ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

松島に行って来たら、もちろんマリンピア松島水族館には寄るのが当然。
はい、そりゃ、カンチョは水族館プロデューサーであって、温泉プロデューサーではありませんから。

でも、最近、相棒が水族館にはあまり付き合ってくれなくなってきたので、ほんの短い時間ね。
そこで、集中して粘ったのがニセゴイシウツボさん。
イメージ 1

ニセゴイシウツボは、でっかくて存在感アリアリなのだけど、たいていの水族館ではあんまり動いてくれない。
動いてくれないどころか、体の半分は岩の中に隠れていたりする。
ところが、マリンピア松島のニセゴイシウツボは、時々水槽の中をウネウネと泳いでいるのを、以前に来たときに発見していたのである。

それで今回は、水槽の前で、ウツボが泳ぎ出すのをじっと待つことにした。
このニセゴイシウツボさんには、お気に入りの岩陰があって、ふだんはそこにくつろいでいるのだけど、5分に1回くらい、思い立ったように岩から抜け出して、ニョロニョロニョロ〜と浮かび上がると、直径10mほどの水槽を1週し、また岩陰に戻るのである。


全身見せると、ウツボにしちゃけっこう寸詰まりな体型。
イメージ 2

でもね、これでも長さは、1.5mくらいはあるんよ。
ニセゴイシウツボは、でっかいにはでっかいけれど、どちらかと言えばぶっといウツボというのが正しいのかもしれん。


けど、これじゃあんまり、あのウネウネ感が出ていないんよね〜。
それで、さらに20分くらい粘って、4回目くらいに泳いでくれたときにやっと撮れたのがコチラ。
イメージ 3

この太さ、このふてぶてしい顔、このウネウネ感、イメージ通りに目の前にやってきてくれた、これぞニセゴイシウツボさんのお姿です。

ニセゴイシウツボに初めて出会ったのは、30年も前に石垣にあった小さな水族館。
そりゃもうびっくりたまげました。そのまま連れて帰えろうかしらと思ったくらい。
今では、たいていの水族館に、ど〜んという感じでいますけどね。


□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

ウツボちゃんもじっくり待ってると、泳いでくれるんですねぇ。

しかし、20分か、大水槽の前だったらそのくらいたたずんでることもあると思うのですが、まだまだ修行が足りませんね。
と言うか、連れと行くと不可能だから、やっぱ単独行ですね。

2008/8/10(日) 午前 0:35 ○丸ちゃん○ 返信する

丸ちゃん、今日は早起きではなく、夜更かしですね。やっぱ五輪のせいですか?

水槽の前にただたたずむというだけで20分は、ボクもつらいですw。
ボクの場合は、カメラで仕留めてやろうという、縄文系狩猟民族の血がそうさせているんだろうと思いますね。
そしてボクも、ほとんど一人でしか水族館には行きません。
相棒にさえ「もう普通の人の人生の5倍は水族館に行ったよ」とか言われて、いっしょに行ってくれたとしても水族館内ではお互い単独行。
彼女はたいてい、涼しいところを見つけて本読んでますわw。

2008/8/10(日) 午前 0:43 kapaguy 返信する

顔アイコン

そのシャッターチャンスを待つ大変さ。よ〜〜〜っく分かります(´▽`)
僕みたいな水族館素人には、待つ時間も有意義です。他の魚をじっくり見られたり、ターゲットの細かいクセに気づくこともあります。

そういえば、ウツボが常にウヨウヨ泳ぐ水槽って、どこかあるのでしょうか。ちゃんと中が見える程度に明るい水槽で。
ウツボには悪いですが、なーんにも入れてない水槽だと強制的に泳がせそうですけど┐(´〜`;)┌

2008/8/10(日) 午前 2:36 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

昨秋に初めて行った、新潟の上越水族博物館のマリンジャンボ水槽でも、うねうねニセゴイシウツボが見られました。(後姿しか撮れませんでしたが)

