ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

どうもなんだか、カエルにはみなさんの反応悪いな〜とは思いつつ……。かまわず続ける!世界のカエル展。
だって、カエル好きなんだも〜ん!

池のほとりに置いてある、大ガマ小ガマの陶器の置物みたいなカエル。
イメージ 1

マレーキノボリガマ。マレー半島の木登りするガマガエルという意味ね。
ガマガエル(ヒキガエル)なのに、指先の吸盤が発達していて木登りが得意なんやって。

大ガマの方が♀、小ガマの方が♂。
特段、ただいま交尾中!イヤ〜ンバカ〜ン……というワケではなく、常にこんな感じでくっついて一緒にいるらしい。
なんとなく、スネ夫の母ちゃんにおんぶされたスネ夫くんみたいな、小池さんの母ちゃんにおんぶされた小池さんみたいな…。


さて、色も鮮やかなこちらは、ご存知コバルトヤドクガエル、談合中。
イメージ 2

カエルというキャラクターは、高度のコミュニケーション能力があるワケでもないのに、こんなふうにしてると、なんかヒトと同じように会話してるみたいな感じになる。

なんだかイヌよりも利口そうに見えないですか?
いや、強烈な毒を持ちながらも、それを攻撃には絶対に使わず、防御だけに使っているところなんか、ヒトよりもはるかに利口なのである。

ところで、ヤドクガエルはスゴク小さい。いったい何を食べてるのか?ダニとかアリを食べているんだって。
ウヘ〜!と思うだろうが、ダニやアリの持っている毒を利用して、矢の毒に使われるほどの強い毒を持つようになったのだから、とても理にかなっているというわけだ。
でも、今回、給餌してもらって、食べているところを撮影したのだけど、肉眼では粉のようにしか見えなかったエサが、写真見たら、ちっちゃな白い無数のコオロギで(ダニのように見える)、その光景はあまりにウヘ〜だったので、お蔵入り写真と決めたのでしたw。


さて、コチラはまたちょっと趣を変えて、カエルではないけれど両生類。トウブヌマサイレン。
イメージ 3

サイレンの仲間は、アメリカ大陸から中米にかけてだけ生息している両生類で、ヘビ型をして後肢がない。両生類というもののほぼ水生でエラがあり、エラはアホロートルのように外に付いている。

トウブヌマサイレンの名前の意味はおそらく、「東部に住む沼サイレン」なんだと思う。(ヌマサイレン属というグループがあるらしいから…)
そしてサイレンは、なんとセイレーン!人魚のことだ!
ま、まぁ、足の代わりに尾というところは、確かにね…。

おデブのジュゴンやマナティーが、人魚と似ても似つかぬとは常々思っていたけれど、このトウブヌマサイレンさんが人魚というなら、ジュゴンやマナティーの人魚はあってもいいかな……と、しみじみ思うカンチョなのでした。

●カンチョの最新インタビュー記事→小学館SOOK『渚でくらす』

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド


この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

わあい!続けてカエル情報うれしいです〜。コバルトヤドクガエル、ほんと、よからぬ相談してそう(^^)タカアシガニで、三匹向かい合った写真を撮ったことがあります。ほんと談合中っぽくってつい。笑
擬人化といえば…京都国立博物館で河鍋暁斎展を開催中とのこと
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/080408/tokubetsu.html
ひょっとしたらお好きかも? 削除

2008/4/12(土) 午前 3:27 [ ばった ] 返信する

顔アイコン

ヤドクガエルは須磨にもたくさんいます〜。100ミリマクロが欲しくなりますね(+_+)

サイレン・・・初めて見ました!衝撃です。胴体部分はアミメウナギに似てますね(゜-゜)
ウチにもアホロートルとポリプテルスがいるんですけど、両方が融合するとこーなるんかな〜って思ってしまいます^^;

2008/4/12(土) 午後 3:29 [ べる〜が ] 返信する

ばったさん、ホントにカエルに食いつきいいですね。というか食いつき早い!
絵はなんでも好きだけど、京都までは…(^^;
実はこのところ、ずっと絵画なるものを見に行ってないのでありますよ。水族館ばっかし…。
新しい水族館のためにも、そろそろ感性磨かねばな〜〜〜。

