ブログ水族館/中村 元

超水族館ナイトが贈る映画『ビハインド・ザ・コーヴ』上映会4/13(木)開催。チケット発売は3/13の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

気仙沼リアスシャークミュージアムはミュージアム(博物館)ではあるけれど、かろうじてアクアリウム(水族館)でもあります。

水槽にいたドチザメ
イメージ 1

先のホホジロザメとはまるで趣が違うけどねw。
こーれもサメ♪、あれもサメ、それもサメ、みんなサメ♪

それにしても、おとなしいサメは顔もおだやかで、危険ザメは顔もアブナイ顔なのはなぜなんでしょうかね?
さらに、ヒト以外の動物も、同じように他の動物を顔で判断してるのかしら?…そういうこと考え始めると夜も寝られなくなっちゃうカンチョです。

ジンベエザメのレプリカの前には、トラザメの赤ちゃんがいっぱい!
イメージ 2

繁殖もさせてるのですね。
しかもこれ、タッチングプールですがな。

こちらはおそらくトラザメの卵
イメージ 3

いわゆる「人魚の財布」やけど、ちっちゃいから「人魚の小銭入れ」か「子ども人魚の財布」みたいな感じ。
もちろん、生きてる卵やからね、やっぱり水族館なのですよ。


そして、いかにも水族館なのがコレ!
イメージ 4

なんと!サメとはなんの関係もない、ハリセンボンがいた〜!
こーれもサメ♪、あれもサメ、それはフグ、それでもシャーク♪
スゴイです、気仙沼リアスシャークミュージアム。「気仙沼のある三陸海岸はリアス式海岸で、そこにはサメがいっぱいいて、フカヒレで有名だからサメの博物館をつくりました」という名称なのに、ハリセンボンまでいちゃう!
つまり、「気仙沼のある三陸海岸はリアス式海岸で、そこにはサメがいっぱいいて、フカヒレで有名だからサメの博物館をつくったんだけど、ハリセンボンも展示して水族館になっちゃいました〜」な施設やったんですねw。


◆◆中村元トークライブのお知らせ→
東京カルチャーカルチャー予告
まんじまる流次回予告

□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

色んな水族館でサメに触れるコーナーを見つけるたびに、
「ああ、こーいうのいいなぁ」って思っています( ^-^)r鹵~~~~~
ジョーズなんかで変に植えつけられた先入観と、「え!?触れるの!?」って驚きと、触った後のサメに対するイメージの変化を考えると・・・。もうゾクゾクわくわくしますo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

でも、僕はもう触ったので、最近触ってませんけど(~O~)(-.-)(_ _)zzZZ

2009/2/1(日) 午前 0:24 [ べる〜が ] 返信する

ドチザメのアップは良いお顔ですね。仏像のようなお顔ですね。トラザメの赤ちゃんも可愛い!卵は食虫植物みたいで不気味ですけれど・・・。ハリセンボンが出てくるとほっとしますね。さすがは漁港で有名な気仙沼の水族館ですね。

2009/2/1(日) 午前 10:15 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

サメの雰囲気ってなんとなくシュールなんですよね^^

2009/2/1(日) 午後 5:59 [ キタさん ] 返信する

油壷マリンパークにサメのタッチングプールがあったと思ったんですが、その時3男はやっぱり怖いイメージがあるようで、なかなか触れませんでしたねー。
わたしはサメ肌が結構好きなので触りまくっちゃいました^^;

2009/2/1(日) 午後 8:28 [ たねぽん ] 返信する

顔アイコン

さすが、いただきます系博物館、何でもありですね。
探せば、名物フカヒレ鮨も泳いでいたりして(笑)

ブログ衣替えしました(^^ゞ
「気ままに楽しむ ビーズ細工 別館」
これからも宜しくお願いしま〜すo(^▽^)o 削除

2009/2/1(日) 午後 11:46 [ Kazuki ] 返信する

べる〜がくん、「怖いサメなのに触れるの?」という感覚、わりと多いみたいね。それはボクも最近知って驚いたことだ。
ボクは水族館に入るまで、水生動物のことまるで知らなかったけど、なぜかしらジョーズを見てもサメがそんなに危険だとは思えなかったから、その気持ちがどうもわからんのよな……w。

2009/2/2(月) 午前 1:56 kapaguy 返信する

眼とろんさん、ドチザメが仏像みたいというのは、なるほど確かにw。目がちょっと異星人っぽいですけどね。
それにしても、数ある魚の中から、サメ以外はなぜにハリセンボンなんでしょうね。やっぱり眼とろんさんみたいに、客をホッとさせるためなんでしょうかね〜w。
実のところ、ボクもかなり暖かい気分になりましたけどw。

2009/2/2(月) 午前 1:59 kapaguy 返信する

コリドラスくん、サメというのは、一般的な魚たちからあまりにもかけ離れた存在やからね、普通の感覚では受け取れないところがあるわな〜。
ボクもサメには、かなり一目置いてるよ。

2009/2/2(月) 午前 2:02 kapaguy 返信する

ぽんたねさん、鮫肌は何度触っても、不思議な感覚ですよね。肌と言うよりも、革製鎧を着てるみたいな感じではないですか。
それにしても、子どもたちは、なぜにそれほどサメを怖がるのか?きっと絵本の影響だと思うのです。
「陸の悪者オオカミ、海の悪者サメ」ていう印象、かつての日本には無かったはずなのに、教育の欧米化なんでしょうかねー。

2009/2/2(月) 午前 2:08 kapaguy 返信する

Kazukiさん、さすがにフカヒレが泳いでる気配はまるでなかったですよw。
三陸はKazukiさんの地元ですよね、三陸の海岸線の風景も、現れては消える大小の漁港の雰囲気も、ボクはかなりお気に入りの光景でした。これから何度も行きそうな予感がしてます。

2009/2/2(月) 午前 2:12 kapaguy 返信する

顔アイコン

トラザメのたまご、人魚の財布っていうのですか、
そういや、植物のツルみたいにクルクルと巻いてるものが伸びてますが、これは財布のひも?ですかね〜〜笑。
ほんとだ^^ホオジロザメと表情がまったく違いますね、
不思議です^^。

2009/2/2(月) 午前 10:58 maru 返信する

顔アイコン

ハリセンボンのトゲが生々しいですw

2009/2/2(月) 午後 4:07 [ えこ ] 返信する

顔アイコン

maruさん、人魚の財布のホンモンは、ナヌカザメの卵殻で、それはホントに美しく大きいのです。写真→ http://web-aquarium.net/zukan/se/zukan_se_s_nanuka.html (ページ中程)
しかも、乾くとプラスチックみたいに堅い鼈甲色になります。それはまた自然のものとは思えない造形美です。
トラザメの仲間は、このような卵を産むんですね。
トラザメの仲間の顔も、ホホジロザメとはまるで違う表情の、おっとり顔です。

2009/2/2(月) 午後 11:30 kapaguy 返信する

らきボタンさん、こんにちは。
トゲが生々しい?そりゃま、生きてるトゲですからねw。
ていうか、ハリセンボンなので、生きてる「針」ということに。

2009/2/2(月) 午後 11:35 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事