ブログ水族館/中村 元

次回のトークライブ『中村元の超水族館ナイト2017春』は2/5(日)開催。チケット発売は1/5の10:00〜です。

全体表示

[ リスト ]

マリンピア松島水族館、後編です。
前編に続きもちろん、動物たちの元気な姿を撮してきた写真で、後編は三陸の海バージョン。


松島湾、そして三陸海岸は、日本有数の豊かな海だ。
今回はその恵みの海が、突如として恐ろしい顔を見せたのだが、それでも日本人の海への感謝と畏れの気持ちはたぶん変わらない。
そして、マリンピア松島の「松島湾」の光景は健在だった。

牡蠣養殖とアマモの松島湾。
イメージ 1

マリンピア松島で海の展示が始まる、最初の水槽だ。

松島湾には、海の生き物たちの揺りかごとも言える「藻場」が広がっている。
牡蠣の養殖も盛んだ。

水族館では、藻場はアマモ場(甘藻場)であり、牡蠣はマガキと、展示生物になるのだが、この生き生きとした水槽にご注目いただきたい。
松島湾はこのようにして、限りなく永遠に生き続ける。

この水槽を世話しているスタッフがたまたまバックヤードからた出てきて、ボクの隣にいた親子連れに「この光景は当分の間、松島湾でみることができないと思うので、よく見ていって下さい」と言った。
そしたら、親子連れは本当に熱心に見ていた。

海に奪われた松島湾。
でも、海がまた再生させる松島湾。
きっと、親子連れには、そんな思いが駆けめぐったのだろう。

水族館の水槽があること、そして、スタッフの一言が、宮城の未来を指し示しているように感じた。
水族館って、やっぱりすごいわ。

尚、マリンピア松島には、展示用にマガキをかなり準備していたらしい。
そのため、壊滅状態になっていた牡蠣養殖業の方々に、そのマガキを種牡蠣として提供したのだそうだ。
日本中の養殖牡蠣の稚貝の7割は、宮城県から出ている。
2年後、3年後にいただく牡蠣は、この松島湾の展示のマガキの仲間から生まれた牡蠣なのかもしれない。


カレイも元気だ!

イメージ 2

カレイたちのいる水槽で、彼らはいつもよりも元気にビンビン泳いでいた。
まるで、来てくれたお客さんたちに、元気をアピールするみたいに。

海底で体色を保護色にしてじっとしているイメージの強いカレイなのだけど、このあたりに多いナントカカレイは、かなり活発でよく泳ぐのだと聞いたことがある。
実は、そういう習性を見せるための水槽も、仙台水族館の展示には入っているんよね〜。

カンチョの記憶力と知識では、このカレイが何ガレイかまったく思い出せないのが、ごめんなさい。


さてさて、お次も東北の水族館ならではの海坊主。

イメージ 3

ミズダコさん。(ミズダコってデカイしいかにも蛸入道なので、ついつい「さん」をつけてしまうw)

こいつも元気やねえ!
ミズダコが動いている姿は、生命感を体中にまとっていて、もうはち切れんばかりの迫力がある。

実は、マリンピア松島の西條社長は、こんな風な風貌なのだ。
ていうか、ボクはミズダコを見る度に、西條社長を思い出すのである。(ごめんなさい…w)

さて、その西條社長が今回、こんなことをおっしゃっていた。
「この大津波で、今は誰もが海を怖がっているけれど、きっとすぐにみんな海に帰ってきてくれると思う。だって、私自身が海が好きだもん」と。

海の恵みに生かされ、海で守られてきたニッポン。
とりわけ三陸は、海の恵みによって発展してきた地域である。
海と共に、再生、復興ができるだけ早く実現できることを祈るばかりだ。


マイワシの群も元気!

イメージ 4

この水槽はかつては、巨大なホシエイやサメたちがいた水槽であり、直近では、スタッフの献身的な努力によって、漂着鯨から奇跡的に体力を取り戻していた、あのコマッコウが展示されていた水槽だ。
しかし、この度の震災で、コマッコウは亡くなった。

漂着した鯨類が保護されて生き続けることはほとんどなく、さらにコマッコウの展示は、日本唯一だったから、それはとても残念なことではある。

でも、イワシが群遊する美しさや生命観は、やっぱり感動するよねえ。
リーダーがいるわけでもなく、1尾1尾それぞれの生きようとする意志だけによって形作られている、小魚の群は、そのことをキラキラと輝く自らの意志で伝えようとしているように思える。

三陸のみなさんにも、海の青い光の中で、いつまでもどこまでもキラキラと輝いて欲しいと、心より願っている。


●マリンピア松島水族館の、これまでの記事と写真のリストはコチラ ⇒東北の水族館記事リスト



恥ずかしながらTwitter始めてみました…。
□オススメの水族館本(中村元著・監修)→水族館の本
■水族館を選ぶなら→WEB水族館:決定版!!全国水族館ガイド
□携帯版もできた!→水族館ワールド

この記事に

ゲーミングキーボード&マウスなどが当たる!キャンペーン実施中

閉じる コメント(10)

顔アイコン

スタッフさんの一言、心に強く響く言葉ですね。(´Д`;)
けど、中村さんが昨年の秋の水族館ナイトでおっしゃっていた「地方の水族館っていうのは、その地方そのものを表現している」・・・本当にその通りだと感じます。

