ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

若い頃、プロの写真家に教えてもらったことで一つ印象的な理論がある。
 広さを表すときには望遠レンズ。
 何かを強調するときには広角レンズ。

その頃のボクは逆に、広い光景を写すときには広角レンズで、ズームアップして写すときには望遠レンズだと思っていたから、なんじゃそれ?とワケ分かんなかった。
そしたらね、「写す」のと「表現する」するのとの違いなんやって。

それを今更ながら思い出して、最近では超広角(魚眼)をズームアップ用に使うことが多い。
今回は、魚眼レンズでのズームアップ効果の素人撮影術を、最近ちょっと関わっているサンシャイン国際水族館で撮ってきた写真で。

まずは一発、ズームアップ!
イワシの群[サンシャイン国際水族館]
※α700 15mm F7.1 1/8秒 マニュアル露出 露出補正±0 ISO200 強制発光(レンズ:SIGMA15mmFishEye/2.8)
イメージ 1

広角レンズは、最短撮影距離がけっこう短いのだけど、そのぎりぎりいっぱいを使えば、ちっちゃなイワシもこんなに大きくなる。
さらに、少し遠く離れたものはすごく小さく写る(パースペクティブ効果)から、その比較で視覚的にズームアップっぽい効果が生まれる。

巨大水槽でイワシの群が変化自在に形を変える様は、写真にするのが簡単で楽しいけれど、超広角を持っていればグルグル回っているだけのイワシでも、大水槽にはない迫力写真が撮れる。
それが、魚眼や超広角レンズの面白さ。
カンチョはこういう見え方がする水槽ができないかと必死で考えてるんやけどね、あと一歩で壁にぶつかる。
やっぱりこれは写真の中だからこその世界。
一眼レフの友たちよ、だからこそ楽しもうではありませんかw。



ハチビキ[サンシャイン国際水族館]
※α700 15mm F4.5 1/30秒 シャッター優先 露出補正−1.0 ISO400 強制発光(レンズ:SIGMA15mmFishEye/2.8)
イメージ 2

サンシャイン水族館は、奥行きの浅い水槽が多くて、さらに擬岩で装飾されているので、どこまでも青い水中感を出しにくい。
それで中央重点測光にして、魚が一番近く来たところでストロボ発光させるとTTLが勝手に働いて光が弱くなり、奥の擬岩が写らなくなる。
※背景を写したくなかったこの写真と次の写真は「中央重点測光」で、群の他の個体も写し込みたかった最初と最後の写真はマルチパターン測光。
そしてさらに、青色の照明に同調させておけば、深くて冷たい海で出会ったハチビキを演出できる。

この場合はストロボ光を弱くするために、対象がスゴク近くにいる必要があって、そんなに近い相手の全身を写すことができるのは超広角レンズというワケ。

ところで、ハチビキって一匹でもハチビキなのだけど、実は「葉血引き」ていう意味らしいよ。(ぼうずコンニャクさんの図鑑より)
なんとなくアジを赤くしたみたいな姿なのだけど、身まで赤くて、それで葉血引なんやって。
南の海のわりと深めに住んでいる魚で、サンシャイン水族館以外では見た記憶がない。


オデコをズームアップ!
ルックダウン[サンシャイン国際水族館]
※α700 15mm F2.8 1/80秒 シャッター優先 露出補正±0 ISO200 強制発光(レンズ:SIGMA15mmFishEye/2.8)
イメージ 3

魚眼レンズや超広角レンズには、パースペクティブ(遠近法による効果)を強調する特徴もある。
なので、形の面白い魚のその特徴の部分を強調することができる。
ルックダウンは、以前にも登場したオデコに特徴のある魚。→ルックダウンに気を付けろ!
他にも、オデコの飛び出てるアオブダイとかにも使える。→一枚目のアオブダイは18mmで撮影


最後にもう一枚、イワシの顔。
※α700 15mm F11.0 1/8秒 シャッター優先 露出補正−1.0 ISO400 強制発光(レンズ:SIGMA15mmFishEye/2.8)
イメージ 4

この瞬間を待ってたんやけどね、これがなかなかタイヘン。
何よりもピント合わせがタイヘンよ〜。
超広角は、被写界深度が深くて、ピントの合う距離はわりあい広いのだけど、さすがにこうやって大きくズームアップするときにはそれなりにシビアになる。
いつも言ってるように、生き物は「目が命」だから、合焦地点に目が来たときに撮影しなくちゃならんわけですよ。

なので、これを狙うには、口が開くのを見ているのと同時に、目にピントが来てるのを確認しながら撮影することになる。
今回カンチョは、スローシャッターでの動き表現も出したかったのでシャッタースピード優先にしたけど、できれば絞りは絞った方がピントが合いやすくなる。
そこで、最初の写真と最後の写真はISO400まで上げて、F値をできるだけ絞り込めるようにしているというワケです。

うむむ。。。素人写真術と言いながら、なんか今回は難しいことばっか述べてしまったような気がする。
でも、文字で書くとなんだか難しいけど、今のカメラはそういうことの微調整はみんなカメラの方でやってくれるので、撮影者は「こうしろ」と命令するだけでOK。ホント楽になりました。
楽になったのだから、我々アマチュアも、ちょっとは理論を覚えておいた方がよろしいかと思うのでありますよ。

で、とりあえず一番簡単な理論だけは覚えておいて下され。
 広さを表すときには望遠レンズ。
 何かを強調するときには広角レンズ。

●この書庫は、SONYからα700の提供を受けて、水族館での一眼レフ素人撮影術を紹介しています。

□カンチョの水族館写真撮影術が掲載された→『写真ライフ76』2009春号

■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

■オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

う〜〜ん、どっちも持って無いから 分からないけど、
測光の焦点が 中央重点と マルチってのは分かります。
特にこ水族館だと より強調されるのでしょうね^^

イワシがカッコイイです、ポチン!