2008/4/12(土) 午後 7:03 kapaguy 返信する

べる〜がくん。そうよ、アミメウナギにそっくり。
でも、アミメウナギの方が、サイレンよりも知られてないのではないかな?
アミメウナギを見たのは、須磨水とあと、どこやっけな〜。ボクは2箇所しか知らんもん。

2008/4/12(土) 午後 7:05 kapaguy 返信する

コバルトヤドクガエル? ふぁ〜、息をのむほど美しいですね… サイレンはまた、かわいらしい顔をして、う〜ん、えらがおしゃれ。あ、よく見たらちっちゃい手がある!

2008/4/12(土) 午後 9:31 [ sak*ra2*06*30 ] 返信する

顔アイコン

アハハ!
カエル君たち盛り上がらない^^?
すっごい色〜夢に出て来そうですね〜。
やっぱりこれが恐竜だったらと思うと、、
そしてジャンプしてみ〜〜怖〜笑。

2008/4/13(日) 午前 6:12 maru 返信する

sakuraさん、ヤドクガエルはどれもみんなサイケで美しいけれど、コバルトヤドクガエルは、ボクの最もお気に入りです。
こんな色の生き物って、他に思い浮かばない……。

トウブヌマサイレンの前足、発見してくれてありがとう。足のまったくない両生類もいるのだけど、この子は、ちっちゃいのがあります。だから人魚なんですね。

2008/4/14(月) 午前 2:06 kapaguy 返信する

maruさんは、どうしてもカエルを恐竜にしたいみたいですねw。
そういや、恐竜時代の前には、でっかい両生類が沼地や池の周辺をノシノシ歩いていたんでしたね。
でも、でっかすぎて、もちろん重いからカエルのようにピョ〜ンと跳ぶどころか、ほとんど水中で暮らしていたとか……。

2008/4/14(月) 午前 2:10 kapaguy 返信する

陶器のカエル!!そっくり。雄カエルが腕を回して届いてない…
ヤドクカエル、すごい色の細胞や!!なぜそんな色なんですか??確かに攻撃に使わないのは、拍手ものですね^^カッコいいです☆
さてさて…人魚さんですが、みんな人魚を美化しすぎさんですよ〜!!モデルさんのような女優さんのような人が人魚を演じるんですから、細くて綺麗な人魚というわけになっちゃうんですよ!!
いやいや、ぽってり太い美人がいてもいいんですよ☆どこかの国の方は太ければ太いほど美人とされている民族もいてるんですからね〜☆
私がそこに行けば、美人じゃないといってくれるかしら??笑

2008/4/14(月) 午前 10:54 ミーサン 返信する

マレーキノボリガマ☆本当に陶器みたいですね。おしどり夫婦なのですね。和む顔ですね。
コバルトヤドクガエル☆綺麗な色!美しいですね。三匹いるので、左右に、後姿にと、拝見出来る!うれしい写真です。
これは、もう、逢いに行かなくては!

2008/4/14(月) 午後 9:02 珊瑚カエル 返信する

みーさん、雄カエルの腕が回ってないの、よく気づいたね。でも、体の大きさのわりには長いと思わへん?雄の手。もう抱きつくための手みたいな感じ。

》人魚さんですが、みんな人魚を美化しすぎさんですよ〜!!
はい、悲しい男の性(サガ)です…。
ブットイ白人女性の方が、プールサイドで寝そべって、肌が薄赤く焼けているのを見たとき、陸に上がって仰向けにされたジュゴンとまったく一緒だと思った。
人魚伝説の原点は、そこなんかもな〜〜w。

2008/4/15(火) 午後 10:19 kapaguy 返信する

珊瑚カエルさん、やっぱりカエル好きなんですねw。
カエルの顔を見て和んでくれる人、ボクの同類です。
カエルがいっぱいいて喜んでくれる人も好きです。やっぱりボクの同類です。

2008/4/15(火) 午後 10:23 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事