ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

以前にも軽〜く紹介したけど、今、母屋のWEB水族館に、『水族館動物写真図鑑』なるものを作り始めている。
とりあえず、水族館のイルカとシャチ(鯨類)全種と、水族館のペンギン全種がUPできた。

でもこれがまだ、未完成な部分だらけで、ちゃんとした公開はまだまだ先の話だ。
例えばハナゴンドウに会える水族館…うわっ! カンチョが展示監督してる新江ノ島水族館が入ってないやん!

実は、写真を撮ってから入れようと思っていて、うっかり忘れていたのだ。
それで、遅まきながら、新江ノ島水族館のハナゴンドウを撮ってきた。

イメージ 1

なんか、宇宙戦艦ヤマトみたいです。
新江ノ島水族館では、ハナゴンドウはショーに出てない時間も、ショープールの奥のプールでバンドウイルカたちと泳いでいるのを見ることができる。
このプールは、水族館の入場口から最も遠い場所にあるプールで、ショーの観覧席に半分隠れていることもあって、いつもけっこう空いている。

そんな人気のないところに、いかにも写真撮りたそうな雰囲気丸出しのボクがやってきて、プールのアクリルガラスにカメラごとぴったりくっついていたのが、よほど気になったのか、ハナゴンドウは突然進路を変え、ボクの方にやってきたのだった。

イメージ 2

けっこうな巨体がグングン近づいてくる。こいつの目はあきらかにボクをジッと見ている。

ハナゴンドウは、バンドウイルカよりも二回りくらい大きい程度の体長なのだけど、頭がクジラ型というか四角くて大きいから、こうして近づいてくると、かなりの迫力がある。
もう宇宙戦艦ヤマトではなく、巨大ヒョットコ面だ。

そしてついに、ゴン!
イメージ 3

でっかい頭がプールのアクリルにぶつかった。
まあ、相手はエコーロケーションの達人だから、ぶつかるくらいは想定済みだったのだろうけれど、こっちはまるで想定外だから、レンズの最短焦点距離を保って後ろにのけぞり、尻餅をついてしまったぞ!しかも、あ〜あ、床は濡れてるやんけ…。

うかつやったな〜。ハナゴンドウって、けっこう好奇心も遊び心もあるイルカやったんや。
そんなこと知ってれば、もっと早くからここに遊びに来てたのにな〜。

ところで、このハナゴンドウ、擦り傷だらけなの分かるだろうか?
これは別にマズイことでもなんでもない。ハナゴンドウのハナは、この擦り傷が花がいっぱい咲いているみたいに見えるから付けられた名前なんだから。
詳しくは、UPしたばかりのWEB水族館動物写真図鑑ハナゴンドウに会える水族館をご覧下さい〜w。

さて、動物写真図鑑、現在、原稿だけは鰭脚類まで進みました。(間違いとかあれば教えてね)
完成のあかつきには、携帯サイト「水族館ワールド」並みの、1000種類超の図鑑にしようと思っているのだけれど、これはね〜完成までに半年以上はかかりそうやな〜(^^;。

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(30)

ムラちゃん<ふつーに見てると、そんなに迫力は感じないのだけど、ファイダー越しに見ると迫力ありますね。
ファインダー越しでなくても、水槽を感じないくらいアクリルに近づくと、たいていの水族館の生き物たちは迫力があるもんです。
きっと水族館の室内みたいに真っ暗な部屋でイルカの水槽を見たら、かなりの迫力なんやないかな〜。

2007/12/3(月) 午前 2:49 kapaguy 返信する

みけらさん<オキゴン派ですか。オキゴンドウはシャープで不良ぽくて、ちょっとロックンロールな格好良さがありますね。
ハナゴンドウはフォークソング歌ってる感じ。なかなか暖かみのあるイルカです。
水族館動物写真図鑑、頑張って仕上げますっ!

