ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

マリンピア松島水族館で写真を撮っていたら、可愛い女性飼育係から声をかけられた。
カンチョ思わず、うひょっ!?
すると、「私の担当してるクラゲ、カレンダーに入れて下さってありがとうございました!」とのこと。
な〜んだ、ちぇっ…やなくてw、おぉ、あのシロクラゲのお母さんでありましたか。 シロクラゲ→3枚目の写真
担当している動物が何かに載ったりすると、飼育係は嬉しい。それ、わかるな〜。

で、すっかりクラゲのステージママになってる彼女のために撮影したギヤマンクラゲ。
※なぜかしら足が切断されてますが、画像クリックすると足が点線でない画像をご覧になれます。
イメージ 1

ギヤマンクラゲ、名前も美しいけど、その姿も名前に違わずキレ〜な〜!

あ、あの、念のためですが、ギンヤンマではありません。ギンヤンマもキレイやけど、ギヤマンです。
もちろん、まん丸なギヤのようだからギヤマンでもありません。(そんなこと誰も考えへんかw)

ギヤマンはガラスのこと。南蛮渡来の美しいガラス容器のことを、ビードロとかギヤマンとか呼んでたのですね。
カンチョが子どもの頃には、お婆ちゃんとかが、きれいなコップのことはまだ「ぎやまん」と呼んでたですよ。…今のお婆ちゃんは、新幹線でも汽車って言いますねw。


姿はガラス細工のようだが、柔らかいから、ぶつかっても壊れない。
※こちらも画像クリックしてもらうときれいです。
イメージ 2

ところでギヤマンってオランダ語なんやけど、綴りはDiamant。
そう、ダイヤモンドのことやったんや!
透明なダイヤモンドが、南蛮渡来の美しいガラス容器の名前になり、その美しさに匹敵する姿のクラゲがギヤマンクラゲと呼ばれるようになった。
ていうことは、このクラゲ、ダイヤモンドクラゲって言うことやん!

この丸みやいかにもはかなげな薄さは、ギヤマンクラゲよりもビードロクラゲがあってるようにも思ってたんやけど、ダイヤモンドなんであれば、ギヤマンクラゲの方が値打ちがあるか……。
ちなみに、ビードロはポルトガル語が語源のガラスです。


こちらは、傘がふわっとふくらんだギヤマンクラゲ。
イメージ 3

この日、ちゃんとした接写レンズを持ってなかったので、いずれもキレの悪い写真でごめんなさい。
さらにちょっと広角ぎみにすると、まわりに漂うエサまでバッチリ映り込んでしまう。
でも、そのエサ、なぜだか緑色に光ってるではないか。
なるほど、ダイヤモンドクラゲには、まわりを彩る色付き宝石というワケなのだ。

ステージママの飼育係は、しきりに「エサあげたばかりだから、キレイに取れないですよね〜」と気にしてたけど、いえいえ、あなたの我が子への愛は、こんな形で現れましたよ〜。
とってもキレイなお子さんです。


●カンチョの最新インタビュー記事→[http://www.magsook.jp/mokuji/nagisa/
小学館SOOK『渚でくらす』]
●カンチョ今年の最新著→『恋人はイルカ〜ドルフィントレーナーにあこがれて〜』

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(24)

顔アイコン

くらげちゃん、ふぅわ.ふぅわで、ステキです♪
そうそう、熱中夜話、、、見られませんでした〜、残念!
もし、再放送のお話がありましたら、教えて下さ〜い♡

2008/8/17(日) 午前 2:23 お侍さん 返信する

顔アイコン

カンチョ先生、今晩は!
生き物の名って面白いですね。
和名、英名、学名…それぞれが勝手にイメージでつけている時がありますよね。
昔の人は、ギヤマンは、ダイヤモンドから転じて「切子グラス」を呼ぶこともあるみたいですね。
お婆ちゃんもそうだったわけですね。
ビードロは、どっちかと言うと吹きガラスの「チャンポン」かしら?
あ、タンメンみたいなのじゃなくて…
浮世絵で歌麿が描いている「ビードロを吹く女」にあるほうのイメージ。
両方が混乱して、イメージがダブったんでしょうか?
まあ、綺麗なヒカリものに喩えているというところは同じですよね(笑)

2008/8/17(日) 午前 2:39 夏茉莉 返信する

顔アイコン

あのユラユラクラゲ足もシッカリ確認出来るギヤマンクラゲが美しい!
そのまま固形化出来たら、江戸風鈴になりそうですって(笑)
水槽写真は相当枚数撮っても、、、PCで見るとガッカリ続きの修行途中です(泣笑)
アクリル板の厚みによる歪み・屈折とか、ヨゴレを避けて素敵なショットを撮るって難しい…
やっぱり水槽展示を知りつくしてるさすがカンチョさん☆クリック!