しょぼーい写真しかありませんが。
↓こちらにアップしてあります。
http://sea.ap.teacup.com/kurikuri/ 削除

2008/8/10(日) 午前 5:18 [ よかまさ ] 返信する

べる〜がくん、きっと君の方が辛抱強く待ってるね。ボクには一つの場所20分が限界やなw。

ウツボの水槽になんにもいれなかったら、きっとウツボは端っこの方にかたまってしまうんやないかね〜。とにかく身体が何かにくっついてないと不安になる人たちやから。まぁ、そんな可哀想なことは水族館ではやらないけどね。
よく泳いでくれるのは、とにかく広い水槽ではないかと思う。

2008/8/10(日) 午後 3:57 kapaguy 返信する

よかまささん、マリンジャンボのニセゴイシウツボは、またすごく大きくて迫力ありますね。しかもそんなでかいのがいっぱいいるし、確かドクウツボのでっかいのもいたような記憶が…。
そして水槽も大きいからか、確かに時々泳いでた。
写真撮るには、水の色がちょっと黄色く濁ってるのが残念だけど、巨大ウツボウネウネニョロニョロを見るには最適の水族館と言えますね。

2008/8/10(日) 午後 4:01 kapaguy 返信する

顔アイコン

ほんとだ!一番下の写真は、なるほど、長そう〜って分かります。
ウツボはちょっとした水族館のギャングです〜。サメみたいに泳ぎ回らないけど、ちょっと怖いですね〜。

2008/8/10(日) 午後 4:46 maru 返信する

おや、maruさんも不思議な時間に…。
マル一族は、お盆はいつもと違う生活パターンになるのかなw?

ウツボは、ヘビみたいで怖そうだけど、実はぜんぜん攻撃的ではない魚です。
自分の口より大きなものは、食べられないから、そもそもヒトみたいな大きな者を襲うなんて感覚がないのですね。

2008/8/10(日) 午後 6:10 kapaguy 返信する

ウツボって海のギャングとか呼ぶ人がいますが、引っ込み思案なんですかね。歯のぎざぎざを見れば、凶暴そうにみえますけどね。私も穴から顔を出しているところしか観たことがありません。後ろはこうなっているのですね。最後の写真は本当にうねうねしていますね。豹柄がとても綺麗ですね。初めて観るのでびっくりです!ポチ☆

2008/8/10(日) 午後 9:28 眼とろん星人 返信する

エノスイのニセゴイシが入っている水槽は
泳いでくれるけれどアクリルが曲面なので
ゆがんでしまいますね。
大水槽のウツボはときどき旅に出てゆらゆらと
泳ぐときがあります。

2008/8/11(月) 午前 0:24 [ - ] 返信する

顔アイコン

わたしも、マリンピアでウツボちゃんを見た時は、たまたまかな?
にょろにょろ泳いでおられました〜。
イメージ的には、穴から顔出していたり、岩陰にかくれていたりしている、って言う感じでしたが。。。
マリンピアの子は、慣れてるのかなぁぁ♪

2008/8/11(月) 午後 10:36 お侍さん 返信する

眼とろんさん、ポチありがとう! 最後のうねうねはボク的にすごく狙い通りの写真だったので、すごく嬉しいです。
ウツボは穴に潜るのは好きだけど、不思議なことに引っ込み思案ではないのですね。ウツボを襲う度胸のある奴がほとんどいないからなのか、ヒトが近づいても、穴の中に隠れることもありません。
ダイビングスポットでは、ヒトに触られても平気なほどにヒト慣れしたウツボもいます。慣れちゃうということは学習能力も高いのかもしれませんね。

2008/8/12(火) 午前 0:31 kapaguy 返信する

ghanaさん、エノスイの小さい方のニセゴイシは時々泳いでますね。後ろにいる超デカニセゴイシ、ボクはいまだに泳いでいるところを見たことがありません。
あの超デカくんが、泳がないまでも、水槽前方に出てきてくれれば、それだけで嬉しいのだけどな…。

