ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

海と貝のミュージアム

三陸の旅で、陸前高田市で立ち寄ったのが、陸前高田市海と貝のミュージアム。
その名の通り、海と貝殻の博物館なのだけど、なんと水族館のゾーンがあったのですよ。

じゃじゃ〜ん、すいぞっかん!
イメージ 1

いかにも、すいぞっかん!という雰囲気ではないっすか?
「ゆっくりじっくり見てね」という配慮なのか、水槽の前にはイスが並べられているのがいい感じ。
しかも、これけっこう座り心地がよろしいのだ。

この水槽には、わりとでっかいカンパチとかいたりする。
イメージ 2

実は、カンチョ、これがカンパチなのかブリなのかよくわからんのやけど、頭の様子がなんとな〜くカンパチw。


タッチングプールもある!
イメージ 3

これ、かなり凝ってますね。丸い壁が鯨の顔になってるのわかりますか?
とは言っても、カンチョも写真を撮ろうとファインダーに捕らえるまでは、鯨意匠にはまるで気付かなかったんやけどねw。


さて、この子は誰でしょう?
イメージ 4

すみません、カンチョもうぜんぜんわからんです。魚の名前。
他にも、ダンゴウオがいたり、南の海でしか採集されないオウムガイがいたりして、並みの小型水族館よりも、よっぽどバラエティーに富んだ水族館。


こちらは、貝が水管を出している展示。
イメージ 5

いや〜、面白いですね〜。
さすが貝の博物館の面目躍如といったところ。

でも、これは生体展示ではなく、偽物というか、等身大フィギュアというか、まぁ作り物なんやけどねw。

貝殻の展示と、この地域にはとても多いという縄文時代の集落から発掘された、鹿の角を削った釣り針、イノシシの牙から作った銛の先とかも、詳しく展示されていました。
カンチョ的には、けっこう興味深い博物館だったです。



□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

閉じる コメント(20)

このタッチングプールはいいですね。
気がついてくれればですけど笑。
子ども目線でもわかりますかね?
そのほかも興味深いところですね。
雰囲気よさそうな感じがします。

2009/2/10(火) 午前 8:51 [ - ] 返信する

顔アイコン

まだあまり知られていない場所には斬新な展示がいっぱいですね〜!
あなどれないです。

まだ知られていない施設を北海道でも発掘してみます。

写真の魚はイソバテングですかね?
北海道の海に潜ると海藻の隙間によくいます。


21日のトークショー参加しますのでよろしくお願いします(^_^)

2009/2/10(火) 午前 10:47 [ 潜水馬鹿 ] 返信する

顔アイコン

水槽前にイスは6年前にはなかったですよ♪
ボクの行っていた大学から車で1時間チョットくらいで、なつかしいです^^
sen**iba*a18君と同じく、小さな館には「ぬぉっ!」と言ってしまうようなアイデアが結構ありますね!! 削除

2009/2/10(火) 午前 11:50 [ アピスト ] 返信する

顔アイコン

アハハ!生体展示じゃなくても貝の姿おもしろ〜い!
こんなの見たこと無いです〜。
水槽前の丸椅子も良いですね〜。
水槽に向かってじっくり眺めてる誰かさんを想像しました^^。

2009/2/10(火) 午後 2:17 maru 返信する

斬新!ってコトバがピッタリ当てはまりますね( ‥)ノ―――――――◎゛
ウチの水槽も改造しようかな・・・ヘ( ̄□ ̄ヘ)(ノ ̄□ ̄)ノ
ポリプテルスたち、だいぶ懐いたんでv(*^-^*)v

2009/2/10(火) 午後 3:36 [ べる〜が ] 返信する

顔アイコン

今月末に北海道から関東まで南下するという水族館巡りの旅をします!!
その時岩手も通るんですが、海と貝ミュージアムもいけたら行ってみたいです! 削除

2009/2/10(火) 午後 9:09 [ けーいちいわし ] 返信する

ghanaさん、このタッチングプール、デザインはいいのだけど、手を入れにくいw。いや、もしかしたらタッチングではないのか?

2009/2/10(火) 午後 9:36 kapaguy 返信する

sensuibakaくん、ほほーイソバテングですか。漢字やと磯葉天狗なんかな?
北の方の海の魚たちはみんな、なんかちょっと濃いめの顔やね。

21日、北海道からわざわざ来てくれるの?ありがと〜〜〜〜〜!
今回は、水族館スタッフのみなさんがけっこう来ていただけるみたいで、こりゃ、プレッシャーかかるな〜。

2009/2/10(火) 午後 9:43 kapaguy 返信する

アピストくん、そういやそんな大学の近くも通ったよ〜。いったいどんなバラ色の学生生活があるんやろ?って思わず同情してしまうような場所やったねw。
いやまあもちろん、学生は学問が命やもんね。

2009/2/10(火) 午後 9:47 kapaguy 返信する

maruさん、こういう感じで生体展示できたら面白いのやけど、なかなかできないんよな〜。でも実は、こうなってしまったら、生体でもほとんど動かなかったりもするんやけどw。
丸イス、思わず座ってしまいましたわ。

