ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

う〜ん、弱ったよ〜。
おたる水族館で撮った写真が多すぎて、どの写真をアップしようか迷ってしまう。

まずはこれかな。トドの赤ちゃんたち。
イメージ 1

この直前まで、2頭で仲良くはね回りながら遊んでいたのだけど、1頭がお腹すいちゃったのかお母さんトドのところへ。
左の子のお母さんは、観客からエサを投げてもらおうと水中にいるのね。
この子、おっぱい飲んでる友だちをうらやましげに見てた。友だちのお母さんは、よその子が背中に乗ったりするのは許してるのだけけど、お腹の方に近づくと、ガオー!と吠えて怒る。

それで左の子、「かーちゃん!オレもおっぱい!」と、母親を呼んでいるところです。

名前は「のりと」と「たまお」。タカアンドトシが名付け親なのだとか。でも、どっちがどっちがわかんないw。

お次は、クラカケアザラシ。
イメージ 2

この水槽にはたいへん参りました。アクリルガラスがとても曇っている。
ぜんぜんいい写真じゃないのだけど、クラカケアザラシを撮ったのは初めてなので、鞍模様がなんとかわかるのをアップしときました。

sensuibakaさんの話では、アクリル業者に傷を取ってもらおうと磨いてもらったところ、なんとますます曇ってしまったのだとか。
アクリル屋さん!透明度を戻してくれ〜!クラカケアザラシと会えるところなんてそうそうないのだぞ〜!


そして季節柄、北海道の水族館と言えば、コレ!
イメージ 3

ベニザケですな。
実は、この後、千歳サケのふるさと館にも、標津サーモン科学館にも行ったのだけど、おたる水族館のベニザケが一番キレイな紅色だったのでこちらでお披露目。


そして、今回、一番楽しみにしていたのがこちら。
カワウソの水槽だ。
イメージ 4

通路を挟んで、カワウソの水槽が両側にある。
これが、天井と床でつながっているのだ。

もちろん、床の方は、水の入ったトンネルとなっていて、カワウソはこの水中トンネルを泳いでくれる。
イメージ 5

実のところ、天井の通路を通るカワウソは、なんとなくダクトを走るドブネズミみたいなのだけど、水中のトンネルを泳ぐカワウソはかなり素敵。

カワウソって、確か、川岸に巣穴から水中に繋がっている通路があるんだったっけ?
とにかく、こういう細い通路を通るのが好きな動物なのだ。
これはなかなか面白かった。床にある水槽っていうのも興味をそそるしね。


■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(26)

顔アイコン

可愛い〜!!!クラカケアザラシは小型だと聞いたのですがカンチョさんが見た感じではどうでしたか?

2007/10/3(水) 午後 9:55 [ キタさん ] 返信する

カナーさん、カワウソ飼ってる人って、けっこういるみたいですね。
野生の動物なのに、わりとペットっぽい行動をするらしい。
不思議ですね、動物って。でも、やっぱり家庭でカワウソ飼うのはイマイチ賛成できないです。野生生物を個人のものにするのはちょっとな〜。
カワイソでいてくださいw。

2007/10/4(木) 午前 0:15 kapaguy 返信する

mi-san<鞍がついてるからクラカケ。そう考えた人はなかなか想像力ありますね。命名した人がシマアザラシとかって考える人じゃなくてよかったw。
トドの日常、ヒトの日常と変わりません。

2007/10/4(木) 午前 0:18 kapaguy 返信する

maruさんが見たゾウアザラシは、きっと二見シーパラのゾウアザラシでしょ。
エノスイに居たゾウアザラシの雄ミナゾウ君を見たら、さらにインパクト強すぎて、トドとはまったく違うと思うよ〜w。

2007/10/4(木) 午前 0:21 kapaguy 返信する

べる〜がさん<例によって、あの模様がなんのためなのかは、まるでわかんないカンチョですw。
確かクラカケアザラシは、ここおたる水族館と鴨川シーワールドにしかいなかったはず。なかなか珍しいアザラシです。

2007/10/4(木) 午前 0:23 kapaguy 返信する

和金ちゃん、ベニザケに食いついてくれてありがと!
今の時期の北海道で、水族館にサケがいることは必須だと思ってるカンチョです。
このベニザケが川全体を埋め尽くしている映像なんかは、ハイイログマでなくても感激するよね〜。
カワウソは、水族館で展示を始めてから、わりと人気動物になってきました。まぁ臭いの問題よりも、水中で泳ぐことの面白さなのだろうけれどね。

2007/10/4(木) 午前 0:28 kapaguy 返信する

ずぅさん<おたる水族館のカワウソ、一瞬ではなく、けっこうゆっくりと泳いでくれたのですよ。
それはでも、ボクが「カワウソちゃん、写真撮れるようにゆっくり泳いでね〜」と声を掛けたからかもしれません。
水族館の動物たちは、お願いすれば、けっこう言うことを聞いてくれるものですw。

2007/10/4(木) 午前 0:32 kapaguy 返信する

コリドラスさん<クラカケアザラシの大きさは、アザラシの中じゃ中型ですね。
つーことはつまり、ゴマフアザラシと変わらなかったというくらいです。

2007/10/4(木) 午前 0:34 kapaguy 返信する

顔アイコン

おたる、こないだ行ってきましたよ〜。このカワウソコーナーではしばらく立ち止まってしまいました。
あと、ネズミイルカ。展示しているトコ少ないので満足でした。

ベニザケもキレイですよね。体の悩ましいラインも色っぽくて!?
あ、「千歳サケのふるさと館」のインディアン水車にサケが入ってくるのがおもしろくてずーっとみてました〜。 削除