2008/8/12(火) 午前 0:33 kapaguy 返信する

キンママさんも、マリンピアの泳ぐニセゴイシを見たのね!
あれって、けっこう速く泳ぐのにびっくりしませんでした?ボクは写真撮りながら追いかけるから、思わぬ速さに仰天しました。ていうか息切れましたw。

2008/8/12(火) 午前 0:36 kapaguy 返信する

あのデカイのにはキタダくんと名前をつけてあげました笑。
ほかの魚を威嚇しているのかグワっと前のほうに出てきて
かなりの迫力で存在示しているのを見たことあります。
ウツボというより竜のようでした。
それを見てからいつか撮ってやるとねらっています。

2008/8/12(火) 午前 1:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

カンチョさん、こんにちは!
水族館好き、博物館好き、美術館好き…
絶対デートでは、好きな場所には、一緒に行かないほうが良いです。
丹念に、普通の人の何倍もの時間をかけて見ますし、
思いついて、また後戻りしたりしますから、愛想をつかされますよね。(笑)
アズキハタのようなウツボ…やはりちょっと、イメージが違います。

2008/8/12(火) 午後 1:22 夏茉莉 返信する

ghanaさん、それは北田トリーターがどう思うか…ビミョ〜(^^;
まぁ、彼の担当ではあるけれど。
あのデカニセゴイシは迫力ありますね。でっかいニセゴイシを入れたら、お客さんたちが、「クマノミはなぜ襲われないんだろうか?」と疑問に思い、クマノミとイソギンチャクの共生の意味を再認識するだろうと考えたのも彼です。

2008/8/12(火) 午後 5:39 kapaguy 返信する

夏まりさん、中でも、デートに行ってはいけないのが水族館好きの水族館ですねw。博物館や美術館の展示物が動かないのとは違って、水族館は出かけるたびに動物たちが違うことしてるから、冷静にしてようと思ってもついつい我を忘れてしまう。
まぁボクの場合は、動物フェチというワケではないので、カメラさえ持ってなければ、デートもぜんぜん大丈夫です。けど、どの水族館でも面が割れてるので、モナ系デートにはちょっと使えへんなぁw。

ニセゴイシウツボは、成長するにしたがって、斑点模様が小さくさらに間隔も広がります。ていうか、模様がそのままで身体だけが大きくなるんですねw。
なので、小さいうちはいかにも碁石な雰囲気の模様です。老成したら、お灸ウツボみたいな感じ…。

2008/8/12(火) 午後 5:49 kapaguy 返信する

顔アイコン

あ、そうそうそう、新屋島水族館のウツボ水槽はスンゴイぎっしりでした(^¬^)
あまりにもぎっしりやったから、はみ出たウツボがウネウネ泳ぎ回ってました。常に1〜2匹は泳いでましたよ〜。
でも水槽が小さい上に、暗いので、動画でガマンしましたけど( ̄ロ ̄|||
水槽に何も入れないんやなくて、ウツボだらけにすれば泳ぐのですね(☆_☆)

あ!そういえばもう一つ発見が!
人生で初めてチンアナゴの尾を見ました(^¬^)

昨日は屋島で地道に水面下活動です。
どうやら僕の運は溜まりやすく、使い果たしにくいようです(^〜^)
オッサンになってからの反動が怖いです・・・。

というか、番組に出たということは・・・僕の魚が全国デビューってことですね!?Σ( ̄□ ̄;)
魚にも目立ち運をおすそ分けです(´▽`)
たぶん日本一有名なブラックゴーストですよ・・・(T-T)

2008/8/15(金) 午前 1:28 [ べる〜が ] 返信する

水面下活動、ご苦労様。運がしっかり溜まってるとええね。
でも、運っていうのは、目の前のことやないからね、いろいろよく見極めてオッサンになるまでの道筋を考えてくれw。

2008/8/15(金) 午後 10:46 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事