2009/2/10(火) 午後 9:50 kapaguy 返信する

べる〜がくん、この水族館に倣って改造するんなら、水槽の中よりも、周りをちょこっといじったらいいだけやな。
改造やなくて改装やw。

2009/2/10(火) 午後 9:52 kapaguy 返信する

けーいちいわしさんはもしかして学生さん?北海道から関東まで南下の水族館旅って、それはまた時間たっぷりな旅やもんね〜。羨ましいかぎりです。
でも、その途中に三陸に寄るというのは……、もし列車の旅なら、余分に2日くらい必要になるかも。
ボクは、遠野とか寄りながらだけど、車で2日かかったもんね。

2009/2/10(火) 午後 9:57 kapaguy 返信する

ここはまた良い博物館?水族館?ですね〜^^
ゆっくり見させてくれる気満々の気配りが嬉しいですね♪
タッチングプールも奥行きたっぷりな感じで中に入っていきたくなりそうです。
全体的になんとなーく素朴な感じなんでしょうね。好きです☆

2009/2/10(火) 午後 10:08 [ たねぽん ] 返信する

顔アイコン

えええええええ高田に?し・しらねがった。なんだべ、おらのしらねーとこが三陸にあるとはっ。すっかり浦島太郎になっちまったっちゃ〜。

2009/2/11(水) 午前 1:31 御前加那子 返信する

ぽんたねさん、この博物館ね、水槽は素朴なんだけど、他の場所はかなり、いや相当に近代的なんですよ。
実は、使い勝手の悪そうなタッチングプールのデザインは、博物館全体の流れで、これがけっこういい感じなんです。
博物館とワーキングができる体験館が一体になったというような作りで、まぁずぅさん世代的に言えばハイカラですw。

2009/2/11(水) 午前 2:35 kapaguy 返信する

カナーさん、したって、えれー昔のことだば?しょがねべっちゃ。
…って何弁やw?

2009/2/11(水) 午前 2:45 kapaguy 返信する

いい雰囲気ですね。お魚カンパチのような、それにしても綺麗ですね。椅子に座ってじっくり見たい気になりますよ。鯨の口の窓に目が描かれていて、遊び心がたっぷりですね。その下のお魚は恐竜みたいな背びれですね。楽しめながら勉強になる良い水族館ですね。ポチ☆

2009/2/11(水) 午前 9:14 眼とろん星人 返信する

眼とろんさん、カンパチはきれいなんだけど、椅子に座ってると水槽の汚れが気になってちょっと困りましたw。
三陸は通るまちすべてが漁港のまちで、そういうところに生まれ育ってる子ども達が、こうして水中の生きてる魚たちを見ることができるというのが大切なことだと思います。ポチ、ありがとうございました。

2009/2/12(木) 午前 0:29 kapaguy 返信する

顔アイコン

書き込み失礼します。
岩手在住、大学院生のいがです。

本日、初書き込みさせて頂きます。
私も水族館に行くのが大好きなので、よくブログ水族館さんを見させて頂いているのですが・・・驚きました。
ついに海と貝のミュージアムさんにいらっしゃるとは。

私は海と貝のミュージアムの近くで魚をイジってる大学院生なのですが、
個人的に海と貝のミュージアムによくお邪魔をしております。

玄関入ってすぐの水槽にいたカゴカキダイさんとメジナさんは、
ほとんど私が捕ったものです(笑)。
汚れた水槽を掃除しているのも私(笑)。

お世辞にも、
規模も小さいですし、解説プレートもお粗末です。
何かショーがあるワケでもありません。

ですが、素朴でとてもイィ雰囲気で個人的には大好きな博物館です。
学芸員さんを始め、職員の皆さんもとても良ぃ人たちですので、
三陸近辺のお魚事情を知りたくなりましたら、気軽に連絡できると思います。

大変肩入れしたコメントをしてしまい、申し訳ありませんでした。
失礼しました。


いが

2009/2/15(日) 午前 1:15 [ ちゃらぱん ] 返信する

いがくん、こんにちは。(ごめんねいきなりクン呼びで、学生さんと、親しい若い衆は「クン」にしてるの)
岩手で海洋系で三陸というと、もしかしてアピストくんの後輩になるのだろうか?

はいはい、海と貝のミュージアムに、カゴカキダイいましたね。あれはいがくんの子どもやったのか。ニアミスですねえ。
カゴカキダイはいるし、イシダイはいるし、「なんや!三陸って三重県とかわらへんやん!」と驚いたw。

ボクもいい博物館だと思います。
なによりも、丹●社が丹誠込めて作りました!みたいな内装とか機械仕掛けとか、むやみやたらにでっかい張りぼてとかがなくて、地域の目線にぴったり合った雰囲気がありますね。
博物館(水族館)は、作りも運営も、現場で指揮とる人たちの感性次第です。
立派な自治体が、金掛けたからイイってもんじゃない、ということがイイ意味でよく分かる博物館でした。
これからも、手を掛けてあげて下さい。

2009/2/15(日) 午後 0:51 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事