アラフォーの野郎1人だと、そう言う言葉をかけてくれるスタッフいないんですよね・・・こっちから質問しようにも出てきてくれないですし(笑)

あのイワシ達のいた水槽にコマッコウが居たんですか!?
保護されたと言うニュースは知っていたのですが、展示飼育していると言うところまでは掴んでいませんでした・・・( TДT)
YouTubeで探してみたら、背中を思いっきり反らしているおかげで(`∧´)みたいな顔つきに見えて可愛いですね。
背骨が曲がっているように見えるのですが。(・_・;)

名古屋港のクー&ナミ、松島のコマッコウと鯨類で死亡してからその姿を見れなかったと後悔する事が多いです。
なので、「思い立ったが吉日」と無謀でもすぐに水族館に行くように心がけていたりします(笑) 削除

2011/5/5(木) 午前 1:56 [ Elpaso ] 返信する

そうですよね。「地球にやさしい」って言いますが、地球は人間にやさしくありませんよね。東北の方々は、何回も地震や津波を経験しながら、起ち上がってこられたのですね。
水族館が牡蠣養殖業の方々に、種牡蠣を提供したなんて、地域に密着した展示って、そういう効用もあるのですね。びっくりしました。
今回の津波で、海草はさらわれていったので、海が回復するまで時間がかかりそうですね。それまで、なんとか漁師さんたちがもちこたえられるように応援しなければなりませんね。
ここのミズダコさんは茹で蛸みたいに真っ赤で迫力満点ですね。ここの主なのかな?
コマッコウさん、せっかく助かったのに、残念でしたね。
マリンピア松島水族館は、これからも多くの生き物との出会いがあるのでしょう。松島の遊覧船や瑞巌寺とセットで、行ってみたいなと思っています。ポチ☆

2011/5/5(木) 午後 8:01 眼とろん星人 返信する

Elpasoさん。いえいえきっと、アラフォー男一人旅でも、何度も通ってれば若い女性スタッフが声をかけてくれたりしますぞw。

コマッコウねえ、ボクも裏で治療受けてる時には見たのだけど、展示されてからは見に行ってなかったん。
コマッコウの水中写真を撮れる、めったにないチャンスやったんやけどなあ。残念!
まさに「思い立ったが水族館日和」ですね。

2011/5/6(金) 午前 2:08 kapaguy 返信する

眼とろんさん。地球はヒトに、優しくもあり恐くもあるのだと思いますよ。ていうか、ヒトだけでなく全ての生き物に対してそうなんですね。
そもそも我々は地球環境に合わせて進化してきたわけで、その間には巨大隕石激突みたいなウソみたいなこともあり、それでも現存する命の祖先は生き残り、新たな力を得てきたわけです。
だから、今回の大震災だって必ず乗り越えて、それだけでなく新たな力を持つのだろうと思っています。

そのために、応援しましょう!
瑞巌寺はほとんど損傷なしのようだし、観覧船もすでに動いているみたいです。
マリンピア松島で初ご対面したりしてねw。

2011/5/6(金) 午前 2:15 kapaguy 返信する

顔アイコン

ミズダコさんの生命力の表現のされ方^^ほんとうにそうだな〜って
思います^^。
それでも海が好き 「浜辺の歌」がラジオから流れてきて
胸が詰まりましたよ。。

2011/5/6(金) 午前 9:37 maru 返信する

2度コメすみません。
コマッコウさんが住んでいた水槽にはマイワシさんがお住まいなのですね。
海草、プランクトン、イワシは、海の生き物の命の源ですからね。
以前に名古屋港水族館に行ったときの記事をUPしたので、トラックバックさせてくださいね。

2011/5/6(金) 午後 8:21 眼とろん星人 返信する

maruさん。近頃、胸が詰まる場面がよくありますね。
悲しい辛い話では胸が詰まるし、頑張っていらっしゃる姿にも胸が詰まるし、ヒトは心が敏感な動物なのだなあと、今更ながら再確認してます。
そして、生命力という点でも、他の動物たちに負けてはいなかったのですね。
ボクももうちょっと、生きることに執着しなければ…と反省しているこの頃です。

2011/5/6(金) 午後 11:46 kapaguy 返信する

眼とろんさん。トラバありがとう。
ご無沙汰してたので、久々にコメントしてきました。

しかし、マジで他の人のところにコメントしてきたのは久しぶりやったなあ。。。ああ緊張したw。

2011/5/6(金) 午後 11:52 kapaguy 返信する

顔アイコン

念願かなって東日本パス最終日の20日、マリンピア松島に行ってきました。
復興へ向けたみなさんの必死の努力の結果、
震災前とはほとんど変わらない姿を取り戻していましたが、
入り口やペンギン水槽の「津波がここまで来ました」の表示が印象的でした。
よくぞそこから立ち直ったものだと思います。
それと同時に、各地の水族館から送られてきたメッセージも飾られていたのが印象的でした。

2011/6/21(火) 午後 11:32 鉄平ちゃん 返信する

鉄平ちゃん。遠路、ありがとうございました。
観光客も早く戻れば嬉しいのですけど、そうやってお越しいただくと、みんなの励みになります。

2011/6/22(水) 午後 0:05 kapaguy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事