2007/12/3(月) 午前 2:54 kapaguy 返信する

maruさん<ハナゴンドウに限らず、でっかいクジラたちの眼は、宇宙船の両端についてる窓みたいな感じで、しかもボンネットが無駄に長い車みたいでもあり、前方を見るのはたいへんそう。
だいたい、横目で見るというのが彼らのスタイルですね。
でも、彼ら得意のエコーロケーションで見れば立体視もできるから、眼はよっぽど近いものを見るのしかつかってないのでしょう。

2007/12/3(月) 午前 2:59 kapaguy 返信する

sakuraさん<たしかに、ちょっとね、このお顔にぶちゅってされたら、ちょっとタイヘンなことになりそう…。
でも、彼らから見たヒトって、どんな風なんだろ?もしかして、このでっかいヒトデは立って歩くんだよな〜みたいな感じで見てるんだったりりしてね〜w。

2007/12/3(月) 午前 3:02 kapaguy 返信する

ni-san<図鑑、ちょっとはお勉強になった?
まぁ、ボクの解説はいつも勉強にはならない、雑学解説なのだけどねw。でも、水族館の解説なんて、一般のみなさんが、ちょっと興味を持ってくれればいいのです。
まぁそういう点では、ボクの解説は一流やぜ〜!(誰も言わないから自分で言うw)
完成を楽しみにしててね。

2007/12/3(月) 午前 3:06 kapaguy 返信する

眼とろんさん<彼らはまさしく、ストーンウォッシュを楽しんでるんやないかと思います。
そもそも、傷が付きやすいヒフとか、さらに、黒ヒフがむけると白い色が出てくるとか、理由あってわざわざやってるとしか思えないものね。
ハナゴンドウどうしで、背中をゴシゴシやりやってそうですね〜。

2007/12/3(月) 午前 3:09 kapaguy 返信する

カンチョさん、いつかいっしょにショーをみましょーね笑。
エノスイのハナゴンドウ、ビーナは今ショーには出ていません。あまりジャンプができないなんてことはなくてけっこういたずらしてくれますよ。アクリル面に近寄って「わぁ〜かわいい」なんて言ってると急反転してスプラッシュジャンプかまします。いきなりクジラが降ってくるのでみんなずぶ濡れになってます笑。ハナゴンドウはイルカくらいのサイズですがゴンドウといえばクジラ。プールの床が濡れているときは飛んでますよ。要注意。
ここに少し飛んでいる映像があります。連動企画みたい笑。
http://blogs.yahoo.co.jp/aquariumghana/16240121.html

2007/12/3(月) 午前 11:36 [ - ] 返信する

顔アイコン

うわあ、スナメリのアップもかわいいけど…
ハナゴンドウのアップって、でっかかわいい〜♪ 削除

2007/12/3(月) 午後 4:17 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

あ、ホンマですね〜。ビーナっていうんですかー。
今思えば、八景島のスバルもショー頑張ってますね。

品川アクスタのオキゴンドウ、イシュトのテールウォークにはビビリましたが^^;

2007/12/3(月) 午後 8:21 [ べる〜が ] 返信する

ハナゴンドウの名前の由来はダルマザメに噛まれまくったハナゴンドウがいたのではないかと思うんですが、どうでしょう。クッキーカッターですからね。しぼり模様の花がたくさん咲いていたんじゃないのかな?ダルマザメは展示むずかしいですかね。標本でも見てみたいです。

2007/12/3(月) 午後 8:54 [ - ] 返信する

顔アイコン

めちゃハナゴンドウかわいい〜!ガラスにぶつかってるとか、ほんまかわいすぎます★
生のハナゴンドウ、見たことないから見たい!

2007/12/3(月) 午後 9:39 [ kas*g*011 ] 返信する

ghanaさん<おぅ!ちゃんと出てきていただけましたか。情報をどうもありがとう。
そうなんや、今は出てないのね。エノスイ名物、ちっちゃなプールでいっぱいのイルカがジャンプラッシュ。そん中にいたハナゴンドウ…という記憶が印象的だったんだけどねぇ。
動画では、ちゃんと飛んでますね。でもやっぱり低空飛行w。実はえのすいのイルカたちはみんな低空飛行の傾向が強くて、ボクにはそれがちょっぴり不満です。まぁえのすいイルカの文化なのかなw。

しかし、写真撮影してるときに、スプラッシュジャンプされなくてよかったな〜。
アクリルぎりぎりで水中しか見てないから、カメラずぶ濡れ必至やったもんね。
もしかしたらハナゴンも、いい顔の写真撮って欲しかったのかもねw。