2008/8/17(日) 午前 6:26 [ - ] 返信する

ただいまです^^夏休みに日本海でキャンプしてきました。泳ぎの得意な私は、ずんずん沖まで泳ぎました…
すると、見たことあるクラゲに出会いました。あれはきっとカブトクラゲやったと思いますが…違うくてもよく似てて、キラキラしてました。生で見れて、「これ、カンチョさんがよく写真にとるやつや〜。ほんまにキラキラしてキレーやんか〜^^」って浮遊中のクラゲを浮遊してみてました^^ノ2匹が一緒にいてました!!
これを言いたくて((o(> <)o))うずうずしていた3日間でした。
比較的雨や曇りが多かったんですが、テントはすごい暑さでした★

ダイヤモンドのギヤマンクラゲ、例えられるものが美しいとうらやましいですね^^確かに、きれいやし★
私の顔もダイヤモンドのように美しいなんて言われた日にゃ…
どー思うかな??笑

2008/8/17(日) 午前 9:12 ミーサン 返信する

ずぅさん、最近東北に行ってたんですね。アクアマリンにマリンピアですか。なんだか行動範囲が似てますねw。
シロクラゲは撮影するの厳しいですね〜。小さいし、透明だし、でもあまりにも可憐やからどうしても写真に残したくなってくる。
熱中夜話、ずぅさんの屈折ぶりがよく現れていて、キャラが際だってましたね。お疲れさまでした〜!

2008/8/17(日) 午後 0:14 kapaguy 返信する

タマちゃん、夏バテもせずに元気そうでなにより。
種名を全部漢字表記か、それはけっこう厳しいな。かな混じり漢字表記くらいなら誰もが読みやすくなるかもやけど。
でも、ボクの関わる水族館には、漢字表記併用を増やしていくつもりではいるよ。

2008/8/17(日) 午後 0:18 kapaguy 返信する

キンママさん、熱中夜話の再放送あったらこのブログで発表します。でも、水族館って季節モノやから、来年の春まで期待できないかも…。

2008/8/17(日) 午後 0:20 kapaguy 返信する

夏まりさん、動物の名前、こんな風にきれいな名前が付けられたのはいいけど、センスとかまったくなく付けられたのは可哀想です。研究者もせめて自分の子やペットの名前を考えるくらいには考えてやってくれー!と思うw。
切り子は確かにダイヤモンドの輝きっぽいですね。ところで、ビードロクラゲっていうのは実在しません。ボクが勝手に考えた名前で、まさしくあのペコポコと音がするビードロを思い浮かべました。形もなんとなくクラゲっぽいからw。

2008/8/17(日) 午後 0:30 kapaguy 返信する

ふぉとせんさん、なるほど、風鈴ってクラゲに似てますね!ゆらゆら揺れてるところまでそっくりや!
水槽写真は、暗い、接写必要、ガラスの壁、ガラスの反射、水の屈折、結露、汚れ、速い動きなど、撮影条件最悪ですね。それをカバーするのは、テクニックよりもまず機材、みたいなところがあります。
一つだけ、すごく簡単な基本テクニックを。
レンズはガラスに垂直になるようにしか構えないこと。接写のときには特に心掛けて下さい。歪みは、アクリルの中で起きるのではなく、アクリルと水、アクリルと空中という密度の違うものが重なってる境目で起きます。光がその境目を斜めにさえ通らなければ、歪みはおきにくくなります。

2008/8/17(日) 午後 0:42 kapaguy 返信する

みーさん、お帰り〜!日本海でキャンプか、夏らしくて羨ましいような、今年の日本海側の暑さを考えると羨ましくないような…。テントにはエアコン付いてないんやろしな〜。でも、楽しかったやろね。
海を沖までずんずん泳げるというのはエライ!海獣になれるよ。海のまっただ中でキラキラクラゲと会えたんも海獣泳力のおかげ。もちろんそっからちゃんと岸まで帰ってこれたんもねw。
ダイヤモンドの美しさ…、人はダイヤみたいに美しいよりも、ダイヤみたいに冷たくない方がいいと思うよ。

2008/8/17(日) 午後 0:53 kapaguy 返信する

顔アイコン

クラゲが女性に人気なのがすごく良く分かるギヤマンクラゲさんですね〜。何故魅かれるのかな〜って考えてみたのですけどね^^。
青い海に白いクラゲ、青い空にふんわり雲、、共通点、無いっか、笑。あ、雲もクラゲも水になる^^?
昔、雲になりたい〜って歌謡曲がありましたよね、
クラゲになりたい〜♪柔らかなクラゲにぃ〜(byカンチョさん)
かなり字余り。。

