ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

千歳サケのふるさと館には、ザリガニがいる。
ザリガニと言っても、あの真っ赤なアメリカザリガニではない。ザリガニなのだ。
ニホンザリガニとも言われるけれど、実は標準和名「ザリガニ」
イメージ 1

アメリカザリガニやウチダザリガニなんかの、ヤンキーザリガニではなく、日本固有のザリガニで、しかも北日本の冷たい川だけに生息している。
だからこそ、ここ北海道の水族館で展示されている意味があるワケだ。

ザリガニは、とてもちっちゃい。米国からやって来たアメリカザリガニやウチダザリガニに比べると、大人と子どもくらいの差がある。
さらに、山間の清流や湖に住んでいるので、一般人はあまり見かけることはない。
水族館での展示も、かなり珍しく、カンチョが憶えてる限りでは、こちらと、標津サーモン科学館かすみがうら市水族館の3館くらいではなかったかな〜。


で、こんな地味〜なザリガニ(ニホンザリガニ)だけだと、ほとんどの人が興味を持ってくれないのだが、お隣の水槽に、強烈なフックがある。
青いザリガニ、ブルーマロンだ!
イメージ 2

こいつの青さは格別。それはもう輝くようなブルーなのである。
さらにデッカイ!およそ25cm、5cmくらいのザリガニとは、イルカとクジラくらいの違いがあるから、そりゃもうよく目立つ。
さらにさらに、デッカイ分、態度もデカくて、レンズを近づけるとグワシッ!と両腕を広げて威嚇のポーズをとるのだ。

もちろん、このブルーマロンは北海道にすんでいるわけではなく、オーストラリアのザリガニ。
以前にこちらの水族館でザリガニ特別展があったときからの隠居生活なのだそうだ。
オーストラリアでは食用とされていて、茹でればやっぱり赤くなる。


さてさて、青が来たら、赤も欲しいでしょ?
つっか、みなさんの懐かしい友だちの姿も見たいですよね。
イメージ 3

こちらが日本で一番ポピュラーなザリガニとなっている帰化種、アメリカザリガニ。(撮影場所:上越市立水族館)
日本の原風景である田んぼの主でもあって、すっかり日本人みたいな顔してるけど、日本にやってきてからまだ70年くらいしか経っていない。つまり、カンチョの親父が子どもの頃は、遊び相手でなかったということやんねー!

ところで、わざわざアメリカザリガニを出したのには、理由がある。
よく、日本固有種であるザリガニが少ないのは、アメリカザリガニが日本を占領したせいだと言われるのだけど、それは言いがかりなのだ。
ニホンザリガニは、水温20度以下の冷たい水中にしか住まない。対してアメリカザリガニは暖かいところが好きなので、低地でしかすめない。つまり住み分けているのだ。
それでもアメリカザリガニはすでに北海道にも入ってきているらしいが、せいぜい道南でしか確認されていないとのこと。

ニホンザリガニの生息域を狭めた原因は、むしろ、もう一つの帰化種であるウチダザリガニなのだ。
名前が日本人な名前だけどウチダザリガニもアメリカからの移入種だ。ウチダザリガニのことは、また別の機会にご紹介しようと思う。

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

ゲーミングキーボード&マウスなどが当たる!キャンペーン実施中

閉じる コメント(22)

顔アイコン

昨日自宅の川を久々に散策してたら、ヌートリアに出会いました。ミドリガメが以前よりもまた多くなってたような…でも、今気がついた…ここはザリガニってみかけたことがないです。でもきっと居そうなんですが。ずうう〜っと上流では、以前うじゃうじゃ居たのを覚えてるんですが。もちろんみんなアメリカザリガニ…。 削除

2007/10/6(土) 午後 1:31 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

子供の頃から、そんな記事がありましたね。

大昔に、小さくて色の白っぽいザリガニを見つけて、もしや!と大事に飼っていました。
子供だったので、知識が浅かったんですね。
ちゃんと立派なアメザリに育ちました(笑)。 削除

2007/10/6(土) 午後 4:07 [ Kazuki ] 返信する

顔アイコン

ショップでフロリダハマーを見つけたときには驚きましたね〜(゜o゜)
着色料で真っ青に染めた駄菓子みたいで。
でもブルーマロンに比べたらダイオウグソクムシとオオグソクムシの違いほどありそうですね^^;

2007/10/6(土) 午後 10:33 [ べる〜が ] 返信する

コリドラスさん<ホワイトザリガニ!?いったいそれはなんじゃらほい?アルビノですか?
ニホンザリガニは、水温を保つだけでも大変そうですよね。北海道だからできるのか。

2007/10/7(日) 午前 3:39 kapaguy 返信する

maruさん<ザリガニのお腹についている卵は、そのままザリガニの仔になって、お母さんのお腹にくっついています。
小さなザリガニの形になると、やっとお腹から離れてお母さんの全身にまとわりついているのだけど、そのうち独り立ちしていくのです。
ザリガニって、そういう子育て方法をとって、他の強敵たちから子孫を守ってるんですね。

2007/10/7(日) 午前 3:43 kapaguy 返信する

ばったさん<ヌートリアもミドリガメ(アカミミガメ)も、アメリカザリガニも、みんな外国からの帰化種ですね。しかも、南米・中米・北米と全部揃っちゃったw。
アカミミガメはアメリカザリガニをよく食べます。アメリカザリガニが少ないのはそのせい?