2007/12/3(月) 午後 11:51 kapaguy 返信する

ばったさん<でっかかわいい、というのはなかなか言い得て妙です。
でっかくて可愛いものって、けっこう少ないものね。

2007/12/3(月) 午後 11:53 kapaguy 返信する

べる〜がさん<あはっ!イルカたちの愛称を覚えるの好きよね。
でも、水族館の楽しみ方の一つは、お気に入りの子をつくること。そうすれば自然に名前を覚えちゃうものね。
それぞれの愛称を知っているというのは、水族館フリークの王道です。

2007/12/3(月) 午後 11:57 kapaguy 返信する

ghanaさん<ハナゴンドウの由来、確かにハナゴンドウにはダルマザメの噛み跡が多く見られるみたいですね。というか、残るのでしょうね〜。でも、他のイルカ類もけっこう噛み跡は多いのでは?
う〜ん、ボクにはその真偽はイマイチよくわからないです…。まぁなのでちょっといいかげんだけど、ダルマザメも含めた体の傷全般ということにしておきますw。

2007/12/4(火) 午前 0:03 kapaguy 返信する

kasugaさん、生のハナゴンドウ見るのであれば、水族館動物写真図鑑によればw、横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県)、新江ノ島水族館(神奈川県)、南知多ビーチランド(愛知県)、太地町立 くじらの博物館(和歌山県)、マリンワールド 海の中道(福岡県)の5館です。けっこう少ないですね。
さらに、水中のこんな姿と会おうと思ったら、えのすいと海の中道の2館しかなかったように思います。
どの水族館でも脇役というよりも、エキストラみたいな存在だけど、こうしてショーじゃないときに会うと、ホントに可愛いですね。

2007/12/4(火) 午前 0:09 kapaguy 返信する

顔アイコン

エノスイにはこのハナゴンドウに会いに「わざわざ」いきました。なんにもしないドンより感がいいです。八景のゴンドウも頑張り屋さんなのにバンドウと比べられて「あいつトロイナー」なんて声が客席から聞こえると爆発したくなります。今月はオキちゃんショーのバンドウに会いに「わざわざ」チュラ海にいきます。
私はシャープなイルカよりゴンドウが大好きです。ゴンドウ飼いたい。(とかいいつつ抱き枕はシロイルカだったりする)

2007/12/4(火) 午後 11:21 御前加那子 返信する

カナ〜さんってけっこうマニアックよね。さらに依怙贔屓が激しいw!
誰かのRESにも書いたように、イルカショーでのハナゴンドウはどの水族館でも脇役どころかエキストラ程度の扱いなのです。そんなくらいだから、今までお客さんの反応がよくなかったということなのでしょう。きっと、ジャンプとか以外のことをやってもらえば、ハナゴンドウも活き活きしてきそうですね

今月に美ら海ですか〜。いいな〜、水族館は冬には寒そうなイメージがあって客足が遠のくのだけど、美ら海は年中夏のにぎわいです。

2007/12/5(水) 午後 1:31 kapaguy 返信する

顔アイコン

えのすいは、カマイルカのプールも穴場ですよね。
階段降りて半地下になっているので、意外と人が来ない。
さらにショーやっているときは、独り占めできるときもあるし。
逆に独り占めしてるときに誰かきたら、どうぞご堪能あれ、とさっと退きます。
ペンギンはジェンツー派。
サメはトラフ派。
イルカはカマ派。なもんで必ず立ち寄ります。
9月行ったときはアクリル傷だらけで張り紙もベタベタ。
子供がガンガン叩いて、イルカは逆に威嚇して傷つけちゃったんでしょうね。

2007/12/7(金) 午後 11:32 [ 鈴木ちゃん ] 返信する

鈴木ちゃん、穴場よくご存知で…。確かにけっこういい場所です。
でもあのプール、もとはミナゾウのプールだったじゃない、それでミナゾウを思い出すのが辛くて、ボクはカマイルカに変わってから1度だけ行ったきりずっと封印しちゃってます。
でも、イルカ好きのみなさんには、ホントにオススメの場所ですね。

ペンギンがジェンツー派で、イルカがカマ派、しかもサメがトラフ派とは、鈴木ちゃんって水族館の楽しみ方知ってますね〜。
いや、選択に関してはかなり変わりモンの範疇だと思うのだけどねw。自分なりのこだわりが水族館を楽しむコツだから。
ちなみにカンチョは、イルカはシロイルカ派、サメはオオメジロ派、ペンギンはみんな好き派、です。

2007/12/8(土) 午前 2:57 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事