2007/10/4(木) 午前 2:13 [ さつん。 ] 返信する

顔アイコン

ベニザケ、、高級魚ですねえ〜♪ムニエルにしたら、おいし〜いだろうなあ〜
岩手ではほとんど見られないです。この紅の赤が、ホントにきれい〜。。

あ、、スカートはいてたら、、カワウソくんに見られちゃう〜って、誰もカッパは相手にしないか、、(^_^;)おもしろい水槽〜

2007/10/4(木) 午前 11:21 カッパのまりっぺ 返信する

さつんさん<カワウソコーナーは、どうしてもカワウソの動きに期待してしまいますねw。
ボクも30分くらい居たかな〜。さらに3度くらいは戻ってきた。
まあカワウソって、わりと飽きっぽい性格だから、次々と行動パターンを変えてくれて、見ていて退屈はしないですけどね。

2007/10/4(木) 午後 3:29 kapaguy 返信する

まりっぺさん<ベニザケは特別美味しいのだそうですね。しかも日本ではとても少ない。確か、ヒメマスをむりやり降海させて回帰させてるのではなかったっけw。

カワウソ、カッパのスカートの中には興味があるかも。カワウソはカッパの親戚だものね。

2007/10/4(木) 午後 3:33 kapaguy 返信する

クラカケアザラシ水槽をこんなに綺麗に撮れるなんてすごいです(´・∀・)

ベニザケもトドもカワウソもすごいですね♪

よりによってクラカケアザラシ水槽ががこんなんになるなんて…
クラカケアザラシの写真がより貴重なものになりました(´・∀・)ノ"

2007/10/4(木) 午後 8:58 [ 潜水馬鹿 ] 返信する

顔アイコン

確か、、支笏湖でも回帰させようという試みがあって、湖畔の河川にヒメマスがかなり放流されたらしいですが、、その放流は十和田湖とか道内だけじゃなくて、本州にもあったと聞いてます。、、で、結果はどうなんでしょうね、、
国産ものが増えてきたら嬉しい気もしますが、温暖化でこれから食すなんてことはなくなっっちゃうのでしょうかね〜。。余談でした。

2007/10/5(金) 午後 1:21 カッパのまりっぺ 返信する

sensuibakaさん<おっと、せっかくのコメントを見逃しちゃうところだった。まりっぺさんの新規コメントで発見!

クラカケアザラシのところはねー、一番曇ってなさそうなところのアクリルに、レンズをほとんどピタッと付けて、黒の上着を広げて撮るですよ。そうすれば外光の写り込みは防げる。
実はボクが水族館で写真撮るときはほとんど黒ジャケで、今回はずいぶん役に立ったw。
あと、曇りを誤魔化して鞍模様をはっきりさせるために、修正ソフトでコントラストを強くしました。

2007/10/5(金) 午後 1:38 kapaguy 返信する

まりっぺさん<ベニザケはかなり北の川に遡上する種類で、日本では遡上せず、陸封されたヒメマスの分布も、本来は阿寒湖とケミケップ湖だけとのこと(「日本の淡水魚」山と渓谷社による)。

支笏湖や十和田湖には移植されたのね。さらに支笏湖にはロシア系のベニザケを移植してヒメマス化させてきた。そのヒメマスをさらにさらに川に放流してベニザケ化させようという、もうわけわからん大計画です。w

ていうことは、実は、阿寒湖のヒメマスが陸封される前の大昔には
、網走あたりの河川にもベニザケが遡上していたことがある。ということなんで、ベニザケの放流回帰事業がうまくいっても、元の資源というわけでもないのですね。う〜ん複雑…。
でも、南半球のチリでも、移植された北半球や大西洋のサケが川に上っているらしいから、サケの放流事業の世界は、もうなんでもアリなんかもしれないです。

2007/10/5(金) 午後 1:58 kapaguy 返信する

顔アイコン

なんだか、、放流事業も複雑なんですね〜、、。そのなんでもアリが、きちんと生態系を把握してなされていることと信ずるしかありませんね。その支笏湖、ここのヒメマス釣りは現地では[チップ釣り]と呼んで有名らしくて、3.40センチの大物が釣れるらしいので、本州からも釣りに来る人が多いらしいです。なかなか釣れない、、と管理人さんは話してたのを思い出しましたが、釣り人はそんな事情も知らないでしょうね、、ありがとうございます(^_^)

2007/10/6(土) 午前 0:54 カッパのまりっぺ 返信する

まりっぺさん<千歳の後は支笏湖畔に泊まったので、チップ料理も出たよ〜!なかなか美味しかったw。
放流事業も複雑だけど、サケの生態も不思議ですね。名称も複雑だしね。
もしボクが水産学部とか行ってたら、サケの試験で落第してると思うw。

2007/10/6(土) 午前 3:10 kapaguy 返信する

トドって、こうやって見ると、本当に体温のある哺乳類なんだなって思います。クラカケアザラシの左右のヒレの動きがばらばらな感じがたまらないし、ベニザケはとても深い色合いですね。かわうそ君は動きが速いから、見ていてあきませんね。

2007/10/22(月) 午前 0:42 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん<トドとかのアシカの仲間って、近ごろなんだか存在感が薄くなってるのね。海獣の人気の順番でいくと、イルカ系>アザラシ系>ホッキョクグマ>セイウチ>ラッコ>アシカ系…みたいな。
でも、親子でいるときの様子は、アシカ系が一番通じ合うものがあります。
カワウソは小さいけれど、最近の展示の工夫によって、哺乳動物の中ではちょっと存在感を強めてきました。動きが速いというか、落ち着きがないというか、それが他の海獣などとちがった魅力となっていますね。

2007/10/22(月) 午後 11:09 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事