ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

こ、これは、生卵クラゲや〜!
イメージ 1

クラゲフリークになりつつあるカンチョの前に、初めてのクラゲが現れた。
新江ノ島水族館のクラゲファンタジーホールにお目見えのサムクラゲ。
黄色とオレンジが美しい、しかもか笠径15cmほどの、久々の大型新人なのである。

北海道の方のクラゲだとのことで、それで「寒クラゲ」なのか?
えのすいでは、和名を漢字でも表記することにしているので、スタッフも調べたらしいのだが、ついに語源は分からなかったとのこと。
けど、これはどう見ても、ナマタマクラゲ(生卵クラゲ)がふさわしいんやない?


笠のブリリンという動きを出そうと、スローシンクロしてみたら…。
イメージ 2

透明だった白身が白くなり、メダマヤキクラゲになったw。
ちょっと半熟で、2個付いてるところなんか、一流ホテルのブレックファーストに出てくる目玉焼きだ。

ところで黄色い黄身の部分は生殖線。
てことは、タマゴクラゲと言っても、あながち間違っていないのか?


バックヤードのクラゲ生産室で、上面光で撮らせてもらった。
イメージ 3

おお、美しい。
黄身が黄金色に光り、トロリと流れ出たかのような線がたまらなく美味しそう。
だけど、食用にはならない。

クラゲチームの話では、ポリプから育てて、次世代の展示用の若い個体もすでに準備されてるとのこと。
これからの人気がちょっと楽しみなクラゲでなのである。

なお、ナマタマクラゲやらメダマヤキクラゲやら、勝手に名付けてしまったが、くれぐれも本名はサムクラゲです。
間違いなきよう。(って、誰がややこしくしとんねん!)



■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(24)

顔アイコン

幻想的で美しいです♪
ゆっくりと優雅に泳ぐイメージしかないんですが、機敏なくらげっているんでしょうか?

お馬鹿な質問ですいません(>_<)
なんだか急に気になったもんでw

2008/1/22(火) 午後 1:37 [ kot*333*333 ] 返信する

顔アイコン

とうとうクラゲフリーーークですか!
クラゲ水槽の照明って微妙な光が多いですから、強い光の写真は面白いです(゜-゜)

今度はカブトクラゲとかに付いてるパタパタをスローシンクロしてみてください(^o^)丿

2008/1/22(火) 午後 3:50 [ べる〜が ] 返信する

は〜。とろり〜ん。暖色系のくらげもいいですね〜。
それにしても「クラゲ生産室」に笑いました。

2008/1/22(火) 午後 11:28 [ sak*ra2*06*30 ] 返信する

顔アイコン

みなさんごめんなさ〜い!
今週、突然忙しくなってしまって仕事のオニになっていた上に、明朝早くから出張に出なくてはならなくなってしまい、どうしようもなくもう寝ます。
仙台→名古屋港→伊勢の4日間強行軍やけど、途中で必ずお返事します。きっと明日にでも!
そいじゃ、おやすみなさ〜い!

2008/1/24(木) 午前 3:09 kapaguy 返信する

顔アイコン

いやぁー。クラゲも癒されますよね!

強行軍、気をつけて行ってらっしゃい!

2008/1/24(木) 午前 8:14 ○丸ちゃん○ 返信する

カナーさん<親指サムもハンサムも違うと思うよ〜〜〜。ボク説では寒クラゲやなきっと。
今日の仙台はめちゃ寒です。昨夜はすごく吹雪いていて、飲み屋に歩いていったら体中が真っ白な雪だるまになっちゃった。
帰りには酔い酔いでクラゲ歩き。真っ白な寒クラゲでした〜w。

2008/1/25(金) 午前 10:25 kapaguy 返信する

ghanaさん<エノスイのクラゲスタッフもけっこう誇らしげでしたね。ボクはうかつにもこのクラゲが入っているのを教えられるまで気付かず、クラゲミッションからうっかり離れていたことを反省…。

2008/1/25(金) 午前 10:39 kapaguy 返信する

maruさん<クラゲから水分を抜くとほとんど皮しか残りませんね〜。食べられるクラゲは、肉厚のあるエチゼンクラゲとかビゼンクラゲなど限られています。エチゼンクラゲって、あの大量に流れてくる迷惑な巨大クラゲ。コラーゲンたっぷりとのことなので、全て食べちゃえばいいのやけど…。