2008/8/17(日) 午後 9:07 maru 返信する

南蛮渡来のギヤマンの壷なんて、仮面の忍者赤影とかに出てきそうですね。私はJRのことをいまだに省線って言いますよ。流れるような足、鉢合わせして、上の子のあしが衝撃でたわんでいる風景画いいですね。ポチ☆

2008/8/18(月) 午前 0:35 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

ほぇ〜、勉強になります(^¬^)
名前の由来や漢字表記が面白いと、その生き物に対する印象の強さがかなり強まりますよね。
僕は物覚えが悪いので、魚の名前には弱いです・・・( ̄〜; ̄)
写真を撮って、やっと覚えられたり・・・。

2008/8/18(月) 午前 0:55 [ べる〜が ] 返信する

maruさん、クラゲはとても女性的ですね、柔らかい曲線、髪みたいに長い脚、流れに身をゆだねて漂うさま。
それって、古い男の描く女性像やけどw。でもそのせいか、クラゲを熱心に見てるのは、実は女性より男性の方が多いのですよ。そして、一番人気があるのも、変わったクラゲより、透明や半透明の白いクラゲです。
カンチョ説では、クラゲの人気の要素は癒し感にあって、その癒し感は、クラゲが透明で見えない水の流れや浮遊感を映し出しているからだと思ってます。
すでに認められた感のある中村元説「人は水塊を見に水族館を訪れる」の水塊を、クラゲは浮遊感や流れという形で最もよく表してくれる動物だと思うのです。
空も、雲があるから、立体的に感じられるのと似てますね。

2008/8/18(月) 午前 1:25 kapaguy 返信する

眼とろんさん、省線ってアナタ…、国鉄の前の話しですよね。眼とろんさんいったい幾つなのw?仮面の忍者赤影は、子どもと一緒に見てたって話やったりして???
それはともかくポチ☆ありがとうございます。ぶつかった上のクラゲ、足がぼよぼ〜んてなってますね。なんだかマンガの世界です。

2008/8/18(月) 午前 1:33 kapaguy 返信する

べる〜がくん、動物の名前は、ヒトが勝手に付けた名称やから、動物本人にとってはどーでもいいことなんやろけどね。
で、まあ、一般人にとっても、食べ物としての名前くらいを知ってれば充分生きてける。そんなワケで、ボクも動物の種名はほとんど知らないのである。エッヘン!

2008/8/18(月) 午前 1:39 kapaguy 返信する

顔アイコン

何となく、クラゲの臭いがしたのでやってきました。
ビロードだけに、これは綺麗です^^b
足の部分が、残像が繋がったように伸びてますね。ポチッ
周りの光っているのは、エサだったのですね?!エサも中々、背景として使えますね〜(^^;)=(;^^)カンチョさんお見事

2008/8/19(火) 午後 6:36 海月(クラゲ) 返信する

クラゲさん、クラゲの臭いですか。せめて匂いにしましょうよw。
でも、ボクのブログでは、クラゲは一番の出場頻度ではないかしら?だから、3日と明けずに来るよろし!ですw。

ところで、嬉しいポチをいただいた『足の部分が、残像が繋がったように伸びてますね。ポチッ』なのだけど、
残像が繋がったように見えるのは、どうやらyahooブログの設定のせいで、写真をクリックして別窓に出てくるのがホンマもんの写真です。そちらの方はきれいに1本に繋がっていて、残像っぽいのよりもやさしい曲線を、きっと気に入ってもらえると思います。
だからと言って、ポチ取り消しはなしねw。

2008/8/20(水) 午前 1:51 kapaguy 返信する

とっても!綺麗なクラゲさんですね!繊細で、美しいです!キラキラ☆ふぅ。癒されました!ポチ♪

2008/8/27(水) 午後 11:34 珊瑚カエル 返信する

珊瑚カエルさ〜ん、なんかタイムスリップですw。でも、古い記事まで行ってポチ、すごくありがとー!
クラゲって、見てるとなんだかクラゲ目になっちゃって、自分がどんな生き物なのかってことも忘れちゃいますね。
で、ヒトであるいことを忘れれば忘れるほどに、クラゲで癒されるんだと思うのですよ。クラゲが美しいと感じる時点で、もうすでにクラゲ目な証拠です。

2008/8/27(水) 午後 11:59 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事