2007/10/7(日) 午前 3:46 kapaguy 返信する

Kazukiさん<およっ!Kazukiさんも白いザリガニですか。ボクは残念ながら会ったことがないです。
ボクの生家の周りには沼がけっこうあって、そこにはアメリカザリガニいっぱいいましたね〜。しかもめちゃくちゃデッカイの。あの頃は、アメリカザリガニがよその国からやってきたなんて思いもできなかったですw。

2007/10/7(日) 午前 3:52 kapaguy 返信する

べる〜がさん<フロリダハマーってボクは知らないのだけど、青い色の生き物ってほとんどいないから、それだけで驚異よね。
ダイエット用の青色ふりかけがあるくらいだから、青色は食べ物ではない色…つまり保護色だったりしてね。(出た!カンチョ説)

2007/10/7(日) 午前 3:58 kapaguy 返信する

確かに赤いのと青いのが並んでいたら、赤いほうに食指が動きますねぇ。海老カニ類がみんな青くならなくてよかったぁ〜。

2007/10/7(日) 午前 9:52 [ sak*ra2*06*30 ] 返信する

顔アイコン

私の生まれ育った板橋区の西台〜高島平あたりは湿地帯で、子供の頃はバスで蛙やザリガニ摂りに行きました。スルメで釣ると見る見るバケツはザリガニだらけ、虫篭は蛙が一杯で、バスの運転手さんに乗車拒否されてトボトボ歩いて帰ったっけ。。確かアメリカザリガニだった。

2007/10/7(日) 午前 10:56 kt9*jp 返信する

顔アイコン

青のザリガニすごいです!!変です!!でも湯がいたら赤になるなら食べられちゃいますね(^^:)
私も昔は田舎の田んぼでとってきたザリガニやヤモリを飼ってたんですが・・・今はなんか無理ですね☆

日本のザリガニっていてたんですね〜!ほんと、日本がつく動物なんかは減っていく一方な気がします。
気候もかわりつつあるからですかね??

2007/10/8(月) 午後 0:08 ミーサン 返信する

sakuraさん<大丈夫!ブルーマロンも湯がけば赤くなるから。火を使うヒトには、ちゃ〜んと美味しく見えるようになってるんです。
でも、「青い色は不味そうに見せるため」のカンチョ説、どっかで実験してもらえないかな〜w

2007/10/8(月) 午後 8:44 kapaguy 返信する

kt90jpさん<バスに乗ってカエル・ザリガニ獲りというのが、なんだか都会の子ぽくってよいな〜w。
田舎では、ザリガニやカエルは家のまわりのドブにでもいたし、釣りに行くのも、メジロを獲りに行くのも自転車でした。

2007/10/8(月) 午後 8:50 kapaguy 返信する

ni-san<田んぼでとってきたのはヤモリじゃなくてイモリですねw。
ヤモリは家守りで爬虫類、イモリは井(戸)守りで両生類なんです。それにしても良い名前ですね〜。

ニホンオオカミもニホンカワウソもニホンアシカも、ホントに日本と付く動物は減りました。でも、いずれも気候の変化じゃなく、ヒトの考え方や生活の変化のせいです。
動物を、家守り、井戸守りと呼んでいた心が残っていれば、きっとオオカミ=大神は今も山の神の遣いとして日本に住んでいたでしょうね。

2007/10/8(月) 午後 8:59 kapaguy 返信する

顔アイコン

アメリカザリガニは美味しくないし可愛くないけどチビっこザリガニはやっぱし可愛いです。小さいうちはお母さんの足にしがみついていたりするんだけど、近くで絵筆なんかチロチロさせると間違ってしがみついてくる。私のオオヨソな感では明日の大潮から11日の新月までと25日の大潮前後に産卵ラッシュと思われます。

2007/10/8(月) 午後 9:00 御前加那子 返信する

カナーさん<美味しくないらしいですね、アメリカザリガニ。まあ、もともと美味しいウシガエルのエサとしてやってきたのだからね。ウシガエルのエサを横取りしないようにしましょうw。
満月と新月の時というだけじゃなく、満月〜新月の間も産卵ラッシュが起こるのですか。

2007/10/9(火) 午前 0:32 kapaguy 返信する

顔アイコン

台風の後すぐの大潮もカニ等やたら生み始めるので大潮に入る今日9日から新月まで生んで、その次は25日の満月頃でしょうね〜。室内で飼育してると年中生みます。真冬もOK。なんと節操のないやつ。(飼い主に似る)

2007/10/9(火) 午後 1:09 御前加那子 返信する

カナーさん<カニはサワガニ以外みんな海で産卵するから、月の力だけでなく潮そのものにも影響されるのでしょうね。
川に住むザリガニはどうなんだろう?なんとなく、満月と新月には影響されそうには思うのだけど…。

2007/10/10(水) 午前 7:08 kapaguy 返信する

顔アイコン

テレビ番組でやっていましたが、アメリカザリガニをゆでて食べていました。結構おいしそうでした。東南アジアでは田んぼにも多くさんいて、なんだか養殖しているような感じでした。

2008/2/11(月) 午後 0:02 フクロウの宿 返信する

fujinozさん、古い記事にコメントありがとうございました。
アメリカザリガニは食用として養殖しているところが日本にもありますね。清流で飼わないとダメなようですが…。
一度、ロブスター料理の皿に、飾りでちっちゃなのが付いていたことがありますが、どうやらアメリカザリガニのようでした。ものは試しと食べてみようとしたのだけど、臭いがちょっと強くて、口に入れられなかったですw。

2008/2/12(火) 午前 1:32 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事