2009/12/20(日) 午後 3:38 maru 返信する

広角レンズは寄りですよね。
イワシの写真だなんて思えない迫力ですね。
背景がボケつつ小さく写っているのが良いですね。
ただ、鉄道写真では広角レンズでファインダーを覗いたまま踏み込むと轢かれてしまうので、構えたポジションより前に出ないのが鉄則だそうですが。
ハチビキの発色も美しいですね。
ルックダウンさんはクリスマスのオーナメントのような華やかさがありますね。
『鰯(いわし)の頭も信心から』という場合のイワシの頭というのは、『つまらないもの』という意味ですが、とても立派な頭なので、勿体ないような気がしますね。
ポチ☆

2009/12/20(日) 午後 9:03 眼とろん星人 返信する

顔アイコン

写真の上手な撮り方は
いまだに全然わからないので
水族館に行く度に独学で勉強していますが
こういったアドバイスも参考にさせていただきます!

マイワシは仲間でもあり(笑)
好きな魚なので上手に表情を撮りたいです!! 削除

2009/12/20(日) 午後 10:56 [ けーいちいわし ] 返信する

顔アイコン

う〜ん、確かに私も「広さは広角・・・」だと思ってました。
こうやって写真で説明されるとよくわかります!
でも、私の写真なんて、記録がメインで、まだまだ
「表現する」までの域に到達してないんですが(^-^;;

2009/12/20(日) 午後 11:30 [ しろねこさん ] 返信する

なぜか久々のコメントです(?)
僕は元気です(笑)
海遊館でイタチザメを撮るときに、近くに来たときに発光させて撮るとキレイなタイガー柄が出るのですが、あまり近いと収まらないんですよね〜・・・。
しょうがないので、来年の年賀状はイタチザメの顔写真になりそうです(ノДT)
ストロボを使うようになって、近くのものを撮る事が多くなって、もどかしいです┐(´〜`)┌
あ・・・海遊館の魚がデカ過ぎるんですねΨ(`▽´)Ψ

2009/12/21(月) 午前 1:21 [ べる〜が ] 返信する

maruさん。水族館の水槽は基本的に暗いのと、大気のようには澄んでいないので、光の操作はとても大きく効果が出るのですね。
さらに、魚の鱗は光を反射しやすいという特徴もあります。
なので、同じ光を当てていても周囲とのコントラストが強くなるのです。
暗い場所の花みたいな感じですね。
maruさんの写真は標準レンズで面白い切り取り方をしてると思います。
寄ったり引いたりをこまめにしてるんでしょうね。基本はそちらです。
水槽は被写体に寄ったり引いたりができないので、それがなかなかの困りものであり面白さでもありますねえ。
ポッチン、ありがとうございます!

2009/12/21(月) 午前 2:21 kapaguy 返信する

眼とろんさん。広角使いの上手な眼とろんさんにポチ☆もらうのは、なんとも嬉しい限りです。
鉄道写真の広角撮影の話、面白いw。水族館の場合は、水槽のガラス以上は絶対に踏み込めないから安全だけど、屋外プールなどではアシカやペンギンに鼻水をかけられることがあるのに注意しなくちゃなりません。
あれやられると、けっこう悲惨ですw。

鰯の頭も信心から…それ、ボクの写真撮影の心掛けに近いですよ。
海獣やペンギンなんかの大物よりも、自分の感性で観察したところに凄いことが見えてくる。それを写真に撮るわけです。
…つっことは、ボクの写真は心霊写真みたいなもんか…(^^;

2009/12/21(月) 午前 2:28 kapaguy 返信する

けーいちいわしくん、ぜひぜひ真似して楽しんでおくれ。
初心者のうちの写真は計算が第一。効果の足し算に引き算、さらにかけ算やわり算まで。
それをいっぱい続けると、だんだん勘が働くようになってくるよ。

2009/12/21(月) 午前 2:33 kapaguy 返信する

しろねこさん。広く撮るのが広角やもんね〜w。そりゃ誰でもそう思うのです。
「表現」は、どう表現するかよりも、何を他人に見せたいか?が大切です。
見せたいものが見つかれば、それを努力して表現するわけね。
それって、実はボクの「展示」の考え方とまったく同じで、ボクの写真撮影は、撮影を楽しんでいるというわけではなく、展示感性を磨くための修行なのです。

2009/12/21(月) 午前 2:38 kapaguy 返信する

べる〜がくん、久しぶりと思ったら、海遊館のサメ撮影かよ…T_T
サンシャインには大型ザメがいないので、他の水族館では見逃しがちな被写体から何かを探そうと思えるのがボク的には面白いね。

2009/12/21(月) 午前 2:47 kapaguy 返信する

顔アイコン

ふむふむ。
コンデジで写真を撮るんですが、カメラの機能に自分が追いつかず、いつもなんとなく水族館モードでパチパチ撮っています。
先日ブログを始めたので、「他の人が見て喜んでくれる写真」をこれからは意識してみようと思いました (^^)
ありがとうございます! 削除

2009/12/21(月) 午後 10:39 [ あんぱんな ] 返信する

あんぱんなさんのカメラ、水族館モードがあるんやね。
水族館モードにするといったいどのような設定になるのか?興味があるところやな〜。
モノによっては、まったく逆の設定しなくちゃあかんから、いろいろ試してみるといいよ。
「他の人が見て喜んでくれる写真」目指して下さい。
そのためには、「自分の驚きを伝えることのできる方法」を考えるのが早道だよ。

2009/12/22(火) 午前 1:09 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事