまして〜佐伯市に住んでいます。
検索で・・うふ弥生の湯に3日の日に行って来ました。水族館は1度行きましたが、
確かに面白いな~と眺めました・目線の水槽が面白いク・・陸と水の中と両方楽しめますね!素敵に紹介していただき地元のものとしては嬉しいです。帰りに水を汲んで帰りました。
近くて自然が沢山有りいいところです。

2007/9/5(水) 午前 1:48 花さくら 返信する

花さくらさん、でいいのでしょうか?ようこそです。
うぶ弥生の湯というのは、「道の駅やよい」の水族館の反対側にある温浴施設ですね。時間があれば、ボクも入っていきたかったな〜。
さらに、時間があれば、おさかな館のスタッフさんが「番匠ブルーとも言われる」と語っていた番匠川の上流にも行って、飛び込んでみたかったです。
いいところに住んでらっしゃいますね。河童なボクとしては、とても羨ましい・・・。

2007/9/5(水) 午前 3:17 kapaguy 返信する

顔アイコン

道の駅やよい。行ってみたいです。 削除

2009/12/21(月) 午後 7:48 [ エクアドル ] 返信する

エクアドルさん、ようこそです。
ボクも久しぶりに行ってみたくなってきたな〜。

2009/12/22(火) 午前 1:05 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事