2008/1/25(金) 午前 10:50 kapaguy 返信する

kt90jpさん<うん、飼うのはけっこう面倒やしね、見に行くのが一番です。お蕎麦も、いちいち打ってから食べるより、お店に食べに行く方がらくちんでしょw。

2008/1/25(金) 午前 10:52 kapaguy 返信する

kotoさん<基本的に機敏なクラゲはいないですね。水中でなければピクリとも動けないほどの運動能力なんやから…。
クラゲは巨大なプランクトンで、プランクトンとは自分の力では移動のできない浮遊生活者の人たちのことなのです。
でも、けっこう速く移動するクラゲもいます。猛毒クラゲのカツオノエボシは、風船部分を持っていてそれで海面に浮くと同時に、風船を帆にして移動するのです。水中部分があるにもかかわらず、けっこう速い帆走をします。

2008/1/25(金) 午前 11:01 kapaguy 返信する

べる〜がさん<カブトクラゲの櫛をスローシンクロか…。う〜んあり得るようであり得ないようで、ボクの理解と知識をはるかに超えた挑戦やな〜。って、いつもあんまり理解せずに撮ってるんやけどw。

2008/1/25(金) 午前 11:06 kapaguy 返信する

sakuraさん<とろり〜ん…ね。うん、そういう感じやったな。黄身がいつかあふれ出すんやないか?って思うくらい。

クラゲ生産室、確かに生き物なんやから、せめて育成室とかね〜。でもその部屋での作業は実に地道で雰囲気も研究室っぽい。種苗生産とかと同じ、いかにも生産作業なんですね。製造室でないだけでもよしとしときましょうぜw。

2008/1/25(金) 午前 11:12 kapaguy 返信する

丸ちゃん<強行軍ではあるのだけど、途中にぼか〜んと時間が空いたりするので、まあそこそこ気楽な出張です。
今もホテルのロビーで道行く人を眺めながら、PCかちゃかちゃ。
さっきから、本の原稿を書いてるのだけど、いつもと違う場所というのは気分転換になかなかいいですね。

2008/1/25(金) 午前 11:16 kapaguy 返信する

クラゲって、色彩が水と溶けるような不思議な写真になりますね。色のあたり方で全く違って見えるし、サムクラゲの名前、これで覚えましたよ。

2008/1/27(日) 午後 8:08 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん<ガラス工芸品を展示するときには、床や背面から光りを当てたり、真上からの1本の照明にしたり、あるいはそれらを組み合わせたりするじゃないですか。
透明〜半透明が基本のクラゲは、あのガラス工芸品と同じなんですね。だから、水族館でもクラゲの照明には工夫を凝らせ、写真撮るときにもいろいろやってみるわけです。
クラゲがガラス工芸品と違うのは、柔らかく刻々と形を変えるという点、そしてなによりも命ある生き物だということですね。

2008/1/28(月) 午前 1:38 kapaguy 返信する

顔アイコン

機敏なくらげも居たんですね♪

勉強になりました!ありがとうございます(^_^)v

2008/1/28(月) 午後 3:38 [ kot*333*333 ] 返信する

アバター

くらげって、不思議な形していますよね。
もっともくらげからみたら、そうとう人間ってば怪しい形しているとは思うけど(笑)。

2008/1/29(火) 午前 0:48 chiisaiyoru 返信する

リトルナイトさん、ようこそです。
はい、クラゲから見たら、ヒトはすごい化け物です。しかも、クラゲみたいに、ただ漂うだけで生きていけるというほどには完成されてないしね。
ヒトにとって救いは、クラゲの眼ではヒトのことが見えないし、さらにありがたいことに、クラゲはヒトにまるで関心がないことですw。

2008/1/29(火) 午前 1:32 kapaguy 返信する

顔アイコン

初めまして〜
たしか英語名はegg-york jellyfish だったように思います。
卵黄クラゲって意味ですね(笑)
こんなに美味しそうなクラゲは初めて見ました。

2008/2/28(木) 午後 5:29 [ nishiasa ] 返信する

asakoさん<はじめまして。
卵黄クラゲの方が、目玉焼きクラゲよりしっくりきますね。
でも、玉子ご飯好きな日本人としては、やっぱり生卵クラゲが一番しっくりくるていうか、食欲をそそりますねw。

2008/3/1(土) 午前 11:59 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事